グラフィックデザイナーの仕事内容

転職ガイド

グラフィックデザイナーの仕事内容

2014/10/15

e2871342.jpg

グラフィックデザイナーの仕事

雑誌・新聞・広告・ポスター・パッケージ・ファッション・インテリアなど、デザインをする仕事の総称です。メーカーや広告代理店、あるいは社内の企画担当者から依頼を受け、ディレクター、ライター、カメラマンなどと共同で作品を作っていきます。ひと昔前まではペンと紙を使っていましたが、現在では Photoshop、Illustratorなどのグラフィックソフトを用いるのが主流。実際のデザインワーク以外に、商品のコンセプトを決める会議に参加したり写真撮影に立ち合ったりと、企画・制作段階にタッチする場合もあります。

グラフィックデザイナーのやりがい・大変さ

クリエイティブ職の花形のようなイメージのある職業ですが、あくまでも依頼者の意向に応じた作品をつくるのが仕事。ギリギリのスケジュールの中で何回もやり直しを重ねていきますので、時には自信をなくしたり、理想と現実のギャップに悩んだりすることも……。それでも自分の手がけた作品がカタチとして世の中に残るのはやっぱり嬉しいもの。「いつかは売れっ子デザイナーに」という夢を胸に、今日も通勤電車の車内で、中吊り広告のデザインをじっくり研究しています。

グラフィックデザイナーになるには?

個人のセンスがものをいう仕事ではありますが、基本的なデザイン手法や印刷工程の基本などに関しては本を読むなどして学習しておいた方がいいでしょう。就職・転職先としてはデザイン事務所、メーカー、広告代理店などがありますが、異職種からの転身は難しいため、なるべく早く業界に潜り込んでおきたいところです。

グラフィックデザイナーに向いている人は?

  • ・デザインが好きでたまらない
  • ・他人の意見に耳を傾けることができる
  • ・納期に間に合うようスケジュール管理ができる

⇒この職種の求人情報を見る

ページトップへ