よくある面接での質問例

転職ガイド

よくある面接での質問例

2014/10/29
よくある面接質問例を教えてください。
 面接の場では、実際にどのような質問がされることが多いのでしょうか。参考までに、よくある質問例を教えていただきたいのですが……。

[N.Yさん(コーダー)/東京都・26歳・男性]

職歴から待遇に関することまで内容は多岐にわたる。しっかりチェックを!
どんな職種・どんな雇用形態でも必ずと言っていいほど聞かれる質問を15個集めてみました。ここに手間取っていては内定は勝ち取れません。自分なりの言葉できちんと答えられるように事前にシミュレーションしておきましょう。

■今の会社ではどんな仕事をしていますか?
→現在の業務の流れや、今どんな役割を担っているか、今の仕事に就いて何年目か、習熟度はどうかなどを具体的に答えられるように整理しておきましょう。

■仕事上の実績をお聞かせください。
→実績の数値化や担当したプロジェクトなど具体的な功績が一番わかりやすい。自分のポジション、仕事上で最も貢献した内容などをきちんと伝えましょう。

■その仕事を選んだ動機は何ですか?
→今の仕事の面白いところ、大変なところ、やりがいや適性、過去の経験との接点、仕事に就くために努力してきたことなどを明確に説明しましょう。

■仕事に対するこだわり、モットー
→「何を目的として働いているのか」「仕事を通じて何を実現したいのか」と解釈すると理解しやすい。働くことへの積極的な姿勢を見せることがポイントです。

■どうして転職しようと思ったのですか?
→ここではステップアップするための前向きな転職であることを大いにアピールすることが重要です。

■どうして当社を選んだのですか?
→どこに魅力を感じたのかを具体的に語ることがポイント。未経験業種・職種の場合は、その業種や職種について可能な限り調べて話の中に盛り込むと熱意が伝わりやすいでしょう。

■当社の商品・サービスについてどう思いますか?
→会社のホームページを調べたり、会社のパンフレットを入手したり、実際に製品調査や店舗見学に 行ってみるなどの事前努力がここで実を結びます。

■入社したらどんな仕事がしたいですか?
→応募者のイメージと実際の仕事内容との間にズレがないかを確かめるための質問です。希望する部署や仕事内容をより詳しく述べ、将来的なキャリアプランについても話しましょう。

■あなたの長所と短所を教えてください。
→短所はネガティブな側面を際立たせないよう気をつけましょう。先に長所を話し、その裏返しとして短所を述べるのが上手な話し方です。

■将来の夢はお持ちですか?
→目標を持つ人は仕事にも張りがあっていいというのが会社側の読み。仕事上の目標として何を実現したいのか、今後のライフワークとして取り組みたいことはあるかなどをしっかり相手に伝えましょう。

■希望の給与額はどのくらいですか?
→希望給与が規定に合致するかを確認すると同時に、応募者が自身のキャリアや能力をどう判断しているかが測られています。給与額を提示する場合は理由も明らかにして慎重に。

■正社員ではなく、契約社員(アルバイト)からのスタートではどうですか?
→複数の雇用形態の同時募集や、未経験者は契約社員やアルバイトからの採用を希望する企業は、この質問をよく投げかけます。自分の意思をしっかり伝えることが大事です。

■残業や休日出勤が生じることがありますが、対応できますか?
→勤務体制に対する柔軟性を知るための質問。基本的には「できます」と答えるのがベターですが、特別な事情がある場合は、理由をはっきり伝えるようにしましょう。

■採用されたら、いつ入社できますか?
→既に退職しているなら「すぐに入社できます」と答えたいもの。在職中の場合は業務の引継ぎや残務整理が発生しますので時期を確約するのは難しいと思いますが、仕事の状況や現勤務先の就業規則を踏まえ、いつ入社できるかできるだけ具体的な日程で即答できるように準備しておきたいものです。

■他に応募している企業はありますか?
→かけもち応募していることは問題ではありません。希望に一貫性があるかどうかがカギです。ここでは、応募している会社の共通点は何か、キャリア・ステップと絡めた説明ができるか、この会社が第一志望だというアピール材料を持っているかがチェックされます。

[Find Job !運営事務局 サポートチーム]

ページトップへ