雇用形態別トップへ アルバイト|派遣|SOHO・在宅ワーク|就職

職種からさがす

株式会社ミクシィ・リクルートメントが運営する求人情報サイト『Find Job!(ファインドジョブ)』へようこそ。こちらは職種から求人情報を探すページです。希望の職種の求人情報を簡単検索!ほぼリアルタイムで更新。

エンジニア系の職種から求人情報をさがす

  • エンジニア系の求人情報を探したい方はこちら

エンジニア系の人気職種から探す

  • Webシステム開発

    Webシステム開発とは、商品を販売したりサービスの提供を行ったりしている自社のウェブサイト上にあるデータなどを、いつでも臨機応変に変更・修正・更新できるようにする仕組みを開発することをいいます。ウェブサイトの情報を必要に応じて変更していくことにより、常に最新の正しい情報を世間に発信していくことができます。Webシステム開発がしっかりしていれば、ウェブサイトを見たお客様からの要望などをもとに、より見やすいサイトに変えていくことも可能なのです。

  • Webアプリケーションエンジニア

    Webアプリケーションエンジニアとは、Webブラウザでアクセスして使用する企業の業務ソフトや、オンラインショップなどのWebアプリケーションを設計・構築したり、開発管理したりする技術者のことです。さまざまなWebアプリケーションサービスが広がっている現在、それらが正しく利用できるよう運用管理することも、Webアプリケーションエンジニアにとって大切な仕事となります。

  • システムエンジニア(SE)

    システムエンジニアとはSEと略されることもあり、情報処理分野で働く技術者のことです。業務の内容としては、コンピュータのシステム設計や構築、システム開発管理などになります。社内で、どのようなシステムがあれば業務をスムーズに行うことができるかを考えて、それに合ったシステムを設計したり、ソフトウェアの開発プロジェクトの指揮を取ったりといったことを行うのがシステムエンジニア(SE)の仕事となります。

  • プログラマー(PG)

    プログラマー(PG)とは、コンピュータを動かすプログラムを制作したり、C言語やJavaなどプログラミング言語を使ってソフトウェアを制作したりする職業の人のことをいいます。また、制作したプログラムやソフトウェアが正常に動くかどうかや、不具合がないかどうかなどを試しに実行し、不具合や不備があればそれらの問題点をなくすためにソースコードを修正したりなどを行うことも、プログラマー(PG)にとって大切な仕事となります。

  • アプリケーションエンジニア

    アプリケーションエンジニアとは、システム設計からシステム開発までを行う、開発プロジェクトの責任者のことです。ユーザーの要望を分析しながら、システムそのものの構造を設計したり、開発者を指揮してプログラム開発に関わったりといったことが、アプリケーションエンジニアの主な業務になります。また、プログラムがきちんと動くかどうかの実行テストを行ったり、システム移行を行ったりもします。

  • アプリケーション開発

    アプリケーション開発とは、情報処理分野において、各種のアプリケーションソフトを制作することをいいます。たとえば、Windowsでアプリケーションと言えば、WordやExcel、Outlookなどのソフトウェアのことをいいます。また、専用機器を制御するプログラムや、携帯電話のJavaでの動作などもアプリケーションと呼ぶため、アプリケーション開発と言っても、企業などによりさまざまな意味を持つものになります。

  • モバイルアプリケーションエンジニア

    モバイルアプリケーションエンジニアとは、スマートフォン向けに開発されたゲームやソーシャルネットワークサービス、無料電話サービスなどのアプリケーションソフトウェア(通称、アプリ)の設計・構築、開発を行う技術者のことです。アプリケーションはiPhoneやAndroidなど、モバイル端末によって製品が違うため、モバイルアプリケーションエンジニアは、それぞれのモバイルのプラットフォームに合わせた設計・開発が必要となります。

  • 携帯アプリケーション開発

    携帯アプリケーション開発とは、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンで使用されるゲームなど、さまざまなアプリケーション(アプリ)を開発することです。ユーザーが今どんなアプリケーションを欲しているか、どんなサービスが人気なのかなどを調査しながら、時代や環境、ニーズに合わせた携帯アプリケーション開発をすることが重要となります。また、開発した携帯アプリケーションが正しく動作するかのチェックや、運用も行います。

