ITインストラクター 履歴書・職務経歴書の書き方

転職ガイド

ITインストラクター 履歴書・職務経歴書の書き方

2014/10/17

 ITの普及にともない、年々需要が高まっている職種です。基本的なソフトの操作方法から、専門的なデモンストレーションまで、業務範囲はさまざま。即戦力としての知識や実力を求められることはもちろんですが、人を指導する仕事への適性、コミュニケーション能力、教務内容への理解度なども採用のポイントになります。

ITインストラクターのWeb履歴書 書き方

需要は年々増。経験・適性・資格を積極的にアピールしよう!
インストラクター職にはレベルに応じてさまざまな資格・認定制度があり、必須条件として募集要項に含まれているケースも少なくありません。ただ、最大のポイントは「教え方が上手なこと」をいかにして伝えるかに尽きます。資格や経験年数をおさえるのは大切ですが、そこに頼り過ぎないようにしましょう。自己PR欄などで具体的なエピソードを紹介すると効果的です。

【Point】
持っている資格、携わってきた業務のたな卸しをしよう
自分の得意とする分野を積極的にアピールしよう
具体的なエピソードを交えながらヒューマンスキルを伝えよう

プロフィール

正確に記入することを心がけましょう。住所も省略せず、氏名のフリガナ欄も忘れずに。メールアドレスに携帯用はNG。オフィシャルで利用するPCのアドレスを利用します。

スキル

それまでに経験してきた仕事、スキルをアピールできる項目です。直接関係ないと思われるものも積極的にチェックして、最大限に有効活用しましょう。

職歴

担当した業務・分野や成果・実績といった基本情報をおさえた上で、自分なりに工夫した点、経験から得られたことなどを次のステップへつながる書き方でまとめましょう。

自己PR・志望動機

具体的なエピソードを交えながら、教える仕事に適性があることを伝えましょう。どのように仕事をしていきたいかなど将来的な目標も記載すると良いでしょう。

ITインストラクターのWeb履歴書 改善ビフォー&アフター

NGポイント
1.スキルの登録が少ないよう。希望職種に少しでも関連する項目や経験を見逃していませんか?
2.職歴が簡単な記入で終わっています。せっかくの経験が採用担当者には伝わりません。
3.自己PRは同じ文を使い回してはいませんか? 応募意欲やあなたの魅力が伝わりません。
⇒NGサンプルはコチラ

改善ポイント
1.資格や自己啓発などを充実させることで、内容に厚みを持たせることに成功しました。
2.職種欄は具体的に。どんな仕事に従事したのかイメージしやくなりました。
3.自己PRに具体的なエピソードを加えて、内容にリアリティを出せました。
⇒改善サンプルはコチラ

今すぐweb履歴書を更新する
ITインストラクターの関連求人一覧を見る

ページトップへ