この職種の求人情報を見る

コピーライターの仕事内容

コピーライターは商品や企業を宣伝するために、今日も魅力的な言いまわしを考えています。皆さんも一度は目を奪われるような広告文(コピー)に出会ったことがあるのではないでしょうか。

ここではコピーライターの仕事内容だけでなくコピーライターになるための方法や仕事のやりがい、身につくスキルを見ていきます。コピーライターに向いている方もご紹介するので、自分が当てはまっているかどうかもぜひチェックしてみてください。

コピーライターとは?

コピーライターとは、雑誌広告やテレビCMなどに使われる広告文(コピー)や商品のネーミングを考案する職業のことです。サブキャッチやタグライン、ボディコピー、見出し、スペック、クレジットなどのライティングもコピーライターの仕事に含まれます。なお、広告業界では広告文字全般のことを一般的に「コピー」と呼びます。「キャッチコピー」という単語をイメージすれば理解しやすいでしょう。

コピーライターは一人で黙々と仕事をするイメージがあるかもしれませんが、実際にはクリエイティブディレクターやアートディレクター、CMディレクター、プロデューサーなどさまざまな人と関わりながら仕事を進めていきます。実際に広告に使われるコピーを生み出すまでに費やす時間や労力は計り知れないものがありますが、その分完成した広告を目にした時には何とも言えない高揚感を味わうことができます。

次に、コピーライターの仕事内容について詳しく見ていきましょう。

クライアントからのオリエンテーションを受けて広告企画のコンセプトを把握する

コピーライターはまず、クライアントからのオリエンテーションを受けて広告企画のコンセプトを把握するところから仕事が始まります。広告したい商品の特徴や抱える課題、広告の目的、予算などについて説明を受けるために、クリエイティブディレクターやアートディレクターらとともにクライアントのもとへ赴きます。

市場を見極め、ターゲット層の嗜好・流行などをリサーチする

広告企画のコンセプトを把握したあとは、市場を見極め、ターゲット層の嗜好・流行などをリサーチします。この際、商品に関するたくさんの資料を読んだり、実際に商品が販売されている店頭に出向いたりして調査を行うこともあります。そして、クリエイティブディレクターやアートディレクター、CMの場合はCMディレクターらとともに打ち合わせを重ねながら、クライアントへ提出するコピーの構想を練っていきます。

コピーを考える

リサーチ結果をもとに、広告を見た消費者が思わず商品を手に取りたくなるようなコピーを考えていきます。コピーはただインパクトがあるだけでは不十分で、斬新かつ商品の魅力・特徴を的確に捉えたものでなければなりません。魅力的なコピーを生み出すためには、一瞬のひらめきよりも地道なリサーチの積み重ねが大切です。そして何十本、何百本というたくさんのコピー案を考え、その中から最も優れた1本のコピーが採用されるのです。

撮影などへの立ち会い

コピーを考えることだけがコピーライターの仕事ではありません。コピーライターはポスターやCMなどの広告に使われる写真・動画の撮影にも立ち会うこともあります。時には広告に起用するモデルのオーディションに立ち会うこともあるでしょう。広告企画がスタートしてから実際に広告を世に送り出すまでの間、コピーライターがこうした広告のビジュアル面にも関わることで、ビジュアルとコピーとの間にズレが生じるのを防ぐことができるのです。

コピーライターになるには?

広告代理店や制作プロダクション、メーカーの宣伝部などに入社したのち、希望や適性などに応じて仕事を任されるパターンが一般的です。コピーライターを育成するための講座も数多くあるので、学生のうちに活用しておくと有利になるでしょう。社会人の場合は働きながら仕事終わりや休日などに活用するという手もあります。また、中にはフリーで活躍しているコピーライターの元に弟子入りして修行を積む人もいるようです。

他にはコンペに応募してみるのもおすすめです。コンペに応募すればトレーニングになるだけでなく、入賞できれば就職・転職の際に大きなアピールにつながります。なお、未経験者の転職は少ない傾向にありますが、例えば広報職など、日常的に文章に携わっていたキャリアがあれば採用される可能性が高まるでしょう。

コピーライターにはどんなやりがいや身につくスキルがある?