  • Webサイト運用

    Webサイト運用とは、もはやビジネスツールの一つとなったWebサイトのページを更新したり、サイト利用者のニーズを聞きながらそれを反映し、改善していったりする業務のことです。Webサイトの運用がうまくいけば、それを運営している企業やサービスの知名度アップや、商品の実売効果などが期待できます。Webサイト運用で大切なのは、ユーザーの欲しい最新の情報が常にあること、その情報へ素早くたどり着けること、情報が正しいことなどが挙げられます。

  • ゲームプログラマー

    ゲームプログラマーとは、広い意味でゲームの設計・開発・支援などを行う職業のことを指します。プログラミングの技術を基に、ゲームの仕組みをイチから作成するゲームプログラマーは、ゲーム製作会社やゲーム業界において、ブレーンとなる重要な仕事。具体的な業務内容は、ゲームエンジンの開発、ゲームの移り変わりや各シーンを実装するゲーム開発、プランナーやデザイナーなどの作業効率を上げるために必要な支援ツール作成などとなります。

エンジニア系の職種一覧

  • エンジニア その他

    広義におけるエンジニアとは、専門的な知識や技術を持った職種のこと全般を指し、システムエンジニアやネットワークエンジニア、Webエンジニア、PHPエンジニアなど、情報処理分野においても、それぞれの持つ専門的な技術を活かした職業が幅広く存在しています。エンジニアはそれぞれ、専門とするプログラミング言語などを用いて、その強みを生かしながらWebサイトやアプリケーション、システムなどの設計・構築・開発を行うことが主な業務となります。

  • Webエンジニア・Webプログラマ

    Webエンジニアとは、主にWebサイト上で使用されるアプリケーションを設計・構築・開発する職業全般を指し、要件定義に沿って作成された仕様書などからWebシステムをプログラミングしていく業務を主とする職種を一般的にWebプログラマと呼びます。Web上には常に新しいシステム機能が増えていることから、Webシステムの開発ニーズもどんどん高まってくることが予想されます。そのため、Webエンジニア・Webプログラマ共に、今後も高い水準の技術を持った人材が必要とされています。

  • ネットワークエンジニア・サーバーエンジニア

    ネットワークエンジニアとは、社内LANの設計や構築、保守管理が主な業務となる職業のことです。また、サーバーエンジニアとは、企業内サーバの構築・AD設定・DB設定・監視・ログ解析などサーバに関する構築や保守管理が主な業務となる職業のことです。ネットワークエンジニアは、サーバを繋ぐための物理的な手順や、その環境下で使用するサービスの特性を理解している必要があります。それに対して、サーバーエンジニアは、構築や管理などに関わるプログラミング知識が必要です。

  • スマートフォンエンジニア

    スマートフォンエンジニアとは、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンに関するアプリの設計や開発を行う技術者のことです。プランナーやデザイナーと協力しながら、たくさんのユーザーに利用されるアプリを開発していくのが、スマートフォンエンジニアの仕事です。スマートフォン業界は急速に拡大していっているため、スマートフォンエンジニアは人手不足となっています。今後も多くの企業が自社アプリの提供などのサービスに参入することが予想されるので、活躍の場は広がっていくでしょう。

クリエイティブ系の職種から求人情報をさがす

  • クリエイティブ系の求人情報を探したい方はこちら

クリエイティブ系の人気職種から探す

  • Web制作

    Web制作業務とは、PCやスマートフォンなどの各種デバイスに対応したWebサイトを作ること全般を指します。受託でのホームページ制作から各種サービスサイトの制作・運用まで、企業によってその職域は多岐に渡ります。そのためWeb制作には、HTMLやCSS、JavaScript、フォトショップやイラレーターなどさまざまな知識が必要となります。最も重要視されるのは、そのサイトを使うユーザーのニーズに応え、欲しい情報を提供できるかという点になります。

