ライター・コピーライター 履歴書・職務経歴書の書き方

転職ガイド

ライター・コピーライター 履歴書・職務経歴書の書き方

2014/10/17

雑誌・Webサイト・広告・ポスター・カタログ・パンフレットなど、その活躍領域は非常に広い職種です。ただし、採用側が即戦力を希望するケースが多いため、憧れや興味だけでの転職は難しい職種であるといえます。多くの実績や経験、または未経験をカバーできる意欲や知識、現在の取り組みのアピールが必要となります。

ライター・コピーライターのWeb履歴書 書き方

経験やスキルを中心に、応募先の業界に対する知識・意欲をアピール!
ライティング業務の専任として活躍するケースもありますが、多くの企業は、ページの企画、取材、編集、クライアントに対するプレゼンテーションなど、幅広い業務を要求しています。表現のみに固執するのではなく、知識吸収とアウトプットをバランスよくできる人材が求められるといえるでしょう。コミュニケーション能力も欠かすことのできないスキルです。履歴書においても単に実績や完成をアピールするだけでなく、建設的な自己PRが求められます。

【Point】
自分が担当した媒体・業務範囲を明確に記載しよう
専門的な知識や経験を持っている場合は、忘れずに記載しよう
未経験の場合は、人物像についても積極的にアピールしよう

プロフィール

正確に記入することを心がけましょう。住所も省略せず、氏名のフリガナ欄も忘れずに。メールアドレスに携帯用はNG。オフィシャルで利用するPCのアドレスを利用します。

スキル

執筆経験分野や内容を中心に、企画経験、取材経験などの実務スキルをアピール。それと同時に、経験の中で得たヒューマンスキルにも触れていきましょう。

職歴

作品・業務の実績を忘れずに記載しましょう。その経験から何を得たかなど、できるだけ具体的に記述します。

自己PR・志望動機

クリエーターとしてのポテンシャルの高さ感じさせるエピソードや、転職希望業界に対しての知識・興味などをバランスよく盛り込んでいきましょう。

ライター・コピーライターのWeb履歴書 改善ビフォー&アフター

NGポイント
1.アピールできる資格やスキルを見落としていませんか? 少しでも関連があれば記入を!
2.内容が抽象的になっていませんか? 職歴の羅列では何を得たのかが分かりません。
3.熱意は分かりますが、それだけで採用はされません。説得力のある材料が必要です。
⇒NGサンプルはコチラ

改善ポイント
1.自己啓発に関する記述を充実させ、内容に厚みを持たせました。
2.具体的な事実や実績を加えることにより、どんな媒体に従事したのかイメージしやくなりました。
3.自己PRと仕事に対する意欲を書き分け「会ってみたい」と思わせる履歴書になりました。
⇒改善サンプルはコチラ

今すぐweb履歴書を更新する
ライター・コピーライターの関連求人一覧を見る

ページトップへ