転職ガイド

営業事務 履歴書の書き方

2014/10/16

スムーズな営業オペレーションが遂行できるよう、サポートするのが営業事務の役割です。セールス拡大に貢献する最前線のポジションで目標に向かっていく一体感、達成感は大きく、やり甲斐のある仕事といえます。分野を問わず需要があるため、活躍フィールドの広い職種です。

営業事務のWeb履歴書 書き方

スキル・経験が重視される職種。業務意識の高さをアピールしよう
業界・分野を問わず実務経験が重要視されるなど実力が求められるケースが多いようです。しかし異業種や未経験からの応募受け入れを整えている企業もあるので、経験が浅い場合でも気負わず、誠実さ・学びたい意欲をアピールにしてみましょう。経験者は過去の仕事内容やスキルを具体的に書き込み、業務意識の高さを伝えることで、採用担当者の印象に残るよう差別化を図りましょう。

【Point】
これまでの実務の棚卸しからスキルや仕事内容を確認
任された業務、経験から何を身につけたか分析
経験・スキル以外のポイントを自己PR欄でアピール

プロフィール

正確に記入することを心がけましょう。あなたの基本データですから、住所も省略せず氏名のフリガナなど細かい部分も正確に。アドレスは携帯ではなくPCを利用します。

スキル

使用経験のあるツールやソフトを記入します。特にオフィス系のアプリケーションの記入漏れがないように気をつけましょう。

職歴

「どのような仕事をしてきたか?」「何を身に付けたか?」といった内容が一目で分かる工夫をしましょう。文章は簡潔に、アピールポイントは詳細に、が基本です。

自己PR・志望動機

差別化が図れる自己PR欄は、積極的に活用しましょう。転職理由と志望動機は内容がリンクするように、自分の長所・能力も明記を。将来の仕事の意欲も表現しましょう。

営業事務のWeb履歴書 改善ビフォー&アフター

NGポイント
1.スキルの登録が少ないよう。勉強中の資格やスキルなど希望職種に関するものを見逃していませんか?
2.職歴は簡単な記入に終わっています。箇条書き程度の記載では流し読みされてしまいます。
3.自己PRの記載が少なすぎませんか? 志望動機・応募への意欲をもっとアピールしましょう。
⇒NGサンプルはコチラ

改善ポイント
1.スキルがグンと登録されました。具体的なソフトの経験のスキルも追加しアピール力が増しました。
2.職種欄は具体的に。どんな仕事に従事したのかイメージしやくなりました。
3.自己PRは志望動機・意欲も明記。担当者に「会ってみたい」と思わせる自己アピールができました
⇒改善サンプルはコチラ

今すぐweb履歴書を更新する
営業事務の関連求人一覧を見る

ページトップへ