自宅が遠方なのは不利?

転職ガイド

自宅が遠方なのは不利?

2014/10/27
第一希望の企業は自宅から遠方にあります。これって不利ですか?
 前職の企業が郊外にあったため、住まいも通勤に便利な場所(郊外)に住んでいます。しかし、前職を退職し現在は転職活動中なのですが、希望企業の勤務地は都内で、遠距離通勤になりそうです…。住まいが遠方なのは採用ポイントとして不利なのでしょうか。

[K.Yさん(ネットワークエンジニア)/神奈川県・34歳・男性]

必要な人材であれば大きな問題ではない場合も。しかし不利なケースもあります。
一概にすべての企業が「遠方だから」という理由だけで不採用ということはありません。
もちろん、企業が「遠方居住者」という状況を差し置いても「欲しい」と思う人材やスキルの持ち主であればボトルネックにはならないでしょう。

 しかし、場合によって、遠方居住者は選考で不利になることもあるようです。
なぜなら、遠距離通勤の場合、勤務時間や業務に支障がでる可能性があるからです。ときによってはやむを得ない作業がある場合などで、たとえば終電の時間が早いため作業が思うようにできなくなる…などの懸念をイメージさせてしまう恐れもあります。

 また企業側が支払う交通費が高くなるのも、企業が敬遠する理由のひとつと考えられます。支給する交通費に上限を明記している企業もありますので、定期代などから企業が想定する通勤圏内かどうか目安として算出してみてはいかがでしょうか。

 ほかに打開策として「採用が決まったら、通勤に便利な場所に引っ越す」という検討や、面接時にその旨をアピールしてみるものよいかもしれません。
まずはすぐにあきらめず、ご自身の目標と実施可能な行動(引越しなど)を照らし合わせて応募を検討してみてはいかがでしょうか。

[Find Job !運営事務局 サポートチーム]

ページトップへ