グラフィックデザイナー 履歴書・職務経歴書の書き方

転職ガイド

グラフィックデザイナー 履歴書・職務経歴書の書き方

2014/10/15

クリエーター系の中でもとりわけ人気の高い職種ですので、応募者も殺到する傾向にあります。グラフィックソフトの技術・知識は重宝はもちろん、デザインセンスも大きなポイントになります。経験をしっかり記述しながら、あなたの個性が伝わるような履歴書が求められるでしょう。

グラフィックデザイナーのWeb履歴書 書き方

経験+デザインの個性がポイント。スキルを整理して十分アピールを
グラフィックデザイナーの応募資格にはIllustrator、Photoshopなどのグラフィック系ソフトの経験がほぼ必須となっています。オペレーターへの指示、クライアントとの打ち合わせなど、プロジェクト全般的に活躍を期待されるケースもありますので、デザイン経験にとどまらず、提案力・コミュニケーション能力が求められることも。今現在持っているスキル・経験をもう一度見つめ直し、どの部分をアピールするのか、自分なりの戦略を立てていきましょう。

【Point】
作品実績・コンセプト・成果などは整理して記載
未経験の場合は、経験の中で活かされそうなスキルをアピール
経験・スキル以外の自己ポイントを自己PR欄で伝えよう

プロフィール

正確に記入することを心がけましょう。住所も省略せず、氏名のフリガナ欄も忘れずに。メールアドレスに携帯用はNG。オフィシャルで利用するPCのアドレスを利用します。

スキル

使用経験のあるツールやソフトを記入します。経験年数、どのような業務で使用したのかなどを具体的に記入することで、採用担当者もイメージしやすくなり効果的です。

職歴

グラフィックデザイナーは、経験、クリエイティブなスキル・センスを重視される職種のひとつ。作品以外にも、実績・役割・仕事内容、評価など整理して書きこみましょう。

自己PR・志望動機

デザイナーとしての長所・強みとなる部分を伝えると共に、経験者ならこれまでの経験・スキルを、未経験なら経験を補うアピールポイントで、意欲の高さを伝えましょう。

グラフィックデザイナーのWeb履歴書 改善ビフォー&アフター

NGポイント
1.スキルの登録が少ないよう。希望職種に関連する項目や経験を見逃していませんか?
2.職歴は簡単な記入に終わっています。実績や評価のアピールを忘れていませんか?
3.自己PRは熱意だけではアピールになりません。応募ごとに同じPR文を使っていませんか?
⇒NGサンプルはコチラ

改善ポイント
1.ソフトなど経験スキルが細かく記入され、アピール力がグンと増しました。
2.職種は具体的に。作品内容・役割・取り組みなど具体的に分かりやすくなりました。
3.自己PRは志望動機も明記。応募企業にあわせて効果的な自己アピールができました。
⇒改善サンプルはコチラ

今すぐweb履歴書を更新する
グラフィックデザイナーの関連求人一覧を見る

ページトップへ