秘書 履歴書・職務経歴書の書き方

転職ガイド

秘書 履歴書・職務経歴書の書き方

2014/10/17

社長や役員と行動を共にし、スケジュール管理や連絡業務、書類作成、情報収集などを行う仕事です。企業によっては専門的な知識が求められたり、日常英会話が必要であったりと、必須スキルにはかなりの違いが見られますので、求人広告をしっかりと読み込みましょう。

秘書のWeb履歴書 書き方

実務経験とヒューマンスキルをバランスよくアピール!
時には社長や役員の代理としての役割を求められる仕事であるため、一般的には実務経験が重視されます。また、それ以上に様々な業務をこなせるフレキシブルさ、突発的な事態にも冷静に対処できる判断力といったスキルが大切になってきます。経験とヒューマンスキル、両面からバランスよくアピールすることを心掛けましょう。未経験の場合は秘書職につながりそうな経験、現在取り組んでいる事などを盛り込み、仕事に対するポテンシャルの高さをアピールしましょう。「秘書技能検定」などの資格を取得しておくのも有効です。

【Point】
任された業務の範囲と内容、身につけたスキルを説明しよう
自分の長所など、ヒューマンスキルをきちんと訴えよう
資格取得や自己啓発に関する取り組みも積極的にアピールしよう

プロフィール

あなたの基本データですから、氏名のフリガナ欄など細かい部分も正確に。書類の細部まで気を配る姿勢は、秘書の採用において判断基準となる可能性があります。

スキル

対外的なコミュニケーション能力や気配りといった、実務経験以外にも求められるスキルは多々あります。関係ないと思われる経験も前向きにチェックしましょう。 

職歴

どのような業務に携わったか、その経験から何を得たかなど、できるだけ具体的に記述します。あなた自身の強みとなるキャリアを、しっかりと伝えましょう。

自己PR・志望動機

自分の長所と短所を客観的に把握し、秘書という職務への適性を述べましょう。仕事への意欲も自己PR欄でしっかりアピールを!

秘書のWeb履歴書 改善ビフォー&アフター

NGポイント
1.アピールできる資格やスキルを見落としていませんか? 少しでも関連があれば記入を!
2.内容が抽象的になっていませんか? これでは前職で何を得たのかが分かりません。
3.熱意は分かりますが、それだけで採用はされません。説得力のある材料が必要です。
⇒NGサンプルはコチラ

改善ポイント
1.資格や自己啓発などを充実させることで、充実した履歴書になりました。
2.具体的な実務を細かく打ち出すことで、これまでの経験がアピールできています。
3.自己PRと仕事に対する意欲を書き分け「会ってみたい」と思わせる履歴書になりました。
⇒改善サンプルはコチラ

今すぐweb履歴書を更新する
秘書の関連求人一覧を見る

ページトップへ