面接前日までの準備・面接対策

転職ガイド

面接前日までの準備・面接対策

2014/10/15

Web履歴書を作成する際にキャリアのたな卸しを行ったように、面接においても事前準備が非常に大きなウエイトを占めています。時間をかけて、じっくり準備をしていきましょう。

面接対策1 〜より詳しい企業研究や、業界動向の情報収集を〜

 応募する段階である程度は調べていると思いますが、改めて企業研究をしておきましょう。会社のホームページ、プレスリリース、雑誌やニュースサイトの記事を読み込み、社長のプロフィール、沿革、最近の動きくらいは暗記できるくらいにしておきたいものです。企業について勉強していることが
伝わると、採用担当者にも「入社したい」という意志がより強く伝わり好印象につながり
ます。また、単にその企業の動きだけでなく、業界全体のおおまかな動向についても
頭に入れておくと、面接の際により深い話ができる可能性もあります。

面接対策2 〜よくある質問に対しての回答シミュレーションをしておこう〜

 次に、面接での受け答えのシミュレーションをしておきましょう。まずは自分の送ったWeb履歴書の内容をよく読み返し、書いた内容を徹底的に頭に叩き込みましょう。そして、質問されそうな内容を自分なりにピックアップし、それに対する回答を用意してみましょう。その時重要なのは、鏡の前でしっかり口に出してみること。こうすることにより、たとえその質問がされなかったとしても、より深い自己分析につながるため、他の質問にも落ち着いてスムーズに答えられるようになるのです。また、面接官に質問したいことを洗い出し、リストにしてまとめておくのもいいでしょう。

面接対策3 〜面接先までの交通手段・所要時間も忘れずに調べておこう〜

 忘れがちなことですが、面接先企業までの交通手段と所要時間もきちんと調べておき、当日遅刻してしまうことのないようにしましょう。余裕があれば一度所在地の確認に行っておくと万全です。また、面接の際に着用するスーツのクリーニングなど、身だしなみに関する準備も怠らないようにしましょう。

ページトップへ