転職ガイド

一般事務の仕事内容

2014/10/15

6d5564cc.jpg

一般事務の仕事

一般事務という仕事は企業によって担当する業務が異なるため、定義するのは困難です。一般的には、ファイリング・来客応対・電話応対・物品発注・会議資料の作成・福利厚生などを担当することが多いようです。規模の小さい企業では経理、人事関連の業務を兼ねることも多く、まさに企業を支える存在といえるでしょう。会社の窓口となる場合も多いので、気配りが利き誰に対しても誠実で明るい応対ができることが求められます。

一般事務のやりがい・大変さ

仕事の成果が数字に表れにくいため、ともすれば単調な毎日の繰り返しに思いがち……。そんな中、自分なりに業務効率が向上するように工夫してみたり、その結果「おかげで助かったよ!」と感謝されたりする瞬間はウレシイもの。パソコンスキルを身につけたり資格を取得したりすれば、任される業務も増えて、自分の成長が実感できるでしょう。積み重ねた経験はどんな業界でも生かすことができるので、転職も比較的スムーズにできることが多いようです。

一般事務になるには?

未経験からの就職・転職も頻繁に行われていますが、基本的なパソコンスキルはもはや必須条件と考えていいでしょう。また社内外に対しての窓口となる仕事ですので、相応の社会常識やビジネスマナーが求められます。経験者に対しては、何らかの分野でのスペシャリティーが要求される傾向にあります。

一般事務に向いている人は?

  • ・細かい作業が得意でテキパキと処理ができる
  • ・他人とのコミュニケーションが好き・得意
  • ・パソコンの一般的な操作ができる

⇒この職種の求人情報を見る

ページトップへ