DTPオペレーター 履歴書の書き方

転職ガイド

DTPオペレーター 履歴書の書き方

2014/10/15

未経験者を採用している企業も多く、キャリア次第ではデザイナーへのステップアップが可能であるため、人気が高い職種のひとつです。もちろんDTPソフト(QuarkXpress,InDesignなど)の実務経験やDTP関連資格を持っていると、転職活動に有利となるケースが多いようです。

DTPオペレーターのWeb履歴書 書き方

出版・印刷業界の人気職種。経験者・未経験者ともに需要多し。求人広告から、求めている人材像を読み取ろう!
経験者の場合は、制作した印刷物を具体的に提示するとともに、担当業務も忘れずに記載しましょう。ソフトウェアの使用経験の記入は必須ですが、バージョンや内容まで細かく記入するとより効果的なアピールになります。その企業がオペレーション能力とデザインセンス、どちらをより重視しているのかを求人広告から見極め、適切にアピールしてください。未経験者にはパソコンの基本操作と、細かい作業を長時間続けられる根気強さが求められる傾向にあります。DTPや印刷技術の基本知識についても事前にチェックしておき、学習意欲を履歴書に盛り込んでいきましょう。

【Point】
自分が担当した媒体・業務範囲を明確に記載しよう
オペレーションorクリエイティブ、得意分野を明確にしよう
未経験の場合は、学習意欲についても積極的にアピールしよう

プロフィール

正確に記入することを心がけましょう。住所も省略せず、氏名のフリガナ欄も忘れずに。メールアドレスに携帯用はNG。オフィシャルで利用するPCのアドレスを利用します。

スキル

得意分野とスキルレベルを、採用担当者が明確にイメージできるよう心掛けます。特にアピールしたい経験や、自信のあるスキルは補足欄を活用しましょう。

職歴

どのようなスキルを得たか、または発揮したかなどキャリアの強みとなる部分を伝えます。使用したソフトウエアの種類、経験年数、習得レベルもアピールしましょう。

自己PR・志望動機

できるだけ具体的な事実に関連付けたPRを。志望動機は採用担当者が納得いくものになっているか、客観的な視点でのチェックを忘れずに。

DTPオペレーターのWeb履歴書 改善ビフォー&アフター

NGポイント
1.アピールできる資格やスキルを見落としていませんか? 少しでも関連があれば記入を!
2.内容が抽象的になっていませんか? 職歴の羅列では何を得たのかが分かりません。
3.熱意は分かりますが、それだけで採用はされません。説得力のある材料が必要です。
⇒NGサンプルはコチラ

改善ポイント
1.自己啓発に関する記述を充実させ、内容に厚みを持たせました。
2.具体的な事実や実績を加えることにより、どんな媒体に従事したのかイメージしやくなりました。
3.具体的な事実をまじえることで、「会ってみたい」と思わせる履歴書になりました。
⇒改善サンプルはコチラ

今すぐweb履歴書を更新する
DTPオペレーターの関連求人一覧はこちら

ページトップへ