ゲームしながら金融知識をゲットできる! Good Moneygerが創り出す、次世代金融教育スタイル

株式会社Good Moneyger
代表取締役 清水俊博さん

さてさて今回は、新進気鋭のFinTech企業、2015年4月設立のGood Moneyger(グッドマネージャー)さんの登場です。

オフィスにはキッチンも!いいなあ。
Good Moneygerさんは続々と資金調達を実施しているかなりの注目FinTech企業ですが 「FinTech企業」と一言で言いましても、まあ本当に、各社それぞれ個性的。

訪問したら代表の清水さんが自ら出てきてくれたんですけど、
手には…怪しげなカードが…

「まず、ちょっと遊びませんか?」と清水さん。
「あ、はい…」と取材者。

FinTech企業・Good Moneygerのコアは「カードゲーム」

取材者には、まずこんなカードが渡されました。

ふむふむ。

「不動産」「日本株」「ドル」「日本国債」「金」「穀物」というカードと、
「上昇」「下落」カードがございます。

微笑みながらカードを繰る清水センセイは
「じゃ、行きますよ」との言葉とともに、こんなカードをそっと机に置きました。

清水

じゃあ簡単なのから行きましょうか…もし”景気回復”が起こったら、世の中どうなりますか?
手持ちのカードでの中から、当てはまるカードを出してみてください。

なるほど、そういうことか・・・!
出されたカードに書かれた”金融イベント”によって、何が起きるかを当てるわけですね。

おそるおそる取材者は「日本株」カードと「上昇」カードを机に置きました。

清水

正解です(笑)。でも、スピードちょっと遅いですかねえ。普段はこれ複数人でスピードを競うので、それだと負けちゃいますよ(笑)

バレております。経済や金融にウトすぎることが、バレております…!

じゃあちょっとずつ難しい問題に行きましょうかーと言いながら
「金融緩和」「デフレ」「金融引締」「気候不安定」「戦争」などなど
様々な金融イベントカードを目の前に出され、あかん…わからん…何がどうなるんや…と頭を抱える取材者。
どんどんアホがバレていきます。

でも清水センセイが正解とその理由を教えてくれるたび「あ、なるほど!」となるので、どんどん楽しくなっていきました。
これいいなあ。勉強になるし面白いですね。

読むより遊べ!ゲーミフィケーションで学ぶ金融

清水

このカードは、”遊びながら”、基本的な経済の仕組みを理解できるように開発したものなんです。 繰り返して行くと「関西で雨だから、明日東京は雨かも」「夕焼けが綺麗だから明日は晴れるかな」と天気を予想する感覚で、 直感的に経済の動きを予測することができるようになるんです。

確かに、ちょっと遊んだだけなのに、もうそんな感覚、あります。
新聞に日々掲載されている金融経済、海外時事ニュースが身近に感じられるようになりそうです。

清水

ありがとうございます。より多くの方に、その感覚を抱いていただきたい。そして、投資というものに、興味や親しみを感じてもらいたい、と思っているんです。

その理由は、やはり日本の将来の危うさにあるそう。

清水

日本は、年金制度の先行きが怪しい。なので、「自分で、主体的に資産を増やす」努力をすることが、とても大切になってくる時代になって行くでしょう。

投資っていうと、なんだか「ギャンブルみたい」「一部のお金持ちがやるものだ」なんて思う人は多いはずですが、そうも言ってられませんね。

清水

ちなみにアメリカでは、人口の半分以上が投資用の証券口座を持っていますが、対して日本は、4分の1程度。 金融あるいはビジネスのリアリティに触れていない日本人が、圧倒的に多いということです。 これは、今後の日本で生きていく上で、大きな課題だと感じています。

まあ私も、このカードゲームに触れるまでは、金融分野はどうも苦手というかハードルが高いというか…そんな風に思っていました。

清水

そこをできるだけわかりやすく…例えば池上彰さんは、難しい政治や経済の仕組みを大衆に向けて、ものすごくわかりやすく解説されていますよね。 あの方はすごい!あの方に刺激を受けたのが、「金融教育」という分野に興味を持ち、起業を決めた理由のひとつです。

