この職種の求人情報を見る

データ入力の仕事内容

情報のデジタル化が進んだことにより、データ入力という仕事の需要は高まりました。データ入力の仕事はパソコンさえあれば自宅でもできるので、学生や主婦の方をはじめとして高い人気があります。

データ入力の仕事内容は多岐にわたるので、どのような種類があるのか気になっている方も多いことでしょう。本ページではデータ入力の仕事内容以外にも、なるための方法や向いている人など、データ入力の仕事に就くうえで役立つ情報を記載しているのでぜひ参考にしてみてください。

データ入力とは?

データ入力とは、その名の通り各種データをパソコンに入力していく仕事です。データ入力は単純作業の繰り返しが多いため、多くの企業においてアルバイトや業務委託として採用される傾向にあります。実際、求人サイトなどでデータ入力という仕事を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。詳しくは後述しますが、データ入力の仕事内容は募集案件によって大きく異なるので、事前に求人広告を見たり面接で尋ねたりしてよく確認しておくことが大切です。

また、単純作業の繰り返しというと簡単そうに聞こえるかもしれませんが、データ入力は高い集中力が必要な仕事です。取り扱うデータの中には会社の顧客情報や売上データ、会議の議事録など重要なものも含まれています。誤入力があると会社の不利益になってしまうおそれがあるため、ミスのない正確な入力が求められます。

次に、具体的なデータ入力の仕事内容を見ていきましょう。データ入力の仕事内容は多岐にわたり、募集案件によってさまざまなパターンがあるため全てを挙げることはできませんが、ここでは代表的なものをいくつかご紹介いたします。

コールセンターにおけるデータ入力

コールセンターにおけるデータ入力は、テレフォンオペレーターとして行う電話対応が主な業務で、データ入力は電話対応に付随する業務というイメージになります。データ入力としては電話での問い合わせ内容や注文内容、どのように対応したかなどをパソコンに入力していくのが一般的です。電話対応がメインになるので、他の一般的なデータ入力よりも単価が高いのが特徴です。

「電話対応が苦手」という方や「クレーム対応が怖い」という方もいらっしゃるかもしれませんが、クレーム対応は業務の一部にすぎず、マニュアルや研修制度がしっかりと用意されています。未経験でも積極的に採用されているので、対人スキルやPCスキルを磨くのにおすすめの仕事です。

事務作業が付随するデータ入力

データ入力の募集案件の中には、データ入力と合わせて事務作業も業務内容に含まれているケースがあります。コールセンターにおけるデータ入力とは異なりデータ入力がメインではあるものの、データ入力以外のパソコン操作や伝票処理、書類作成、ファイリング、備品管理、電話対応など一般的な事務職と同じような業務も行います。

多くは会社の事務スタッフとしての位置づけであるため、フルタイム勤務が前提となることが一般的です。他のデータ入力のように時間の自由はきかないものの、安定した働き方ができ、そのまま正社員へ登用されるケースもあるという点で魅力があります。

データ入力のみ

こちらは他の業務が含まれず、データ入力のみを行うケースです。電話対応や雑務を引き受ける必要がないため、パソコンを使ったデータ入力に集中して取り組みたいという方にとっては魅力的な仕事です。入力するデータ内容は募集案件によってさまざまなので、事前によく確認するようにしましょう。以下に一例を挙げるので参考にしてみてください。

顧客情報や契約内容の入力

顧客情報や契約内容の入力はデータ入力の代表的な仕事です。顧客情報や契約内容は会社にとって大切な情報であると同時に個人情報でもあるので、責任を持って業務を行うことが大切です。

売上データの入力

ExcelなどのPCソフトを使って売上データを入力し、集計を行う仕事です。数字を扱うため特に正確な入力が求められます。

アンケート結果の入力

会社が実施したアンケート調査の結果などをパソコンに入力し、データ化する仕事です。

音声データの書き起こし

会議や講義、対談、インタビューなど録音した音声データを書き起こし、テキスト化する仕事です。「文字起こし」とも呼ばれます。音声を再生しながらタイピングするため、よりスピーディーかつ正確なタイピングスキルが要求されます。

テレビ番組のテロップ作成

データ入力の中には、テレビ番組のテロップ作成という少し珍しい仕事も存在します。主な業務内容は字幕に表示させるテロップや出演者、番組で紹介した内容などの入力になります。

データ入力の仕事に就くには?

