この職種の求人情報を見る

データベースエンジニアの仕事研究

情報を蓄積して検索性を高めるデータベースですが、昨今のビジネス戦略においてはデータベースの活用は欠かせないものになり、有効なデータベースはマーケティング分野において非常に高い価値を持っています。特にビッグデータの活用がより重要になっている中で、今後はデータベース関連の仕事へのニーズがさらに高まってくるともいわれています。

そんなデータベースを設計・開発・管理・運用していくのが、データベースエンジニアの仕事です。データベースエンジニアの人数は市場内に多いわけではなく、その市場価値は高いといえます。つまり、スキルを身に付けて経験を積めば、エンジニアとして価値ある存在になれるということ。

では今回は、データベースエンジニアがどんな仕事をしているのか、どうすればデータベースエンジニアになれるのか、どんなやりがいがあり、どんな人に向いているのかなどを解説していきたいと思います。

データベースエンジニアとは?

データベースエンジニアの仕事内容

データベースエンジニアは、『設計・開発』と『管理・運用』の大きく2つの職種に分類されます。まずはそれぞれの仕事内容について解説していきます。

データベースの設計・開発

その企業に最適なデータベースを設計・構築していく仕事です。ソフトウェアの開発がメインとなります。データの取り出しやすさや使いやすさ、検索性などは、そのデータベースを有効活動できるかを大きく左右します。そのため設計・開発は特に重要なフェーズだといえます。

どんなデータベースを構築していくかは、企業の事業方針などによっても変わります。ゆえに経営陣や事業責任者、マーケター、商品開発といったビジネスのキーになる役職者たちと仕事をすることも、必然的に多くなります。また他部署だけでなく、データベースやインフラにかかわる社内チームのメンバーたちとも密に連携を取ります。

データベースの管理・運用

稼働しているデータベースを日常的に管理し、トラブルなどの対応を行う仕事です。何らかのトラブルでデータベースが活用できなくなると、場合によっては事業そのものがストップすることもあり得ます。

例えば電子カルテのデータベースを管理しているような場合、電子カルテが検索できなくなれば、患者さんの治療そのものが止まってしまう可能性すらあり得ます。こうした事態を招かないように運用し、バックアップを取ったり、セキュリティ対応を行ったりという仕事も担当しています。

ちなみに運用といった面では、更に上級職である『データサイエンティスト』『ビッグデータエンジニア』という仕事もあります。この職種はビッグデータを活用して事業開発やマーケティング分野への応用方法を考えていくような仕事です。今回のデータベースエンジニアとは少しニュアンスが異なる仕事なのでここでは詳細な解説を控えますが、もし興味があれば調べてみてください。

なぜ今、データベースエンジニアが市場から求められるのか

企業が持つ膨大なデータは、いわば財産です。ビジネスを作っていく上で、このデータが非常に重要な材料になります。データの種類も多岐にわたり、個人客や法人客のデータ、詳細な購買情報、マーケティング上の数値など。こうしたデータをもとに、戦略を考えていきます。データベースエンジニアがいなければ、せっかく収集したデータも活用することができず、宝の持ち腐れ。経営やマーケティングという面で、データベースエンジニアは非常に重要なポジションといえます。

また、ビッグデータの活用が重要視されていることも、データベースエンジニアにとっては追い風です。AIの技術革新に伴って、これまで以上にビッグデータを有効活用できるようになっています。ビジネスの分野だけでなく、気象、交通、教育、政治、社会インフラ、医学・薬学の研究開発など、様々な分野でもビッグデータが活用されています。しかしまだまだデータベースエンジニアの数は足りておらず、市場から求められる存在だといえます。

データベースエンジニアになるには?

