SEOで月間1000万PVを集めたサイトの「SEOノウハウ」を公開します

    
2013/11/07
    

top1106 最近PVが急増しているiPhoneアプリレビューサイトがあります。ヴォラーレ社が運営する「Appliv」です。元々同社は中規模以上のサイトのSEOコンサルティングを生業としており、そのノウハウを活かしたサイト運営でここまで成長させています。

最近では単月のPVが1000万PVを超える程になっているようですが、主な流入は検索経由との事でかなりSEO対策の効果が出ています。

今回の記事では、そんなヴォラーレ社からApplivを成功させるまでにやった7つのSEO対策のノウハウを公開して頂きました。皆さんのサイト運営に活かせる情報が一杯ですので、ぜひ参考にしてみて下さい!

■目次:1000万PVのサイトを作るためにやった7つのSEO対策
【1】サイトを「構造化」する
【2】ページごとにターゲットキーワードを考える
【3】ページ群ごとにテンプレートを設計する
【4】ナビゲーションもコンテンツとして作る
【5】コンテンツのフォーマットを作る
【6】人力コンテンツはマニュアルを作り社内で制作
【7】リンク獲得戦略を考える

※以下、ヴォラーレ社開催のセミナーで話された事と、その時のスライドの一部を元に記事化してお届けします!

【1】サイトを「構造化」する

SEOにおいては、サイトを構造化させる事が重要です。構造化させると、Googleがそのサイトの事を「そのテーマに関する価値のあるサイトである」と見分けやすくなるのです。

Applivで具体的にやったこと

Applivでは、以下の図にあるようなピラミッド構造を作りました。

様々なテーマのアプリ記事があるため、「パズル」「旅行」「子育て」などのカテゴリーページを作り、その配下にさらに細分化したカテゴリーを何階層か作り、その一番下に記事が並ぶようにしました。

【補足】パンくずリストで構造を分かりやすくGoogleに伝える

構造化は、URL構造である「ディレクトリ」ではなく、リンク構造の「パンくず」を使って行います。ここはSEOをこれから勉強しようとする方は勘違いしやすいポイントです。GoogleはURLの内容はさほど重要視していないのです。

例えばApplivの場合、『じゃじゃじゃじゃん』というアプリのページがあります。パンくずは以下のように、かなり細かく構造化されています。

【2】ページごとにターゲットキーワードを考える

ピラミッド化されたページ群の中では、どのページでどんなキーワードを取るか考えましょう。コンテンツとそのタイトル次第である程度どんなワードが取れるか決まってきます。

Applivで具体的にやったこと

Applivでは以下のスライドのように、各ページ群でのターゲットキーワードを設計していました。
1101
TOPページでは「iPhoneアプリ」のようなビッグワードを、カテゴリーページのような中間ページでは「家計簿+アプリ」のような掛け合わせワードを、アプリ詳細ページでは「パズル&ドラゴンズ」のようなアプリ名やロングテールワードをターゲットキーワードに指定してあります。

【3】ページ群ごとにテンプレートを設計する

各ページのコンテンツ制作をしやすいように、ページ群ごとのテンプレートを設計します。この時、きちんとターゲットキーワードで上位表示させるように、いずれのページともにテキスト量を確保しておく必要があります。

Applivで具体的にやったこと

Applivでは、各ページ群ごとに、titleタグ、description、h1タグ、SEO用テキスト(本文に入れる文章)、URL、パンくずを決めます。例えばApplivの場合は以下のように決めていました。

■TOPページ
202
■カテゴリーページ
204
■アプリ詳細ページ
205

【4】ナビゲーションもコンテンツとして作る

ナビゲーションの設置はユーザビリティを上げるだけではなく、SEO対策上も有効です。そのためには「ナビゲーションもコンテンツとして考えてナビを作る」ことが大切です。

Applivで具体的にやったこと

ナビゲーションは、全ページ一緒にしてはいけません。きちんと、関連ページごとに出し分けするなどの対処を行えば、より独自性のあるページとしてGoogleから評価されやすくなります。

ですのでApplivでは、以下に図を掲載したように、レフトナビ・補助ナビを用いて関連ページが掲載されるようにしています。

■カテゴリーページでの、レフトナビ(=サイドバー)(※画像をクリックすると拡大)


■カテゴリーページでの、補助ナビゲーション(=ページ下)(※画像をクリックすると拡大)


■アプリ詳細ページでの、補助ナビゲーション(=ページ下)

ナビゲーションを作る時は、「関連しないコンテンツへは発リンクを渡さない」「全ページ一括のナビは使わず、ページ情報に合わせて個別具体性をもたせたナビを表示させる」といった事に注意すると良いでしょう。

ナビゲーションを作る時も手を抜いてはいけません。

【5】コンテンツのフォーマットを作る

まず、どのテンプレートで、どういったコンテンツを作るか?それぞれの文字数はどの程度か?などを決めます。これを決める事で、コンテンツを量産する時の運用がスムーズになります。

