プログラマ 履歴書・職務経歴書の書き方

転職ガイド

プログラマ 履歴書・職務経歴書の書き方

2014/10/15

企画やSEが作成した仕様書や設計書に基づいて、プログラミング業務を行うのがプログラマ。未経験の求人募集も多くあり、経験の少ない場合でも基本的な知識を持っていれば、アピールポイントになるケースもあります。

プログラマのWeb履歴書 書き方

「基本スキル」「携わったプロジェクト」「将来のビジョン」をバランスよく!
プログラマといっても企業により開発言語や環境、担当範囲など実際の業務が異なりますので、まずは募集要項をよく読むことから始めましょう。プログラマは、比較的、他のエンジニア系職種ほど経験年数は必要とされませんので、技術的センスやポテンシャルの高さ、熱意などを如何に伝えられるかが重要です。経験(学習)してきたスキルを伝えることはもちろんですが、自分の理想の将来像から逆算し、そのために何をしていきたいかという具合に論理立ててアピールできると効果的です。

【Point】
開発言語や資格の記述は基本にすぎないと考えよう。
プロジェクトによって自分がどう成長したかを伝えよう。
企業・業界に応じてアピールポイントを整理しよう。

プロフィール

誤字脱字がないように、正確に記入しましょう。住所は省略せず、氏名のフリガナ欄も忘れずに。メールアドレスは、企業からの連絡がきちんと受け取れるアドレスを入力しましょう。ドメイン指定などの設定に注意しましょう。

スキル

未経験の場合は、取得している資格や今現在チャレンジしている学習内容を加えることでカバーしましょう。開発言語だけでなく、各種フレームワークやチーム開発で必要なツールの知識、また、仕事に対する意識の高さをアピールすることも大切です。

職歴

プロジェクトの期間や規模、あなたのポジションと業務内容を必ず盛り込みましょう。業務テーマの項目を立てると、全体を踏まえて業務に取り組んでいる姿勢が表せます。

自己PR・志望動機

自分の理想のエンジニア像を掲げ、向上心を伝えましょう。その際、企業の募集背景・求める人物像とリンクさせて書くとより効果的です。

プログラマのWeb履歴書 改善ビフォー&アフター

NGポイント
1.基本情報が不足しており、スキルがイメージしにくい内容になってしまっています。
2.職歴の羅列だけになってしまい、セールスポイントが不明瞭でインパクトに欠けます。
3.自己PRがやる気のみのアピールになっています。説得力のある材料でアピールしましょう。
⇒NGサンプルはコチラ

改善ポイント
1.経験スキルが細かく記入し得意分野を記載したことで、アピール力がグンと増しました。
2.背景・数値など具体的なデータも加えることにより、内容にリアリティが出ました。
3.仕事への意欲、人間的魅力などをバランスよく印象づけることができました。
⇒改善サンプルはコチラ

今すぐweb履歴書を更新する
プログラマの関連求人一覧を見る

ページトップへ