映像クリエイターの仕事内容

転職ガイド

映像クリエイターの仕事内容

2014/10/15

d1b360eb.jpg

映像クリエイターの仕事

映像クリエイターとは、テレビの番組制作・編集、テレビコマーシャル、またはWebコンテンツ、アニメーションやゲームなど、映像制作に携わる全般の職種を指し、大別すると制作系と技術系のふたつに分かれます。テレビ番組における映像クリエイターを説明すると、制作系は、プロデューサー、ディレクター、アシスタントディレクターなどが含まれ、これらのポジションは企画・制作に携わります。技術系には、編集オペレーターやCGクリエイター、音声などがあり、撮影、編集、CG・特撮技術などの特殊な専門技術が求められます。制作系も技術系も、幅広い知識と技術力、そして忍耐力が必要とされます。

映像クリエイターのやりがい・大変さ

制作系は特別なスキルを必要としないため、誰にでもチャンスがある一方、徹底した実力主義で、視聴率や人気などの結果を出さないと淘汰されていく厳しい世界です。徹夜作業や大変な現場作業に加え、力関係がピラミッド構造でもあるので、それらをやりがいとして乗り越え、常に上を目指してキャリアチェンジしていくポジティブさが必要とされます。 また、機材のデジタル化やソフトウェアの導入により、簡単な編集や加工作業は制作系でもできるようになったため、技術系ポジションにはより一層高いレベルの専門性が求められるようになっています。しかしその苦労も、印象に残る映像を作り、評判があがることで報われます。

映像クリエイターになるには?

制作系はテレビ局や制作会社に就職して、ポジションを目指すのが一般的です。技術系は、専門学校の映像クリエイター学科などで専門技術を習得し、即戦力として勝負できるようなスキルを身につけることをお勧めします。

映像クリエイターに向いている人は?

  • ・斬新なアイデアを考えるのが好き
  • ・チャレンジ精神が旺盛な人
  • ・ポジティブな思考ができる人

⇒この職種の求人情報を見る

ページトップへ