ユーザーサポート 履歴書・職務経歴書の書き方

転職ガイド

ユーザーサポート 履歴書・職務経歴書の書き方

2014/10/17

電話やメールで問い合わせを受けたり、トラブルシューティングを行う仕事です。コミュニケーション能力が必須とされるため、接客サービス、営業など人と接する仕事全般の経験を生かすことができます。比較的新しい職種なので、未経験からのチャレンジでも多くの成功例があります。

ユーザーサポートのWeb履歴書 書き方

実務経験の記載に加え、ヒューマンスキルのアピールも忘れずに!
それまでに経験したサポート業務の詳細、得られたスキルや成果を分かりやすくまとめアピールしましょう。使用していたツール・問い合わせの内容・1日あたりの対応件数など、より具体的に書くことで相手に伝わりやすくなります。チームリーダーや指導役など、付随する業務で任された経験があれば積極的にアピールしましょう。コミュニケーション能力や、仕事に対するモットーなど、ヒューマンスキルについて触れることも忘れずに!

【Point】
携わってきたサポート業務の内容をきちんと説明しよう
スキルやキャリアを整理し、成果や評価まで記入しよう
自分の強みとなるポイントを重点的にアピールしよう

プロフィール

正確に記入することを心がけましょう。住所も省略せず、氏名のフリガナ欄も忘れずに。メールアドレスに携帯用はNG。オフィシャルで利用するPCのアドレスを利用します。

スキル

多くの人と接する仕事のため、コミュニケーション能力など実務経験以外の能力も重視されます。職場のまとめ役、リーダー経験などの記載も効果的です。

職歴

業界や担当した業務、役割から成果・実績といった基本情報をおさえた上で、工夫した点、経験から得たものなど、次のステップへ繋がる書き方でまとめましょう。

自己PR・志望動機

対人能力を求められる職種のため、客観的な視点でアピールします。自分の性格が、その仕事に貢献できるという接点を見つけることが大切です。

ユーザーサポートのWeb履歴書 改善ビフォー&アフター

NGポイント
1.スキルの登録が少ないよう。希望職種に少しでも関連する項目や経験を見逃していませんか?
2.箇条書きの羅列だけではメリハリがなく流し読みされてしまいます。実績や評価のアピールを!
3.自己PRの記載が少なすぎませんか? 志望動機・応募への意欲をもっとアピールしましょう。
⇒NGサンプルはコチラ

改善ポイント
1.自己啓発に関する記述を充実させ、内容に厚みを持たせることに成功しました。
2.職種欄は具体的に。どんな仕事に従事したのかイメージしやくなりました。
3.仕事に対する姿勢や経験など、アピールポイントが伝わるようきちんと整理されました。
⇒改善サンプルはコチラ

今すぐweb履歴書を更新する
ユーザサポートの関連求人一欄を見る

ページトップへ