転職ガイド

営業 履歴書の書き方

2014/10/16

「営業」とひとくちに言っても、仕事内容はさまざまです。そのために要求される経験・知識・能力は各企業によって異なっているケースが多いようです。大切なのは「ウチで活躍できそうなスキル・経験を持っていそう」と採用担当者に思わせること。希望の業界や業種の特性を把握し、アピールポイントをしっかり整理しましょう。

営業のWeb履歴書 書き方

営業スタイル・実績など、必要な情報をきちんとまとめるのがカギ!
各企業によって求められる能力や経験は異なりますが、基本的にアピールする要素は共通しています。それは、どんな商品やサービスを、どんな顧客に、どのような手法で営業実績をあげてきたか?ということです。営業経験の中には営業戦略や創意工夫があったはずで、何を売ってきたかより、どう売ってきたかをきちんと表現すべきでしょう。もちろん、企画力、提案力、コミュニケーション能力、課題解決能力など、数値で表すことが難しい事柄も、経験やスキルのアピールになります。同時にリーダーの資質も必要とされる職種のため、コミュニケーション能力やリーダーシップに優れている事などを積極的にアピールしましょう。

【Point】
営業経験がある場合は、これまでの実績を具体的に記入する
具体的な売上額・社内表彰などを盛り込むことで営業力をアピール
経験・スキル以外のポイントを自己PR欄できちんと伝える

プロフィール

正確に記入することを心がけましょう。住所も省略せず、氏名のフリガナ欄も忘れずに。メールアドレスに携帯用はNG。オフィシャルで利用するPCのアドレスを利用します。

スキル

営業職に関連がないと思われる内容も含め、全ての業務を洗い出しアピールポイントがないか探し出します。自分の強みを打ち出し、他との差別化を図りましょう。

職歴

商材、顧客、エリア、営業スタイル、業績・実績など営業活動を項目別に分けます。採用担当者にイメージしてもらえるよう、成果をわかりやすくアピールしましょう。

自己PR・志望動機

長所や優れた能力などを伝えます。志望動機と将来のビジョンは一貫性をもって明確・具体的に。今後どんな仕事をしていきたいかなどを意欲的に表現しましょう。

営業のWeb履歴書 改善ビフォー&アフター

NGポイント
1.スキルの登録が少ないよう。希望職種に少しでも関連する項目や経験を見逃していませんか?
2.職歴は簡単な記入に終わっています。実績や評価のアピールを忘れていませんか?
3.自己PRは単に熱意を羅列してもアピールにはなりません。論理性・具体性が必要です。
⇒NGサンプルはコチラ

改善ポイント
1.スキルがグンと登録されました。経験や勉強中のスキルも追加しアピール力が増しました。
2.職種に役割を記載。営業活動を項目別に分け、どんな仕事を経験してきたのかイメージしやくなりました。
3.自己PRは志望動機も明記。採用担当者に「会ってみたい」と思わせる自己アピールができました。
⇒改善サンプルはコチラ

今すぐweb履歴書を更新する
営業の関連求人一覧を見る

ページトップへ