面接官が重視するポイント

転職ガイド

面接官が重視するポイント

2014/10/29
面接官は、応募者のどんな点を見ているのですか?
 何回か面接を受けたのですが、自分では十分にアピールできたと思っても、なかなか内定まで結びつかないのが現状です……。面接官は、応募者のどんな点を見て合否を判断することが多いのですか?

[A.Sさん(派遣社員)/東京都・24歳・女性]

主に「能力」「意欲」「人柄」の3つです。
まずは何といっても、企業が求めている経験・スキルがあるかどうかです。多くの面接官は、過去の仕事経験や職場での業績など、いろいろと角度を変えて質問しながら、あなたがいかに会社の戦力になってくれるかを推し測ります。よって面接では、どれだけ具体的に自分のキャリアを面接官にきちんと伝えられるかが第一関門です。

 次に、応募者の入社意欲の強さも企業が着目するポイントの1つです。スキルは一人前でも意欲が感じられないというタイプの人よりも、たとえ経験やスキルが採用基準ギリギリであっても、この会社で自分を磨きたい、ステップアップしたいという情熱を持った人の方が面接官も高く評価するものです。

 また話す内容も当然大事ですが、面接中のマナーや態度、コミュニケーション能力なども面接官は見ています。清潔感があるか、マナーはきちんとできているか、仕事に一生懸命取り組みそうか、協調性はどうか……など、全体の印象を踏まえて合否を判断します。

 このように面接官がチェックするポイントは、主に「能力」「意欲」「人柄」の3つに分かれます。この3つの要素をバランスよくアピールできて初めて、その面接は成功だったといえるでしょう。A.Sさんも、どこかが欠けていた部分がなかったか、もう一度振り返ってみてはいかがでしょうか。

[Find Job !運営事務局 サポートチーム]

ページトップへ