転職ガイド

事務の面接対策

2014/10/15

一般事務、総務、人事、経理などデスクワーク関連職種の面接のポイントを解説します!

面接の傾向と対策(事務系)

 事務系の職種の場合、まずは来客や電話に対して円滑に対応できる“マナー”と“コミュニケーション能力”が必須条件ですので、身だしなみや敬語の使い方を再確認して面接に臨むことが肝心です。また事務系の求人は、担当業務が詳しく決まっている場合が多いため、面接でも、仕事について具体的な説明をしてくれます。面接官は、その業務にあなたが対応できるかどうかを話の流れの中で見極めていますので、ただ黙って聞いているだけでは印象が良くありません。適宜あいづちを打ったり、話全体の腰を折らない程度に質問をしてみる等、話を理解していることを暗に示しつつ、仕事への意欲を伝えるように心がけましょう。
 
【Point】
・身だしなみとマナーの再確認を怠らないことが第一歩。
・担当する仕事についての理解度を話の中で示していこう。
・人物像も大切。素直さ、前向きな点をアピールしよう!

よくある質問と回答のヒント(事務系)

事務系の面接でよく聞かれる質問をピックアップ。ヒントを参考に回答を考えてみてください。

Q.スキルアップのために努力していることはありますか?
回答のヒント▼
勉強している資格やスキルがあれば、どのような意図で学び始めたかをキャリアプランと結びつけ、将来的にどう生かしたいか言及しよう。

Q.前職での実績について教えてください。
回答のヒント▼
仕事に対する適性とともに、あなたの人物像も判断されている。なぜ得意/不得意なのかを、あなた自身の個性が伝わるかたちで表現しましょう。不得意な業務に関してはネガティブな言い方にならないように。

面接の成功談・失敗談(事務系)

成功談

Excelの実務経験はアルバイトの経験しかなかったのですが、どのような業務で使っていたかを丁寧に説明することで採用していただくことができました。
単純に仕事の内容を述べるだけでなく、どういう考え方で仕事に取り組んでいたかを説明するようにしたところ、それが「うちの方針と合っていますね」と評価されました。面接先の企業ポリシーはホームページ等で調べることができると思いますので、よく読んでおくといいと思います。

失敗談

残業はないだろうと思い込んでいたら、毎日終電近くまでの激務……。面接でそうした話が全く出なかったのでおかしいとは思っていたのですが、もっとこちらから質問すべきでした。
過去の経験についてはある程度説明できたと思うのですが、「将来どうなりたいか」を聞かれたときに、うまく答えられませんでした。もう一度キャリアのたな卸しからやり直したいと思います。

ページトップへ

職種から求人情報を探す
Webエンジニア・Webプログラマ |  Webデザイナー・HTMLコーダー |  グラフィックザイナー・クリエイター |  Webディレクター・Webプロデューサー |  スマートフォンエンジニア |  ネットワークエンジニア・サーバーエンジニア |  フロントエンドエンジニア
スキルから求人情報を探す
PHP |  Perl |  Ruby |  Python |  Java |  JavaScript |  C言語 |  C++ |  MySQL |  PostgreSQL |  iPhoneアプリ |  Androidアプリ
企業名から求人情報を探す
 |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |  A |  B |  C |  D |  E |  F |  G |  H |  I |  J |  K |  L |  M |  N |  O |  P |  Q |  R |  S |  T |  U |  V |  W |  X |  Y |  Z
Copyright (C) 2014 mixi recruitment, Inc. all rights reserved.