「金融教育」を全国各地、あらゆる世代あらゆる企業に実施中

清水さんは、このカードを使って、あっちこっちで「金融教育」を実施しています。

清水

Z会さんからのご依頼で、中学生や高校生を対象に講習を開いた時のことは、特に印象に残っています。 数学や国語と同じように「金融・経済」という科目を作れたら、より良い未来が作れそうだと個人的には考えています。

若者たちが真剣に、清水さんの話に聞き入っています!
そのほか、大学の研究室や、全国各地の企業でもセミナーや講座を開催しているそう。

清水

そういえば、mixiさんでもやりましたよ!mixiさんでは401K、つまり確定拠出年金を採用していますよね。 従来の企業年金は、基本的に支給額は固定ですが、401Kだと、うまくいけば、退職後自分の「運用益」を上乗せして受け取ることができるわけです。

401K…実に聞き馴染みのある名前ながら、そんな仕組みだったとは。アホがどんどん露出していきます。しかもそのセミナー…取材者は出てない…

清水

また是非、次回開催する時には来てくださいね(笑)。mixiさんのように、毎月拠出する一定額の「掛け金」を、どう運用するか。 これを従業員に委ねている401K採用企業は増えています。そこからオファーをいただき、金融・投資・経済についてお教えすることはとても多いですね。

そのほか、新入社員研修などに清水さんの講座が組み込まれる事もあるそうです。

清水

金融にイノベーションをもたらすFinTech企業が選定される三菱UFJフィナンシャル・グループ・MUFG Digitalアクセラレータプログラムというものがあるのですが、 我々は「金融教育」という分野に特化した稀有な企業として選定されました。そのネットワークがこうした機会を次々ともたらしてくれるんです。 非常にありがたいですね。

おかかえロボ・ファイナンシャルプランナーが0円で「VESTA」

さて、Good Moneygerさんは、金融教育のみならず「その次のステップ」となるサービスも展開しています。それが、ロボアドバイザー「VESTA」。

金融の仕組みを学んだら、やっぱりやってみたくなるのが「実際の投資」。
とはいえ「何から始めれば良いのやらわからない」「今持っている資産をどう活かせるのか、と言われても難しい…」なんて方、とても多いそうです。 そりゃそうだ。

清水

「VESTA」は、簡単にいうと「金融に特化した人工知能を持つ、ロボットFP(ファイナンシャルプランナー)」みたいなものです。 無料で利用できるので、皆が「パーソナルかつきめ細かいアドバイス」を受けることができるわけです。

なるほどー!それは嬉しい。でもなんで無料?

清水

投資を行うには証券口座の開設が不可欠です。 ユーザーさんには、提携する証券会社の口座開設をしていただいており、我々はその「紹介料」を証券会社側から受け取っているんです。 故に、無料でも成り立つんですよ。

ほほう、初心者には特に嬉しいサービスですね、これ。

清水

アドバイザーといえば、証券会社の営業担当やFPの方々が思い浮かびますよね。 しかし彼らプロフェッショナルから、緻密なアドバイスを受けるにはそれ相応の資金を口座に預ける必要があるし、 FPに依頼するのにもお金がかかります。なので、資金を持つ人・持たない人の間でどんどん情報格差が広がってしまう。 これは大きな問題です。

確かに。しかも証券会社とかって窓口の営業は15時までですよね…フツーに日中働いていたら、投資相談なんて行けないし。 そんな諸々の「格差」を解決するために、無料のVESTAがあるわけですね。

清水

VESTAは我々独自のアルゴリズムを利用し、プロフェッショナルが実施している投資ノウハウをAIでブラッシュアップし、提供しています。

例えばこんな画面。相場のいい時悪い時を、季節にたとえながらリアルタイムで表示し、売り時や買い時がわかるようになっています。

清水

例えばリーマンショックやギリシャ危機は完全なる「冬」、チャイナショックは「秋」、といった具合です。損をしやすいハイリスクな「秋」「冬」を避けながら、堅実な資産運用を行うことができるわけです。