  • イラストレーター

    イラストレーターとは、依頼主の要望に沿って指定されたメディアで使用できるイラストの制作を行う職業のことです。依頼主は出版社や広告代理店などの企業であったり、個人であったり様々。制作されたイラストは、出版・広告・WEBなどのメディアへ提供されます。大まかなイメージや見た人への影響からオリジナルのイラストを起こすようなケースも多く、非常に高いクリエイティブの力が求められるのがイラストレーターの特徴と言えます。

  • DTPデザイナー

    DTPデザイナーとは、本、雑誌、広告などの原稿の作成、レイアウト、版下作成など、出版に関わる一連の作業を行う職業のことです。主に、写真やイラスト、文字データなどを基にして誌面上のデザインをパソコンで割付(レイアウト)していく業務がDTPデザイナーの仕事となります。限られたスペースでいかにわかりやすく企画内容を伝えられるか、デザインできるかが大切になります。DTPソフトを使って修正・加工だけを行うDTPオペレーターとは違い、デザインセンスも大切になります。

  • Web編集

    Web編集とは、Webサイトやコンテンツの編集を行う職業のことです。Webの全体像を把握しながら、写真や文章などのレイアウトを考え、ユーザーに興味を持たれるサイト・コンテンツを作っていくのがWeb編集の仕事です。また、Web編集という仕事は幅広い意味で使われており、Webサイト全体の編集業務から、テキスト制作をメインとしたもの、コーディングやシステム構築などをメインとしたWeb制作の仕事まで、業務内容が多岐にわたります。

  • CGデザイナー

    CGデザイナーとは、コンピュータグラフィックスソフトを使用して、2次元または3次元の画像を制作する職業のことです。CGデザイナーの仕事は、ポスターなどのグラフィック制作、WEBサイト上で扱われるCG映像などのデジタルコンテンツ制作、音楽・ゲーム・アニメーションなどの制作、広告物制作、映画やCMなどの映像制作と実に幅広く存在し、就業する企業によって制作物が異なります。現在では、3DCGが多くなっており、さまざまな分野でCGデザイナーが活躍しています。

  • アートディレクター

    アートディレクターとは、広告、雑誌、Webサイトなど視覚的デザインが必要になるクリエイティブなものを作る際に、最初から最後までに関わり、ディレクションを行う職業のことです。デザインコンセプトを決定し、それに携わるカメラマンやデザイナーなどのクリエイターを集め、デザインに必要な素材の確認やスムーズに入稿できるような仕組みづくりなども行います。視覚表現を考えながら、高いクオリティーの作品を作るのがアートディレクターの醍醐味です。

  • Webコンテンツ企画

    Webコンテンツ企画とは、Webサイトで提供されるコンテンツの企画を行う職業のことです。どんなコンテンツならユーザーに興味を持ってもらえるかということを考え、コンテンツの内容やコンセプト、デザインなどを決めるのがWebコンテンツ企画の主な仕事になります。また、より魅力的なサイトを作るために、情報収集をしっかり行いながら、ユーザーに注目される仕掛けなども考え、時には企画だけでなく、SEとしてシステムプログラミングやコーディングなども行ったりします。

  • ネットショップ運営

    ネットショップ運営とは、インターネット上で商品を販売するショップを運営する業務、および職域のことを指します。ネットショップ運営の仕事は主に、サイトの情報を常に新しいものに更新したり、ユーザーのニーズをサイトに反映したり、より使いやすい構造を作ったりといった、サイトがスムーズに運営されるよう管理することになります。また、販促企画立案や販売サイトディレクション、商品管理などもネットショップ運営において大切な仕事となります。

  • モバイルサービス企画

    モバイルサービス企画とは、iPhoneやAndroidのスマートフォンや携帯端末で利用することができるサービスを企画する職業です。モバイルサービスには、ゲームやソーシャルネットワークサービスなど幅広くありますが、今までにない全く新しいサービスを考えることも可能です。どんなサービスがあったらみんなに喜ばれるかなど、自分のアイデアを活かしたサービスを考え、形にしていくことができるのがモバイルサービス企画という仕事のおもしろいところです。

