CADオペレーター 履歴書の書き方

転職ガイド

CADオペレーター 履歴書の書き方

2014/10/15

建築物から精密部品、インテリアまで、様々な分野の設計・製図をCAD用のソフトで作成する仕事です。専門性が高い職種ではありますが、未経験者でも挑戦できる求人も多数あるため、企業の募集背景・求める人材像をきちんと把握して、履歴書に記載する内容の構想を練っていきましょう。

CADオペレーターのWeb履歴書 書き方

需要は高い。キャリアチェンジも可能な職種のため、仕事への意欲を積極的にアピール。
即戦力として経験者を望まれるケースが目立つ職種ですが、中には修正作業をメインとする仕事もあるので、基本的な知識があればチャレンジは可能です。トレーサーからCADオペレーターへ転身を果たすなど、キャリアチェンジを成功させた事例もあります。自分のスキルをきちんと整理し、過不足なく応募書類に反映させましょう。未経験の場合は自分の経験を書き出し、特徴的であったり、CADオペレーターの仕事に活かされそうな事柄をピックアップしましょう。買い手市場の今こそ、チャンスをモノにしてください。

【Point】
実務経験者はスキルとキャリアを分かりやすくまとめよう
未経験者は仕事に生かせそうな性格・経験をアピールしよう
仕事に対する意欲をしっかりアピールしよう

プロフィール

正確に記入することを心がけましょう。住所も省略せず、氏名のフリガナ欄も忘れずに。メールアドレスに携帯用はNG。オフィシャルで利用するPCのアドレスを利用します。

スキル

CADオペレーターは実務経験を重視される職種のひとつ。携わったツールやソフトのレベルなどを明確に記入します。資格はチャレンジ中の場合も含め、必ずアピール。

職歴

どのような企業の、どのような環境で仕事をしてきたか。業務内容や成果だけでなく、背景部分も書き加えていくと、よりイメージしやすい内容に仕上がります。

自己PR・志望動機

「精密な作業を正確に能率よく続けられる」というCADオペレーターの資質を、自分の長所やスキルとリンクさせましょう。将来のビジョンを語る場としても活用したい項目です。

CADオペレーターのWeb履歴書 改善ビフォー&アフター

NGポイント
1.スキルの登録が少ないよう。希望職種に少しでも関連する項目や経験を見逃していませんか?
2.職歴が簡単な記入で終わっています。せっかくの経験が採用担当者には伝わりません。
3.自己PRは同じ文を使い回してはいませんか? 応募意欲やあなたの魅力が伝わりません。
⇒NGサンプルはコチラ

改善ポイント
1.資格や自己啓発などを充実させることで、内容に厚みを持たせることに成功しました。
2.職種欄は具体的に。どんな仕事に従事したのかイメージしやくなりました。
3.仕事への意欲、人間的魅力などをバランスよく印象づける印象づけることができました。
⇒改善サンプルはコチラ

今すぐweb履歴書を更新する
CADオペレーターの関連求人一覧を見る

ページトップへ