Webプロデューサー 履歴書・職務経歴書の書き方

転職ガイド

Webプロデューサー 履歴書・職務経歴書の書き方

2014/10/16

 Webプロデューサーは、Webサービスやスマホアプリの管理や運営の他、立ち上げプロジェクトのリーダーとして、各関係者との調整やリソースを管理しながらチームを成功に導いたり、ユーザー拡大や利用促進のプロモーション施策の企画・実施など、様々な知識や能力が要求される職種です。経験したプロジェクトの分野や内容、必要なツールの利用経験や、メンバーをまとめあげるリーダーシップに重点を置いて書き進めていきましょう。

WebプロデューサーのWeb履歴書 書き方

プロジェクト内容・役割は明確に。スキル・経験は簡潔に記載。
Webプロデューサーという職種は、担当する業務がその企業や部署によって異なるケースがしばしばあります。すなわち、それまでの経験や業務内容を明記しただけでは、採用担当者の目を引くことは難しい職種といえます。大切なのは、どんなプロジェクトを、どの程度経験してきたかを伝え、そこで身につけた知識や経験をアピールすることです。即戦力を期待される職種のため、未経験の場合は、今までの経験がどのような形で活かせるかなどの自己PRに注力することをおすすめします。リーダーとしての資質も必要とされる職種のため、コミュニケーション能力や推進力に優れている事などを積極的にアピールしましょう。

【Point】
実際に経験したプロジェクトの規模や期間、担った役割を明確に。
どんな経験・スキルを身につけたかを具体的に!
経験・スキル以外のことは自己PR欄でアピール!

プロフィール

誤字脱字に注意して、正確に記入しましょう。住所も省略せず、氏名のフリガナ欄も忘れずに。メールアドレスは、企業からの連絡がきちんと受け取れるアドレスを入力しましょう。ドメイン指定などの設定に注意しましょう。

スキル

Webプロデューサーとしてのスキルはもちろん、実務経験は少なくても開発や制作経験があれば、興味分野として採用担当に伝わりますので、積極的にチェックしましょう。業務に関係ないと思われるものでもアピールを。

職歴

「どのような業務」を「どの程度行ってきたか」かが重要視されます。従事した具体的なプロジェクト名やサイト名、業務の範囲、実績などをアピールしましょう。

自己PR・志望動機

転職の背景や動機、興味を持っていること、他人より優れている能力などをきちんと伝えます。未経験の場合は、経験を補うポイントをアピールしながら、自分がどんな仕事をしていきたいかなど意欲を表現しましょう。

WebプロデューサーのWeb履歴書 改善ビフォー&アフター

NGポイント
1.スキルの登録が少ない。希望職種に少しでも関連する項や経験を見逃していませんか?
2.職歴が簡単な記入に終わっています。せっかくの経験が採用担当者には伝わりません。
3.自己PRは単に熱意を羅列してもアピールにはなりません。論理性・具体性が必要です。
⇒NGサンプルはコチラ

改善ポイント
1.スキルが十分に登録され、経験が浅いものや勉強中のスキルも追加されアピール力が増しました。
2.職種名に役割を記載。どんな仕事に従事していたのかイメージしやくなりました。
3.自己PRは志望動機も明記。採用担当者に「会ってみたい」と思わせる自己アピールができました。
⇒改善サンプルはコチラ

今すぐweb履歴書を更新する
Webプロデューサーの関連求人一覧を見る

ページトップへ