コピーライターにはどんなやりがいや身につくスキルがあるのでしょうか。順番に見ていきましょう。

コピーライターのやりがい

まずはコピーライターのやりがいを3つご紹介いたします。

自分が携わった広告を目にした時、大きな達成感を得られる

コピーライターは実際に広告に使われるコピーを生み出すまでに何日もかけて何百本ものコピーを考えることもあります。いくら短いコピーであっても完成するまでには多くの時間と手間がかかるのです。しかしその分、完成したポスターを街中で目にしたり、オンエアされたCMを目にしたりした時には大きな達成感が得られるでしょう。

自分が考えたコピーでヒット商品が生まれることも

1本のコピーによってヒット商品が誕生したり、広告の枠を飛び越えて流行語になったりと、コピーライターの仕事が世の中に影響を与えることもしばしばあります。コピーライターはブランドや企業イメージを高めることで、クライアントに大きく貢献できるのです。そうした実績を積んで名前が売れれば直接指名されることが増えたり、独立してフリーランスとして高収入を得たり、より一層の活躍ができるでしょう。

さまざまな人・モノ・場所に出会える

コピーライターはクリエイティブディレクターやアートディレクター、CMディレクター、プロデューサーなどさまざまな人と出会う機会があります。また、幅広いジャンルの商品に関わるため、さまざまなモノに触れる機会があります。普通の人が行かないような場所に出向くこともあるでしょう。こうした出会いの多さもコピーライターの魅力の1つといえます。

コピーライターとして身につくスキル

次にコピーライターとして身につくスキルを3つご紹介いたします。

リサーチ力

コピーライターはコピーを考える前に、市場を見極め、ターゲット層の嗜好・流行などをリサーチする必要があります。時には商品に関する膨大な資料を読んだり、自分の足で商品が販売されている店頭に出向いたりする必要もあるでしょう。よって、コピーライターとして経験を積むうちに、自分に必要な情報を効率よく収集するリサーチ力が身につきます。

マーケティング力

マーケティング力とは簡単に言うと、消費者のニーズや欲求を明らかにして、売り上げアップにつながる戦略を効果的に立てられる能力のことです。前述のとおり、コピーライターとしての仕事には市場を見極め、ターゲット層の嗜好・流行などをリサーチする業務が含まれますが、リサーチしたあとは「どのような言葉を使えば消費者の心に訴えることができ、売り上げアップにつながるか」を考えながらコピーを作っていくことになります。そのため、マーケティング力もコピーライターとして身につくスキルの1つです。

コミュニケーション能力

コピーライターはクリエイティブディレクターやアートディレクター、CMディレクター、プロデューサーなどさまざまな人と打ち合わせを重ね、アイディアを出し合いながら広告を制作していきます。コピーライターは一人で黙々と作業をするわけではなく、チームで1つの作品を作っていくため、自然にコミュニケーション能力が身につきます。

どのような人がコピーライターに向いているの?

コピーライターに向いているのは以下のような人です。

発想力に自信がある人

コピーライターは実際に広告に使われるコピーを生み出すまでに何十本、何百本というコピー案を考えなくてはなりません。事前のリサーチも大切ですが、やはり発想力がものを言う場面も多々あります。その点、発想力に自信がある人はコピーライターとしての活躍が期待できるでしょう。

言葉で何かを表現するのが好きな人

コピーライターは毎日のように言葉と向き合う仕事です。そして限られた文字数で斬新かつインパクトがあり、消費者の心に訴えかける言葉を生み出さなくてはなりません。コピーライターは言葉で何かを表現するのが好きで、その表現で多くの人に影響を与えることにやりがいを感じる方におすすめです。

常にアンテナを張り巡らせられる人

消費者の心に訴えかける言葉を生み出すためには時代の流れを読むことも大切です。常にアンテナを張り巡らせ、新しいものをキャッチする能力に優れている人はコピーライターとして重宝されるでしょう。

協調性がある人

これまで述べてきたように、コピーライターはクライアント以外にもクリエイティブディレクターやアートディレクターをはじめとして多くの人と打ち合わせを重ねながら作業を進めていきます。そのため、協調性がある人はコピーライターとしてうまくやっていけるでしょう。

まとめ

コピーライターは、広告代理店や制作プロダクションなどで実績を積んで独立すれば、高収入も見込める仕事です。コピーライターになるために特別な資格は必要ありません。最初のうちはとにかくたくさんのコピーを考え、スキルやセンスを磨いていくことが大切です。

実力次第では未経験でも活躍できる可能性がある職種なので、興味がある方はコンペや育成講座なども活用しながらぜひ挑戦してみてください。