「完全週休2日制」と「週休2日制」の違い

転職ガイド

「完全週休2日制」と「週休2日制」の違い

2014/10/28
「完全週休2日制」と「週休2日制」は、どのように違うのですか?
 求人広告の休日表記には「完全週休2日制」と「週休2日制」がありますが、これらはどのように違うのでしょうか。今、応募を検討している企業がふたつあり、一方が「完全週休2日制」、もう一方が「週休2日制」と表記されています。できれば土曜・日曜の休日を希望しているのですが……。

[M.Hさん(Webディレクター)/大阪府・23歳・男性]

混同されやすいこのふたつの表記、実はまったく違います。
一見、同じことを表しているようですが、実はまったく違います。
まず、法律では勤務者に「週1日以上の休日を与える」ことが原則として決められています。この場合、休日は月曜〜日曜までの1週間のうち1日の休みがあれば良いので、何曜日を休みにするかは雇用者の自由とされています。これが「週休制」です。

これに対し「週休2日制」は、月に1回以上、必ず週2日の休みがあることを表します。それ以外の週は1日のみの休み、ということになります。

一方、「完全週休2日制」は、毎週2日の休みがあることを表します。この「完全週休2日制」と「週休2日制」は混同しやすいので、注意が必要です。

いずれにしても、どの曜日が休みになるかは企業、雇用主次第です。「完全週休2日制」と表記されていても、企業によっては平日の2日が休みになっている可能性もあります。ご相談者のように、土曜・日曜の休日を希望される場合は、応募企業に確認するか、もしくは「完全週休2日制(土・日曜休み)」と表記している企業をチェックされることをお勧めします。同様に、祝祭日も休みの対象になるかどうかは雇用主次第なので、こちらも確認してみましょう。

[Find Job !運営事務局 サポートチーム]

ページトップへ