ネットで見れる企画書!創業時の「nanapiのナマ企画書」を公開します。

    
2013/10/16
    

top 株式会社nanapiという会社の代表取締役をやってるけんすう(@kensuu)と申します。弊社では「nanapi」というハウツー情報を集めたサービスをやっております。nanapiは、2009年9月1日に公開しているのですが、今回は、nanapiが出来る前、2009年5月2日時点で作っていた企画書をご紹介します。(プロジェクトメンバーへの企画共有用に数時間程度で作ったものです)

サービス名も今と違いますし、内部資料なので粗い所も多々あり恥ずかしいのですが、これからサービスを立ち上げる方の参考になればと思って公開してみました。是非参考にしていただけると幸いです。

まずは抜粋版

最初に当時を振り返りながらコメント付きでいくつかのスライドを紹介していきます。最後にはSlideshareで完全版の企画書を載せているので、流れで見る場合はそちらをご覧ください。

image003 最初のほうは、背景を中心に書いているのですが、海外のサービスもちゃんと調べていたようです。実際にはここに載っている以外のハウツーサイトも見てます。今だとDemandMedia社が運営している「eHow」というサイトが圧倒的ですが、この段階だと入れていないようです。(なんでかは忘れちゃいました。)

image005 他のノウハウ系との比較も入れたいなーと思って、こんなスライドのページだけ作ってみたのですが、結局作りきりませんでした。上司がいた場合、聞かれるだろうなと思って、ページだけ作ってました。でも作りながらどうでもいいなと思ったんですね。

というのも、たとえば「他サービスとどう違うの?」という人に対して、口で説明してもイマイチ伝わらないのですね。新規のサービスの場合、ものが出来ないと想像しづらいので、別に説明をしないでもいいかなと思っています。

nanapiのようなハウツーサイトを作ろうと思ったのは、実は現YJキャピタルCOOの小澤隆生さんから言われたのがきっかけです。小澤さんはずっとハウツーサイトを作りたかったらしいのですが、小澤さんがハウツーサイトのアイディアを他の人に喋ると、いつも「Yahoo!知恵袋でいいじゃないですか?」と言われていたらしいです。

小澤さんは非常にプレゼンが上手なことで有名なのですが、小澤さんですらそう言われてしまうと。ということで、やはりモノを作らないと駄目だなと思って、このページに時間をかけるより、サービスを作るところに時間を使おうと思った記憶があります。

image007 ここらへんのビジネスモデル図は前職のリクルートを意識して作ってます。リクルートはいわゆる「リボン図」と呼ばれるビジネスモデルで、ユーザーとクライアントをつなげるプラットフォームを作りビジネスにする事が多かったのですね。リクルート時代の経験もnanapiで活きています。

image008 ここで言いたかったのは、投稿するコンテンツ形式は色々あるということです。文章も動画も色々あります、と。

image009 ここもリクルートモデルを意識していました。リクルート社の基本的なビジネスモデルは、このようなリボン図の真ん中でプラットフォームを作り、広告でクライアントからお金を貰い、そのお金で雑誌などの本を作り、そしてカスタマー(ユーザー)に届ける。ユーザーに届ける場合は、フリーペーパーなどで無料のときもあれば、カスタマーからお金を貰うこともある。当時はnanapiもそうしたいなあ、と思って作っていました。

image010 ここもリクルート時代の資料の作り方に引っ張られていますね。こういう資料がないと「どうやって集客するんだ?」と言われたりするので、よくこういう資料も作っていました。「ちゃんと押さえなければいけないところを分かってるんです」というのを可視化してる感じです。

image011 いま見ると、このページもリクルートっぽいなと思うのですけど、リクルートでは「その先どうなるの?」というのを言われるため、その癖で作っていました。少しずつ記事を積み上げながらサービスを大きくして行くという事を書いています。

image013 いま見ると超各論のことを言っていますね。最初は自分たちで記事を書いて、はてなブックマーク集めて、見てくれるユーザーを増やす。そうすると見ている人がだんだん投稿側になってくれる、というのを説明しています。

image014 フェーズ1は「本当にこのやり方で行けるのか?」というのを説明するために、実際に自分のブログで記事書いて試してみました。やり方が正しいという証拠を作りたかったのです。

image015 学生の頃から、ずっとネットコミュニティの運営をやっていたので、利用者のモチベーションを高めるセオリー的なものは持っていました。それをnanapiでも実践しています。金銭的なインセンティブは用いないで、ランキング・アクセス・お気に入り追加などの「フィードバック」を感じて貰ってそれをモチベーションとして投稿して貰える仕組みを設計しました。

