営業・企画の面接対策

転職ガイド

営業・企画の面接対策

2014/10/15

営業、マーケティング、プロデューサーなど、営業・企画関連職種の面接のポイントを解説します!

面接の傾向と対策(営業・企画系)

 営業・企画関連の職種は人と接触する仕事であるため、他の職種に比べ、より面接の出来が採用の可否を左右します。第一印象も大変重要な要素ですので、身だしなみや話しぶりなど、非言語コミュニケーションについても研究しておきましょう。実際の面接では、退職理由・志望動機といった一般的な事柄はもちろんですが、職歴について詳しく質問されることが多いようです。営業・企画関連の職種は企業によって仕事の進め方・スタイルが異なるものですが、誰が聞いても分かるような平易な言葉を用いつつ、ポイントを的確に説明できるようにしましょう。そのうえで、前職で得たことをどう生かしたいかを伝えます。専門用語や話術で乗り切ろうとするより、質問の意図を正しく理解し、きちんと投げ返すことを心がけてください。

【Point】
・第一印象が大切。身だしなみ・話しぶりにも注意しよう。
・人と関わる仕事に適性・やりがいがあることを伝えよう。
・今できることと将来のビジョンを、分かりやすい言葉でアピール!

よくある質問と回答(営業・企画系)

営業・企画系の面接でよく聞かれる質問をピックアップ。ヒントを参考に回答を考えてみてください。

Q.自分のどんなところが営業に向いていると思いますか?
Q.企画を立案する際に心がけていることは何ですか?
回答のヒント▼
上記2つの質問は営業、または企画という仕事をどのようにとらえているかを見るためのもの。希望の仕事内容を把握し、それに沿って自分に備わっている経験・スキルをアピールしよう。

Q.前職での実績について教えてください。
回答のヒント▼
単純に実績を述べるだけでは自慢話で終わってしまう。その実績から得たものをどう生かしていきたいかを伝えることが肝心。

面接の成功談・失敗談(営業・企画系)

成功談

面接ではなく、“自分”という1つの商品を売りにいくつもりで行くと意外と緊張せずに済みました。客観的に自分を話すことにも役立ったような気がします。
エンジニアから営業職に転職したのですが、営業職に転身したいと思ったきっかけの部分を丁寧に語ることを心がけました。後で聞いたのですが、前職で営業に同行した経験を交えながら話したことで“高い意識を持っている”と評価していただいたとのことです。

失敗談

自分の経歴をなるべく詳しく話そうとしたところ、すごく冗長な感じになってしまい、途中から面接官が明らかに飽き始めた表情を……。ポイントを絞って説明すべきだったと反省しています。
実際に営業に行っているような感覚で、ちょっと誇張した表現を使ってしまったところ、不採用に。何社か面接を受けたのですが、自分の感じた限りでは、経歴についてはストレートに話したほうが受けがいいように感じられました。

ページトップへ