そのほか、銘柄比率の変更や購入すべき銘柄などが自動かつリアルタイムで診断されるとか。これは有難いですね。

清水

ええ、我々はできるだけ投資で「損する人」を減らしていきたいと思っているんです。 そのためにこのサービスを作りました。このVESTAと二人三脚となって、投資に親しみを感じていただきたい、そう思っています。

投資に親しみを…なるほど、この点も、冒頭のカードゲームの開発意図と、共通していますね。

証券会社でもファンドでもなく「金融アクティブラーニング企業」

清水

そうなんです。私たちは証券会社でもなく、ファンドでもなく、あくまで「ラーニング」にフォーカスした企業です。 もっというと「金融アクティブラーニング企業」。

なるほどアクティブラーニング。 いわゆる先生が一方的に知識伝達をする学習スタイルではなく、学ぶ側が能動的な行動を起こしながら知識を身につけていく、そういうやつですね。

清水

カードゲームもVESTAもそのソリューションのひとつです。 でも、もっと増やしたいんですよね、特にこのカードゲームの考え方を基礎に、もっといろんなゲームスタイルが作れると思うんです。

そう!私もそう思っていましたー!

清水

TCG(トレーディングカードゲーム)アプリも作れると思うんですよね。 で、今ゲーム会社さんと一緒にやっているのもあって、実現に向けて色々と話し合いを重ねているところです。 このカードデザイン自体も見直したい(笑)。あと、ボードゲームなんかも作れそうですし…。

そーですよね、ほんと、めちゃくちゃいろんなことができそう、このゲーム。 アプリだったらマルチ対戦で白熱したり、トレーニングモードで粛々と学ぶのもアリ。

清水

そうですね、デザインも、今までの「堅苦しい」金融のイメージを土台から覆すような、ユニークなものにしていきたいと思っています。 でも、今はとにかくそれを一緒に実行していくための仲間が全然足りてないんです。

既にGood Moneygerには、数々のプログラミングコンテストの受賞歴を持つエンジニアやら、 「エコノミクス甲子園」なる全国高校生金融経済クイズ選手権でかなりの成績を収めた若手やらが、続々と集まっています。

ちょーどエンジニアさんは不在でしたー残念!

しかし清水さんの話を聞くと、デザイナーもエンジニアもPR・広報も、事業開発する人も、もっともっと沢山の仲間が必要な感じ、しますね。

清水

ええもう、全部必要です(笑)。ぜひ一度、ちょっとでも興味があったら、カードゲームで一緒に遊ぼうよ!って思っています。 複数人の方が楽しめるので、ぜひお友達を連れて来て欲しいな、と。

ウチにはスタバでバリスタしていたメンバーもいるので、美味しいコーヒーも出しますよーとのこと(笑)。 ほんと、冗談抜きで、ぜひ皆さんにこのゲーム、やってみて欲しいです。
取材陣は懇願して、このカードゲーム「Asset Allocation」、いただいて来ちゃいました。えへへ。

あ、このカードゲーム名も変えたいそうなので、アイデアがあれば持ち込んでみちゃいましょう!

いやー、なんだか日々、投資や金融についての興味が深まる取材者です。
清水さん、今日は楽しい時間を本当にありがとうございました!

Good Moneygerで現在求人中の職種について
現在Good Moneygerでは以下の職種を募集中

・金融教育・投資アドバイスアプリ『VESTA』のデザイナー

詳細はこちら

会社名 株式会社Good Moneyger(グッドマネージャー)
代表者 代表取締役 清水俊博
設立 2015年4月
所在地
103-0016
東京都中央区日本橋小網町2−1−305
事業内容 AIを活用し、金融教育、投資アドバイスのアプリを運営
運営サービス ロボアドバイザー「VESTA」
求人情報を探す
Web業界の転職・求人情報が満載 Find Job!