image016 検索からのアクセスの集め方で、いまは使えないような方法でSEO対策も考えていました。nanapiへの流入検索ワードで自動的に関連のタグページを複数作っていく方法です。数時間でこのシステム自体は作れる上に、結構これが効果あったのです。当時はとても費用対効果の高いやりかたでしたね。

image018 KPIは投稿数にしていましたね。投稿が増えればPVが増えるので。12月までには100万PVいかないとやめようと思って、こういった目標を立てていました。実際は3日間で150万PVを超えていたのでかなり前倒しで達成できました。

image021 マネタイズ方法の一つとして、OKWaveのようにコンテンツを丸ごと外部のサイトにOEM提供する事を考えていました。実際に大手のポータルサイトに提供して月数十万円を頂けていました。

image022 フェーズ2のゴールは、後で考えようと思っていました。フェーズ1でコケる可能性もあるので、ここを細かく考えるよりは、先にモノを作ろうという考えです。結局このスライドは作られることはありませんでした。

image025 色んな会社からコンテンツにする用の情報を貰って、尚且つお金も貰えないかなと思っていました。そして同時のその会社さんからトラフィックも頂く、と。完全にこちらにとって都合の良いプランでした。

人ってトレードオフで考えてしまいがちだと思うのです。例えばあれもこれも貰うと悪いからタダにしようとか、こちらも何かお返しをしなければと。でも企画書の段階でそう考えちゃ駄目だと思って、自分にとって一番都合が良いプランを考えた結果がこれでした。

image029 これは実際にnanapiでリリースしたフリーハンドで図を作れる機能の説明ですね。リリース後しばらくは、このフリーハンドのコンテンツも多く投稿されていました。

企画書の完全版

この記事ではスライドを抜粋して紹介しています。完全版の企画書はこちらのSlideshareからご覧頂けます。


最初はnanapiという名前ではなかったんです。小澤さん案として「ハウツージャパン」という名前もあったのですが、即刻却下でした。

この「fyig」って今見ると全然よくないですね。オトコっぽいし、説明ぽい。当時手伝ってくれていた女性のデザイナーの方と話して、「レシピっぽい感じ」→「生活のいろいろなものをレシピぽくしちゃう、という意味で、ライフレシピという概念はどうか」→「あらゆるカテゴリ+短い時間で読めるというので、7カテゴリ、7分というのはどうか」→「nana(7)+pi(レシピのピ)」という感じで、nanapiになりました。

最後に

創業前の企画書は参考になりましたでしょうか?あまり時間をかけずにプロジェクトメンバー向けに作った資料なので恥ずかしいですが、もし参考になったらと思います。

(執筆 古川健介、編集 井出一誠)

■執筆者紹介
株式会社nanapi 代表取締役 古川健介

1981年6月2日生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。2000年に学生コミュニティであるミルクカフェを立ち上げ、月間1000万pvの大手サイトに成長させる。2004年、レンタル掲示板を運営する株式会社メディアクリップの代表取締役社長に就任。翌年、株式会社ライブドアにしたらばJBBSを事業譲渡後、同社にてCGM事業の立ち上げを担当。2006年、株式会社リクルートに入社、事業開発室にて新規事業立ち上げを担当。2009年6月リクルートを退職し、Howtoサイト「nanapi」を運営する株式会社ロケットスタート(現・株式会社nanapi)代表取締役に就任、現在に至る。

・ブログ  http://blog.livedoor.jp/kensuu
・Facebook http://www.facebook.com/kensuu
・Twitter https://twitter.com/kensuu

Find Job! Startupを購読する

職種から求人情報を探す
Webエンジニア・Webプログラマ |  Webデザイナー・HTMLコーダー |  グラフィックザイナー・クリエイター |  Webディレクター・Webプロデューサー |  スマートフォンエンジニア |  ネットワークエンジニア・サーバーエンジニア |  フロントエンドエンジニア
スキルから求人情報を探す
PHP |  Perl |  Ruby |  Python |  Java |  JavaScript |  C言語 |  C++ |  MySQL |  PostgreSQL |  iPhoneアプリ |  Androidアプリ
企業名から求人情報を探す
 |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |  A |  B |  C |  D |  E |  F |  G |  H |  I |  J |  K |  L |  M |  N |  O |  P |  Q |  R |  S |  T |  U |  V |  W |  X |  Y |  Z
Copyright (C) 2015 mixi recruitment, Inc. all rights reserved.