Web運営・コンテンツ編集 履歴書の書き方

転職ガイド

Web運営・コンテンツ編集 履歴書の書き方

2014/10/16

Webの発達によって生まれた、比較的新しい職種の1つです。企業によって業務は異なりますが、サイトの運用および更新業務がメインとなるため、Webにおける様々なジャンルの知識・技術が求められます。ディレクションスキルはもちろんですが、ライティング、写真撮影、デザインなど、クリエーター系のスキルが求められる場合もあります。

Web運営・コンテンツ編集のWeb履歴書 書き方

企業によって求めるスキルは様々。まずは広告をよく読んで見極めを!
サイトの企画に関わるものから更新がメインのものまで、業務の領域は企業によって異なっています。そのため、まずはその企業が求めているスキルを求人広告から読み取り、自分のスキルと合致するかどうかを判断することが大切です。ただいずれの場合も、Webに関する一般的・総合的な知識を持っている人の方が転職には有利といえるでしょう。もちろん、独学でも何らかのアプリケーションスキルがあれば大きなアピールポイントになりますので、忘れずにアピールすることを心がけましょう。

【Point】
Webに関するあなたの興味・知識・経験を具体的に記述しよう
Web以外の業務もアピールになりうるので積極的に記述しよう
将来のビジョンなどを記述して熱意をアピールしよう

プロフィール

正確に記入することを心がけましょう。住所も省略せず、氏名のフリガナ欄も忘れずに。メールアドレスに携帯用はNG。オフィシャルで利用するPCのアドレスを利用します。

スキル

それまでに携わったツールやソフトを記入します。特別なものや自信があるもの、Webと関係のないスキルなどは補足欄を活用することも効果的です。

職歴

職歴の羅列ではなく、どのようなサイトで、どんな役割を果たしてきたか、またその成果も記入し、あなた自身のキャリアをしっかりと伝えましょう。

自己PR・志望動機

Webに関する入門的な職種でもありますので、将来の方向性などを明記しておくと、より好印象を与えることができそうです。

Web運営・コンテンツ編集のWeb履歴書 改善ビフォー&アフター

NGポイント
1.アピールできる資格やスキルを見落としていませんか? 少しでも関連があれば記入を!
2.内容が抽象的になっていませんか? これでは前職で何を得たのかが分かりません。
3.記入が少なくありませんか? ポテンシャル重視の採用も多いので、熱意をきちんとアピールしましょう。
⇒NGサンプルはコチラ

改善ポイント
1.スキル補足欄を有効に使うことで、より充実した履歴書になりました。
2.具体的な実務を細かく打ち出すことで、これまでの経験がアピールできています。
3.自己PRも充実し、採用担当者に「会ってみたい」と思わせる履歴書になりました。
⇒改善サンプルはコチラ

今すぐweb履歴書を更新する
Web運営・コンテンツ編集の関連求人一覧を見る

ページトップへ