  • モバイルサービス制作

    モバイルサービス制作とは、iPhoneやAndroidといったスマートフォンや携帯端末で提供されているサービスを制作する職業です。モバイルサービスとは具体的に、ゲームなどのスマートフォン向けアプリや、SNSサイト、ECサイトなどのことをいいます。こうしたサービスを作るためのディレクション業務やデザイン、さまざまなソフトを使った制作業務がモバイルサービス制作の主な仕事内容となります。Webサイト制作経験を活かして働ける職業です。

  • ユーザーインターフェース(UI)デザイナー

    ユーザーインターフェース(UI)デザイナーとは、ユーザーがパソコンなどのデジタル機器を操作するうえで、視覚的に操作しやすいようにインターフェースをデザインする職業のことです。ユーザーインターフェース(UI)デザイナーの主な仕事は、AndroidやWindows などのオープンプラットフォームで使われる各種アプリケーションやWebサイト、Webサービスなどのユーザーインターフェースのレイアウト設計やデザイン、プロデュース業務などとなります。

  • モバイルデザイナー

    モバイルデザイナーとは、モバイルサイトのデザインやページ更新、修正業務、画像処理やバナー制作などを行う職業のことです。モバイルデザイナーには、モバイルサイトの見た目を美しくするビジュアルデザインと、SEOやコンテンツなどを考慮しながら全体の構成を考え、使いやすいページのレイアウト・設計を行う情報デザインができることが求められます。モバイルサイトを美しく見せてユーザーの興味を引き、かつ情報を伝わりやすくすることが大切な仕事なのです。

  • ライター・コピーライター

    ライター・コピーライターとは、どちらも文章を書く職業ですが、具体的には、ライターはさまざまな情報を文章で伝える仕事、コピーライターは商品や企業などを宣伝するための文章を書く仕事と分けることができます。文章を書く媒体は雑誌やインターネット上のWebサイトなどがあります。最近では、Webメディアの方が紙メディアよりも多くなってきているようです。ライター・コピーライターは出版社や広告代理店、編集プロダクションから一般企業まで、幅広い業界で活躍することができます。

  • Webサービス企画

    Webサービス企画とは、Web上で提供されているサービスや、ゲーム、ナビゲーション、電子書籍、画像処理、コミュニケーションツールなどのさまざまなアプリケーションソフトを企画・立案し、実現に向けて動かしていく職業のことです。今、ユーザーに求められているものは何なのか、あったらうれしいサービスとは、海外で流行しているサービスとは、などの調査を通し、より多くの人が使いたいと思うWebサービスを考えるのがWebサービス企画の仕事です。

  • クリエイティブディレクター

    クリエイティブディレクターとは、広告業界やゲーム業界などのクリエイティブな業務において、その制作の最初から最後までディレクションを行う職業のことです。広告業界でいうと、クリエイティブディレクターはクライアントからどんな広告を出したいか具体的にヒアリングし、その広告を出すメディア(TV・インターネット・雑誌など)を選定し、企画内容を提案します。その後、デザイナー・コピーライター・プランナーなどのクリエイターたちをまとめ、広告が世に出るまでのあらゆる作業に指揮をとります。

  • ゲームディレクター・プロデューサー

    ゲームディレクター・プロデューサー共に、ゲームの開発に携わり、制作プロジェクトチームをまとめる業務を行う職業になります。具体的に分けると、ゲームディレクターとは、ゲームデザイナーやゲームプランナーと一緒に、どんなゲームを作るかを考え、ゲームが出来上がるまでデザイナーやプログラマーなどのクリエイターたちをリーダーとして引っ張っていく業務が主となります。一方、ゲームプロデューサーとは、ゲームを作るスタッフの選定、ゲームが出来上がるまでの間の予算や日程の管理をする業務が主となります。

  • ゲームデザイナー・ゲーム企画

    ゲームデザイナーとは、ゲームの設計・デザインを行う職業です。一方、ゲーム企画とは、どのようなゲームを作るか企画し、原案を企画書に起こす職業のことです。ゲームデザイナー・ゲーム企画共に、新しいゲームを作るプロジェクトにおいて、最初の基盤を作る仕事となるため、その役割は重大です。デザインや原案を考える際、その内容がシステム上実現可能かどうか理解していなければならないため、技術的なことも把握しておく必要があります。

