アートディレクター 履歴書の書き方

転職ガイド

アートディレクター 履歴書の書き方

2014/10/16

アートディレクターはビジュアル表現の責任者として、媒体のデザイン等を統括していく仕事です。雑誌や広告をフィールドにしているイメージがありますが、コンテンツビジネスの成熟により、WebサイトやFlashコンテンツにも活躍の場が生まれているため、今後も需要が高まることが予想されています。

アートディレクターのWeb履歴書 書き方

クリエイティブに関する広範な知識と確かな経験を余すことなくアピールしよう!
アートディレクターの業務は企業によって異なり、実際に自ら手を動かす場合とディレクションに専念する場合があります。ただ、共通して求められるのは、クリエイティブに関する広範な知識と確かな経験。その部分を過不足なくアピールしつつ、広告から企業が必要としている人材を読み取り、履歴書で記載する内容や重点を置く部分を調整していきましょう。

【Point】
スキルや経験を整理し、成果や評価までを記入しよう
これまで担当してきた業務と、これからの目標をバランスよく明記しよう
自己PR欄でマネジメントスキルについて述べるのを忘れずに!

プロフィール

正確に記入することを心がけましょう。住所も省略せず、氏名のフリガナ欄も忘れずに。メールアドレスに携帯用はNG。オフィシャルで利用するPCのアドレスを利用します。

スキル

使用経験のあるツールやソフトを記入するのはもちろんですが、特に自分の得意分野が明確になるように記述しましょう。

職歴

手がけた作品を提示しながら、そこに自分がどのような立場で関わったかを明記しましょう。ディレクションやマネジメントのスキルについての言及も忘れずに。

自己PR・志望動機

センス・スキルはもちろん、ディレクターとしての視野の広さや管理能力についても述べましょう。具体的なエピソードや、説得力のある数字があるとなお有利です。

アートディレクターのWeb履歴書 改善ビフォー&アフター

NGポイント
1.スキルの登録が少ないようです。せっかくの保有技術も記入しなければアピールにつながりません。
2.職歴が簡単な紹介だけに終始しています。これでは、スキルや経験が採用担当者には伝わりません。
3.自己PR欄は、単に熱意だけを羅列してもアピールにはなりません。
⇒NGサンプルはコチラ

改善ポイント
1.詳細なスキル登録はもちろん、業務経験や勉強中のスキルも追加され、アピール力がぐんと増しました。
2.職歴に具体性をプラス。仕事内容や役割の記載など、どんな仕事に従事したのかイメージしやくなりました。
3.志望動機も明記するなど、採用担当者に「会ってみたい」と思わせる自己アピールができました。
⇒改善サンプルはコチラ

今すぐweb履歴書を更新する
アートディレクターの関連求人一覧を見る

ページトップへ