データベースエンジニアになるためには、転職サイトや転職エージェント経由で求人を探すのが一般的です。データベース関連の募集はあまり多くはありませんが、求人掲載数が多い転職サイトであれば、数件は常に掲載されています。また、IT関連の職種に強い転職サービスやエージェントなどもオススメです。

データベースの知識を身に付けておく

データベースエンジニアという仕事は専門性が高いことから、まったくの未経験者を採用するというケースはまれです。最低でも、OracleやMySQL、PostgreSQL、Microsoft SQL Serverといったデータベース製品の知識を必須条件とする場合がほとんどです。

こうした知識を身に付けるためには、大学でデータベースの授業を専攻したり、参考書を購入して勉強したり、スクールで学んだりという方法があります。また知識を裏付けるものとして、オラクルマスターやOSS-DB技術者認定資格などを取得しておくと選考で有利になる可能性が高いでしょう。

システムエンジニアやプログラマからキャリアチェンジ

データベースとは全く別の分野からキャリアチェンジしてくるエンジニアも多くいます。データベースエンジニアは市場価値が高い職種のため、システムエンジニアやプログラマが、新たなスキルを求めてキャリアチェンジ先として選ぶという背景があります。開発の内容は全く異なりますが、プログラミングやITに関する基礎知識があればスムーズに業務に慣れることができるため、選考においても確実に重宝されます。

データベースエンジニアにはどんなやりがいや身につくスキルがある?

データベースエンジニアのやりがい

データベースエンジニアのやりがいは主に1つです。

携わった事業の成長を身近で感じられる

データベースの設計・構築方法、また運用方法によってデータベースの活用しやすさは大きく変わります。単にマーケティング時の業務時間短縮ができるといったレベルではなく、事業戦略の精度、つまり事業の成功率自体を左右することも。自分が携わったデータベースがもとになって事業が成功・成長していくやりがいが感じられるでしょう。

データベースエンジニアとして身につくスキル

データベースエンジニアとして身につくスキルは主に2つです。

実務に必要なスキル

有効活用しやすいデータベースを設計・構築するスキルや、トラブルなく運用するスキルなど、実務に必要なスキルは仕事の中で必然的に身に付いていきます。

経営やマーケティングへの活用の仕方

データベースエンジニアは企業のマーケターや商品開発、企画といった職種とコミュニケーションを取りながら仕事を進めていくことが多い仕事です。データベースの知識だけでなく、経営やマーケティングにおけるデータベースの活用方法も学ぶことができるでしょう。

どのような人がデータベースエンジニアに向いているの?

データベースエンジニアの仕事は、周囲とのコミュニケーション力や緻密さなどが求められます。どんな人が向いているのか、少しだけ解説していきます。

周りとコミュニケーションを取りながら仕事を進められる人

例えばプログラマであれば、1日のほとんどの時間をPCの前で過ごすことになります。しかしデータベースエンジニアの場合は、他部署や同じチームのメンバーと頻繁にコミュニケーションを取りながら仕事を進めていきます。ですので、人とコミュニケーションを取ることが苦にならない人に向いています。

経営やビジネスの構築に興味がある人

データベースは、経営判断や新事業の構築、マーケティング、商品開発などの分野でも活用されます。単に求められたデータを提供するだけでなく、どうすれば前述のような場面で有効活用できるかを考えていくことになるので、経営や新規ビジネスの構築などに興味がある人には向いているといえるでしょう。

業務を緻密に進められる人

データベースに欠陥があると、結果として関連するシステムもトラブルを起こしかねません。そのため、構築段階から不具合が起きないように緻密にデータベースを構築していくような仕事への姿勢が重要です。Web系の開発であれば、とりあえずベータ版でローンチして、不具合が出ればその都度改修していくという仕事の仕方もアリかもしれませんが、データベースの場合はそうはいきません。緻密に、確実に仕事を進められるような志向性の方に向いています。

ビッグデータ時代に入り、さらに重要性が増していく仕事

インターネットが発達していくにつれて、データベースエンジニアという職種は急速にニーズを増してきました。今後はAI技術の発達も手伝い、ビッグデータの活用がさらに求められていくことになるでしょう。

特にマーケティングの分野においてデータベースの活用は重要で、購買に関する詳細な顧客データなどをもとに新商品開発や広告展開などを検討していきます。データベースがなければ商品やサービスはもちろん、事業を作っていくことすらもできません。

そんな中でデータベースにかかわる仕事は、どんな企業からも求められ、今以上に必要とされていくでしょう。専門的な知識が必要な仕事ですが、経験を積むことで市場価値を高められるキャリアだといえます。もしあなたがIT業界において、これからどんなキャリアを描いていこうかと悩んでいるのであれば、オススメしたい分野のひとつです。