Applivで具体的にやったこと

Applivでは、各ページ群ごとに以下のようなレギュレーションを決めていきました。

【6】人力コンテンツはマニュアルを作り社内で制作

人力で作るコンテンツは、とにかくフローや仕様を標準化させて量産します。

Applivで具体的にやったこと

例えば、インストール時間を含めて「1アプリ24分で作成(=1日一人20個作成)」という制限時間を決めたり、以下の図にあるようなマニュアルを作ったりしました。


Applivのように、記事作成にあたり「アプリのインストールと利用」が必須になる場合は、品質を高めるために社内で制作する事も大事です。社内制作のほうが簡単にアプリをちゃんと利用した上で記事を書いているか確認しやすいからです。

「アプリのインストール・利用が必須」などの条件がない場合は、記事作成を外注して上手くやっている会社さんもありますが、体制はコンテンツの内容に合わせて内製・外注を検討すると良いでしょう。

【補足】コンテンツ大量生産のコストはどれくらいかかる?

ではこういった運用フローでコンテンツを量産する場合、どの程度のコストがかかるか?Applivの事例を以下のスライドでご紹介するので、皆さんも量産コンテンツを作る時の参考になさってみて下さい。

【7】リンク獲得戦略を考える

自分が運営するサイトは、誰からリンクを貰える可能性があるのかを考えます。

Applivで具体的にやったこと

Applivでは、リンクの獲得先を「1.アプリ開発者、2.アプリを探しているユーザー(=サイト利用者)、3.メディア関係者、4.その他」の4種類で定義しました。そして、以下のスライドで紹介しているように、どのページであれば、誰からリンクをして頂けそうか?をまとめていきます。

■被リンク獲得のターゲットと対象ページの整理

【補足】ターゲットにどうアプローチするか?

ターゲットを決めた後は、どこにどうアプローチしてリンクを獲得すれば良いか?初期フェーズと、軌道に乗った後では状況が異なるため、それぞれ説明します。

■初期フェーズ
Applivの初期フェーズでは、主に以下の3つのアプローチを取りました。リリースしたばかりの頃は、こういったリンク獲得のスキームを作り、能動的に働きかける必要があります。

(1)アプリ開発者に人海戦術でアプローチ
コーポレートサイトの「メディア掲載のお知らせ欄」などから、一定割合でリンクを頂ける。

(2)インタビュー&特集によるリンク獲得
インタビュー先の企業のコーポレートサイトの「メディア掲載のお知らせ欄」などからリンクを頂ける。

(3)話題性を起点としたリンク獲得
「資金調達」「事業強化」「新サービスリリース」などの話題でニュースメディアでの掲載を狙い、リンクを獲得する。

■軌道に乗った後
アクセスが増えて来てサイトが軌道に乗った後は、自然に被リンク獲得が増えていきます。

「コンテンツが増える事でアクセスが増え、アクセスが増える事で確率論的に被リンクを貰える機会が増え、被リンクが増える事でさらにアクセスが増える、という良いループが回る」ようになります。

ここまで来たら、後は待っているだけでも日々被リンクが増える状態になっているという事です。

SEO対策の効果

実際この方針で1年間運営してきたApplivのSEO状況はかなり良好です。以下のスライドをご覧頂くとわかりますが、他サイトと比べても自然検索からの流入が多いことが分かります。
※他サイトとApplivのSEO比較は、SimilarWebで分かる情報を元に作成してあります。
インデックス数が他サイトと比べて少ないにも関わらず、検索流入が多いのがその証明ですね。質の良い濃いページは、中身のないページの10倍の価値があるのです。

最後に

以上、Applivが月間1000万PVに成長するまでのSEO施策をご紹介してきましたが、SEOは地道な作業を継続的に行うことで、後から効果が出て来ます。まずは皆さんも出来る事からやってみて頂けたらと思います。




(取材先:ヴォラーレ株式会社、執筆/編集:井出)

Find Job! Startupを購読する

職種から求人情報を探す
Webエンジニア・Webプログラマ |  Webデザイナー・HTMLコーダー |  グラフィックザイナー・クリエイター |  Webディレクター・Webプロデューサー |  スマートフォンエンジニア |  ネットワークエンジニア・サーバーエンジニア |  フロントエンドエンジニア
スキルから求人情報を探す
PHP |  Perl |  Ruby |  Python |  Java |  JavaScript |  C言語 |  C++ |  MySQL |  PostgreSQL |  iPhoneアプリ |  Androidアプリ
企業名から求人情報を探す
 |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |  A |  B |  C |  D |  E |  F |  G |  H |  I |  J |  K |  L |  M |  N |  O |  P |  Q |  R |  S |  T |  U |  V |  W |  X |  Y |  Z
Copyright (C) 2015 mixi recruitment, Inc. all rights reserved.