テクニカルライターの仕事内容

転職ガイド

テクニカルライターの仕事内容

2014/10/15

41822397.jpg

テクニカルライターの仕事

家電機器や事務機器、パソコンなどの商品の仕組みや使用法をユーザーにわかりやすく説明する「取り扱い説明書」の作成が主な仕事です。新製品の開発担当者から、新製品の特徴や機能の説明を受け、それを元にマニュアル原稿を作ります。この仕事で求められるのは、「誰でも一読しただけで理解できる、わかりやすい文章」を書くことです。商品を初めて扱うユーザーが、取り扱い説明書を読むだけで、その機能と操作手順がわかるような文章を書くことはもちろん、説明図の位置や色使い、文字の大きさまで、細やかなところまで気を配り、工夫をするのもテクニカルライターの仕事です。

テクニカルライターのやりがい・大変さ

さまざまな製品のマニュアルを依頼されるため、幅広い知識を必要とします。最近では、テレビでもパソコンやデジタルカメラに連動する機能があるなど、商品の仕組みや操作が複雑化しているので、専門用語がわからない人、家電やパソコンの扱いが苦手な人でもその仕組みがわかるような文章と説明を作成することが求められます。最近では、音声や動画で説明する「電子マニュアル」も増えてきており、テクニカルライターの仕事の範囲は拡がっています。それだけ活躍の場もあり、これからますます期待される職種と言えます。

テクニカルライターになるには?

テクニカルライターになるのに、特別な免許や資格は必要ありません。通常は、メーカーやソフトウェア開発などの企業に就職し、マニュアルを制作する部署に配属されて、働きながらテクニカルライターとしての仕事を覚えていくのが一般的です。企業で経験を積んだのちフリーランスとして独立する人もいます。

テクニカルライターに向いている人は?

  • ・文章を書くのが得意
  • ・モノ作りが大好き
  • ・細やか気配りをするのが得意

⇒この職種の求人情報を見る

ページトップへ