人によってはデータ入力というと難しそうな印象を持つかもしれませんが、データ入力に特別な資格や専門的な知識、技術、経験などは必要ありません。業務内容が多岐にわたる分、求人数も非常に多く、未経験でも採用される可能性が高い職種です。基本的なパソコン操作ができれば問題ありませんが、WordやExcelをはじめとして、PowerPointやAccessといったPCソフトまで使えれば即戦力として採用される可能性がより高まるでしょう。

就職先としては一般企業をはじめ、法律事務所や会計事務所、大学、商業施設、工場などさまざまな場所があります。直接職場に赴くこともあれば在宅で仕事を請け負うタイプの求人もあるので、事前によく確認するようにしてください。

データ入力にはどんなやりがいや身につくスキルがある?

データ入力にはどんなやりがいや身につくスキルがあるのでしょうか。パソコン関連のスキルが身につくことはイメージしやすいですが、やりがいに関してはイメージしにくいかもしれません。しかし、データ入力にも魅力的なやりがいがあります。では、順番に見ていきましょう。

データ入力のやりがい

まずはデータ入力のやりがいをご紹介いたします。データ入力のやりがいは、「スキルを活かしやすい」、「やり終えたあとの達成感が大きい」という2点に集約されます。

自分のPCスキルやタイピングスキルを活かしやすい

普段からパソコンに慣れ親しんでいる人であれば、データ入力の仕事は簡単に感じるかもしれません。自分のPCスキルやタイピングスキルを活かして会社に貢献できるという点はデータ入力の魅力です。

データを入力し終えたあとは大きな達成感を味わえる

データ入力は単純作業の繰り返しといっても扱うデータは基本的に会社にとって重要な情報なので、ミスのない正確な入力が求められます。また、作業量も多く、長時間パソコンに向かって高い集中力を維持する必要があります。その分、データを入力し終えたあとは大きな達成感を味わえるでしょう。

データ入力として身につくスキル

次に、データ入力として身につくスキルを3つご紹介いたします。これらのスキルは、データ入力以外の職種に就く際も非常に役立ちます。

基本的なPCスキル

データ入力は未経験でも採用されやすい職種です。パソコンを普段あまり使わず、パソコン操作に苦手意識がある方でも、データ入力の経験を積めば自然に基本的なPCスキルが身につきます。

タイピングスキル

データ入力という仕事は続ければ続けるほどタイピングスキルが向上します。経験を積めばよりスピーディーかつ正確にタイピングできるようになるほか、キーボードを見ずに入力を行うタッチタイピング (ブラインドタッチ) もできるようになります。

WordやExcelなどのPCソフトに関する知識

パソコンにデータを入力する際、WordやExcelなどのPCソフトを使うのが一般的です。時にはPowerPointやAccessなどを使うこともあるでしょう。そのため、データ入力の経験を積むことで、これらのPCソフトに関する知識を自然に身につけることができます。

どのような人がデータ入力の仕事に向いているの?

データ入力の仕事に向いているのは以下のような人です。

集中力が高い人

データ入力はパソコンに向かって長時間座り、延々と各種データ入力を行う仕事です。その中でミスのない正確な入力を行うためには、高い集中力を維持する必要があります。そのため、集中力が高い人はデータ入力の適性があると言えるでしょう。

細かい作業が得意な人

データ入力は顧客情報や売上データなどを入力する際、文字や数字など一つ一つ細かく気を配らなくてはなりません。そのため、細かい作業が得意な人はデータ入力に向いています。

タイピングが速い人

データ入力は仕事の性質上、タイピングスピードが作業効率に直結するため、もともとタイピングが速い人は非常に有利です。タッチタイピング(ブラインドタッチ)できればなお良いでしょう。

チームよりも一人で作業するのが好きな人

データ入力はパソコンと向かい合い、一人で黙々と作業を進めることになります。人間関係に気を使う必要があまりないため、チームよりも一人で作業するのが好きな人はデータ入力に向いていると言えるでしょう。

自由度の高い仕事がしたい人

データ入力は基本的に服装や髪型が自由であることが多く、シフトの自由度も高い仕事です。募集案件によっては職場に通う必要もなく、在宅で仕事ができるケースもあります。そのため、データ入力は自由度の高い仕事がしたい人におすすめです。

まとめ

データ入力は、基本的なパソコン操作ができれば未経験からでも気軽に始められる仕事です。特別な資格は必要ありません。データ入力は作業スピード次第で収入アップも期待できます。

また、経験を積んでPCスキルを身につけ、プラスアルファで簿記などを勉強すれば事務職だけでなく経理職へのキャリアアップも見込めるでしょう。基本的なPCスキルを身につけたい方だけでなく、自分のPCスキルを活かしたい方もぜひデータ入力に挑戦してみてください