  • ゲーム制作

    ゲーム制作とは、主にHSPなどの専用ツールを用いてプログラミングを行い、ユーザー向けゲームを作る職種全般を指します。一口にゲームと言っても、ブロック崩しやワンキーゲームなどの簡単なアクションゲーム、RPG、ADV、STG、RPG、3Dゲーム、ソーシャルゲームなどなど。様々な種類があり、制作に必要な知識やスキル、難易度、制作方法も異なります。より複雑なゲーム制作を行うには、それに見合った知識とスキルを習得することが必要となります。

  • シナリオライター・ゲームプランナー

    シナリオライターとは、ゲームの台本を作る職業です。ゲームのストーリーを考え、台本にするのが主な仕事です。一方、ゲームプランナーとは、ゲームの原案を提案する職業です。 ゲームディレクターと共に新しく作るゲームのアイデアを考え、作品を作る手順や方法を企画書として仕上げるのが主な仕事です。シナリオライター・ゲームプランナー共に、ゲームのヒットを左右する基盤を作る仕事のため、ゲーム制作において大切な存在となります。

  • モバイルコンテンツ企画

    モバイルコンテンツ企画とは、携帯電話などのモバイル端末から閲覧し、利用できるコンテンツサービスを企画する職業のことです。SNSや地図アプリ、ゲーム、電子書籍など、さまざまなアプリやモバイル向けに最適化されたWebサイトによるサービスが、モバイルコンテンツと呼ばれます。市場調査を行ったり、自分のアイデアを活かしたりしながら、新しいモバイルコンテンツを生み出すのがモバイルコンテンツ企画の仕事となります。

  • モバイルコンテンツ制作

    モバイルコンテンツ制作とは、携帯電話やスマートフォンなど、さまざまなプラットフォームに対応したコンテンツを制作する職業です。具体的には、着メロ・着うた、スマホ用アプリ、デコメ素材、Flash、メルマガ、電子書籍などのことをいいます。モバイル機器によるインターネット市場は拡大を続けており、幅広いコンテンツが提供されています。モバイルコンテンツ制作には、これからもたくさんの活躍の場があると予想されます。

クリエイティブ系の職種一覧

  • Webディレクター・Webプロデューサー

    Webディレクターとは、Webサイトを制作する際に、人員配置やスケジュール管理、工数管理などを中心に行う職業のことです。コンテンツ制作の進行がスムーズに行くようプロジェクト全体と、人の動き全体を把握するのが主な役割となります。一方Webプロデューサーとは、Web制作プロジェクトのトップを担う職業です。ディレクター業務に加えて、お金の管理やクライアントとの折衝などが主な仕事となります。Webディレクター・Webプロデューサー共に、Web制作を動かす立場の職業ということになります。

  • グラフィックデザイナー・クリエイター

    グラフィックデザイナー・クリエイターとは、ポスターやチラシ、新聞広告、商品パッケージ、カタログ、DM、CDジャケットといった印刷物や、Web媒体のグラフィックを制作する職業のことです。何でも自由にデザインできるわけではなく、クライアントからの要望に応えながら、写真やイラスト、タイポグラフィなどを見やすく配置してデザインし、クリエイティブな作品を作ることがグラフィックデザイナー・クリエイターの仕事です。

  • Webデザイナー・HTMLコーダー

    Webデザイナー・HTMLコーダーとは、Webサイトを作る上で、全体のデザインを考え、HTML化する職業のことです。サイト全体の構成やレイアウト、キーとなるビジュアルを考えたり、デザイン・文章の作成をしながら、全体のイメージや色合いを調整したりするのがWebデザイナーの仕事となります。その後、HTMLコーダーがデザインや文章をHTMLコーディングするのですが、大体の場合、WebデザイナーがHTMLコーディングも行うため、あまり分業はされないのが現状です。

  • ライター・編集

    ライター・編集とは、Web業界においては主にニュースサイトやブログ等のWebメディア運営に関わる職種です。近年はコンテンツマーケティングが手法として注目を集めていることもあり、ニーズの高まりが予想されます。取材や文章コンテンツの記述を行うのがライターで、記事内容の企画からデザイン・文章の依頼、取材の手配まで、コンテンツ作成のための企画・調整を担うのが編集です。

