アルバイトの面接対策

転職ガイド

アルバイトの面接対策

2014/10/15

アルバイトの場合は他の雇用形態に比べて、面接のできが内定を左右する割合が大きい傾向にあります。緊張するかもしれませんが、普段のあなたを見せるつもりでリラックスして臨みましょう。

面接のチェックポイント

アルバイトとはいえ、初対面の人に会う以上、きちんとした礼儀作法が求められます。服装や身だしなみは、相手に不快感を与えないよう清潔なものを心がけてください。履歴書や地図、筆記用具などの準備も忘れずに。当日は早めに家を出て、遅刻はしないようにしましょう。もちろん、ドタキャンは絶対にNGです!
【Point】アルバイトといえど、れっきとした仕事。面接にも自覚を持って準備を!

面接

アルバイトの場合、面接はほとんどの場合は1回のみです。専門的な知識を必要とする仕事の場合は知識やスキルを問われることもありますが、ほとんどの場合はあなたの人となりを見ていますので、質問されたことにはっきりと、そして素直に答えることを心がけましょう。実際に仕事を始めてから後悔しないように、仕事内容や待遇などについて分からないことがあれば遠慮なく質問しましょう。
【Point】面接は「ここで働きたいか」を判断する場。遠慮なく質問しよう!

採用

面接のその場で採用が決定することも少なくありませんが、多くの場合は、通常1〜3日くらいで連絡が来ます。連絡手段はFind Job !のフォームを利用する場合もありますし、直接電話で連絡が来る場合もあります。通知を見落とさないように、面接を受けた後は定期的にFind Job !をチェックするようにしましょう。採用の連絡を受けたら、いつ頃から働けるかを伝えましょう。不採用だった場合も、きちんとお礼を述べるようにしましょう。
【Point】採用の連絡を見落とさないよう、定期的にFind Job !するのを忘れずに

勤務開始・研修

採用された後、多くの企業は「研修期間」といって、あなたが仕事に慣れるまで先輩や社員に指導してもらう時間を設けています。ここできちんと仕事を覚えるよう頑張りましょう。期間については1ヶ月程度(または数十時間〜100時間)が一般的です。給与については、本採用時と同額の場合もありますが、若干減額して支給されることが多いようです。
【Point】研修期間できちんと仕事を覚えるよう努力を!

本採用

研修が終われば、いよいよ本採用。頑張り次第で時給もアップしていきます。またFind Job !に掲載されている企業の多くは、アルバイトからの社員登用を積極的に行っています。その会社や仕事が気に入った場合、社員に相談してみるのもいいかもしれません。
【Point】頑張り次第で時給もアップ。アルバイトからの正社員登用も夢じゃない!

ページトップへ