Webディレクター 履歴書・職務経歴書の書き方

転職ガイド

Webディレクター 履歴書・職務経歴書の書き方

2014/10/16

デザイナーやプログラマなどをまとめ、サイトが完成するまでのディレクション業務を行うのがWebディレクターです。多岐にわたる経験が求められる職種であり、それまでの経験分野やスキルが採用の決め手になることが多い職種です。

WebディレクターのWeb履歴書 書き方

経験分野やスキルを明確にすることで差別化を。推進力や実績、熱意をアピール。
規模・業界を問わず、これまで参加したプロジェクト内で、どんな役割を果たし、どのような結果を出してきたかをまずアピールしましょう。即戦力を期待される職種のため、知識や経験のほか、コミュニケーション能力、柔軟性や忍耐力、などの性格的な長所をアピールすることで成功した例もあります。大切なことは、経験してきた年数よりも、業務の内容やどんなスキルを身につけてきたか、またどれだけやる気に満ちているかを、しっかりと採用担当者に理解してもらうことです。

【Point】
まずは経験してきたプロジェクトの規模や年数を整理しよう。
プロジェクトでの自分の役割・成果などを把握しよう。
経験やスキル以外の能力を自己PR欄でアピールしよう。

プロフィール

誤字脱字がないように、正確に記入しましょう。住所は省略せず、氏名のフリガナ欄も忘れずに。メールアドレスは、企業からの連絡がきちんと受け取れるアドレスを入力しましょう。ドメイン指定などの設定に注意しましょう。

スキル

具体的にこれまでどんな仕事をしてきたかが重要視される職種です。取得スキル・言語などはもちろん、ディレクションや制作経験なども積極的にアピールしましょう。

職歴

職歴の羅列ではなく、どのようなプロジェクトで、どんな業務に携わったか、またその経験の中から何を得られたかなど、あなた自身のキャリアをしっかりと伝えましょう。

自己PR・志望動機

転職の背景や動機、興味を持っていること、他人より優れている能力などをきちんと伝えます。また将来のキャリアビジョンなどを明確にして、自分がどんな仕事をしていきたいかなど意欲をアピールすることも忘れずに。実務未経験の場合でも、経験を補う、業界知識や他職種での経験、熱意などをアピールすると採用担当者の目に留まるかもしれません。

WebディレクターのWeb履歴書 改善ビフォー&アフター

NGポイント
1.スキルの登録が少ない。せっかくの保有技術も記入しなければアピールにつながりません。
2.簡単な業務経験の記入だけに終始しています。スキルや経験が採用担当者には伝わりません。
3.自己PR欄は、単に熱意だけを羅列してもアピールにはなりません。
⇒NGサンプルはコチラ

改善ポイント
1.詳細なスキル登録はもちろん、業務経験や勉強中のスキルも追加され、アピール力がぐんと増しました。
2.職歴に具体性をプラス。プロジェクトの経験やどんな仕事に従事したのかイメージしやくなりました。
3.志望動機も明記するなど、採用担当者に「会ってみたい」と思わせる自己アピールができました。
⇒OKサンプルはコチラ

今すぐweb履歴書を更新する
Webディレクターの関連求人一覧を見る

ページトップへ