  • Webマーケティング・プロモーション

    Webマーケティング・プロモーションとは、Webサービス・アプリなどのユーザーの獲得やプロダクトの販売促進に関わる職種です。ユーザーを集客し、プロダクトへのコンバージョンを最大化していくため、バイラルやシナジーを生み出す仕掛けや、様々な広告施策を組み合わせ、コストとのバランスを取りながら戦略を立案していきます。Web上での集客活動全般を指すのがWebマーケティングで、プロモーションは販売促進のためPR・宣伝・広報といったあらゆる活動を行います。

営業系の職種から求人情報をさがす

  • 営業系の求人情報を探したい方はこちら

営業系の人気職種から探す

  • 企画営業

    企画営業とは、お客様へサービスや商品を売るためのアイデアなどを提案し、顧客や業務を新たに開拓する職業です。ただ営業活動を行うのではなく、どうやって商品をPRしたら商品の魅力が伝わるか、どうしたらお客様がサービスを便利に使えるかなどを考えサービスを提案する、クリエイティブな面も持つのが企画営業です。Webコンテンツやプロモーション案の提案、時にイベントの提案なども担当します。

  • 営業職

    営業職とは、見込み客へ自社の商品やサービスなどを提案し、販売につなげる職業です。営業先は個人のお客様と、会社・事業主などの法人の2パターンがあり、そのどちらかへの営業または両者への営業を行う場合もあります。営業職の仕事で最も大切なのは、お客様とのコミュニケーションをしっかりとることです。お客様の話を伺い、それを解決するための方法や手段として自社の商品やサービスがどのように利用できるかを考え、提案するのが営業職の仕事だからです。

営業系の職種一覧

  • 営業・企画営業

    営業・企画営業とは、どちらも自社の商品やサービスを個人や法人のお客様へ提案し、販売につなげる職業のことです。詳しく分けて説明をすると、営業はルーティン的に単純に商品やサービスを販売するのが仕事であり、企画営業は自分で商品やサービスを生かした企画などを考えてお客様へ提案しに行くというのが仕事になります。どちらかというと、企画営業の方が自分のアイデアを生かしたクリエイティブな営業が行えると言えるでしょう。

事務系の職種から求人情報をさがす

  • 事務系の求人情報を探したい方はこちら

事務系の職種一覧

  • ユーザーサポート

    ユーザーサポートとは、企業内において、顧客からの商品やサービスについての問い合わせなどに対応する職業のことです。情報処理系の企業であれば、パソコンや情報システム、コンピュータ、アプリケーションソフトなどについての問い合わせに対し、利用方法をアドバイスしたり、「製品が動かない」などのトラブルや修理に対応したりします。メーカーであれば、自社製品を購入した顧客からの製品に関する不具合への問い合わせ対応や、使い方の説明などを行います。

  • 一般事務・営業事務

    一般事務・営業事務とは、どちらもオフィス内でのサポート的な事務作業を担う職業です。具体的に分けると、一般事務は電話応対やファイリング、伝票整理、データ入力、コピー取りなど庶務的な作業が多くなります。それに対して営業事務は、電話で顧客へのアポイントを取るなどテレフォンマーケティングをしたり、営業の代わりに顧客管理をしたり、顧客先へ持って行く資料を作ったり、効果分析をしたりなどといった営業のサポートに特化した事務作業が多くなります。

  • 人事、経理、広報、法務

    人事、経理、広報、法務はいずれも会社や組織内における専門的な分野に特化した部署です。人事とは、社員一人一人のポジションや職務内容、賃金、能力など、人に関する全ての事柄を決定・管理する業務を行う部署。経理は会計・給与などお金に関することすべてを管理し、広報は社内外に向けて経営理念や営業方針、企業活動の内容などを広く知ってもらうための活動を行います。また法務とは、企業が事業運営を行っていく上で発生するさまざまな法的な問題に対応する部署のことを指します。

その他の職種から求人情報をさがす

  • その他の求人情報を探したい方はこちら

その他の職種一覧