退職の際、自分で交換した顧客の名刺は持ち出してよい?

転職ガイド

退職の際、自分で交換した顧客の名刺は持ち出してよい?

2014/10/28
退職の際、自分で交換した顧客の名刺は持ち出してよいものでしょうか?
 前任の担当者から顧客の名刺などを受け継ぎました。その後、自分で開拓していった新規顧客の名刺も多数あります。自分で新規開拓した顧客については転職先でも仕事につなげていきたいので、退職後に顧客名刺を持ち出したいのですが、問題ないでしょうか。

[S.Jさん(企画営業)/東京都・27歳・男性]

原則としては会社に返却するものです。
基本的に名刺は“個人”ではなく、“企業の担当者”と交換するものです。ご相談者が開拓された顧客も同様で、ご相談者個人ではなく、その企業の業務担当者として名刺を交換していることになります。
つまり交換した名刺は企業のものなのです。退職するということはその企業の業務から外れることになるので、後任の新たなる業務担当者へ渡して引き継ぐのがマナーです。「転職先でも活用したいから」という理由で持ち出したり、またコピーすることも禁じたい行為です。

しかし、これまでお世話になった顧客へお礼状を送付する場合もあるかと思いますので、その際は上司にその旨を伝え、理解してもらった上で連絡先などを書き控えることをお勧めします。

[Find Job !運営事務局 サポートチーム]

ページトップへ