この職種の求人情報を見る

編集者の仕事内容

編集者は出版業界の花形とも言える仕事で、人気が高い職業の1つです。自分のアイディアを形にできる仕事なので、本や漫画が好きな方であれば一度は憧れる職業ではないでしょうか。

ここでは編集者の仕事内容だけでなく編集者になるための方法や仕事のやりがい、身につくスキルを見ていきます。編集者に向いている方もご紹介するので、自分が当てはまっているかどうかもぜひチェックしてみてください。

編集者とは?

編集者とは、出版社などに勤務して書籍・雑誌・漫画などの出版物を編集する人のことです。著者やライター、デザイナー、カメラマンなど多くの人と関わりながら企画・制作を行います。「出版不況」という言葉が使われはじめて久しく、実際に年々「紙の出版物」の売り上げは落ちてきていますが、電子書籍の登場などもあって新しい領域での可能性も広がっており、依然として就職先としての人気が高い職業です。

媒体による編集者の違い

ひとくちに編集者といっても担当する媒体はさまざまです。ここでは媒体による編集者の違いをご説明いたします。

書籍編集者

書籍には文芸書をはじめとして、ビジネス書や医学書、美術書、教科書、児童書、辞書、写真集などさまざまなジャンルがあります。書籍編集者は文芸書であれば作家、写真集であればカメラマンといったように、ジャンルに合わせてさまざまな人と協力しながら1つの書籍を作り上げていきます。刊行する書籍の企画立案、著者への執筆依頼、入稿準備などが書籍編集者の主な仕事です。

雑誌編集者

雑誌が書籍と大きく異なるのは、週に1回、月に1回など、「定期的に発行される」という点です。そのため、書籍編集者に比べるとタイトなスケジュールとなり、締切に追われることが多くなります。雑誌編集者は日々新しいことに挑戦していく必要があるため、常にアイディアを出し続けられる発想力や、流行を敏感にキャッチする情報収集力などが求められます。

ファッション誌編集者

ファッション誌編集者は雑誌編集者の中に含まれますが、華やかなイメージがあるため人気の高い職種です。ひとくちにファッション誌といっても性別や年齢、ファッションのジャンルなどによってターゲット層が大きく分かれます。ファッション誌編集者はターゲット層に合わせて特集などを組み、カメラマンやスタイリスト、ヘアメイク、モデル、撮影場所などの手配を行います。ファッションが好きなだけでは務まらず、美的センスや流行への敏感さも問われる仕事です。

漫画編集者

漫画編集者は担当する漫画家とともに二人三脚で作品を作り上げる仕事です。漫画家とともに世界観やストーリーを考えたり、キャラクターの性格などを決めたりしていきます。漫画家から提出された、簡単な絵やセリフの入った「ネーム」をチェックするのも漫画編集者の仕事の1つです。より多くの読者を獲得するために、読者の反応などを見てストーリー展開を大きく変更することもあるため、臨機応変な対応力が求められます。

編集者の仕事内容

これまで媒体による編集者の違いを見てきましたが、ここでは多くの編集者に共通する仕事内容をご紹介いたします。

企画の立ち上げ

まずはどのような出版物を作るか、企画の立ち上げを行います。企画力はもちろんのこと、時代の流れを読む力や発想力、課題発見力などが求められます。

予算取り

企画を立ち上げたら制作に必要なライティング単価や撮影費用などの予算取りを行います。

取材

出版物の内容に合わせて取材を行います。なお、取材は編集者自身が行うこともあれば、外部に依頼することもあります。

原稿の編集

作家やライター、コラムニストなどが書いた原稿に目を通し、手を加えるべき部分を編集していきます。

編集者になるには?

編集者になるためには出版社や編集プロダクションへの就職が一般的です。ただし倍率は非常に高く、特に大手の出版社では学歴が重視される傾向にあります。また、出版社には編集部の他にも営業部などがあり、出版社に入社したからといって必ずしも編集者になれるわけではありません。

編集プロダクションではアルバイトを募集していることもあるため、専門学校や大学に通いながら編集部にアルバイトとして潜り込み、経験を積むという手もあります。アルバイトとして経験を積んでおけば出版社に就職した時に編集部へ配属される可能性が高まるほか、そのまま正社員に登用されるケースもあります。

中途採用の場合は即戦力が求められるため、応募する分野の編集経験や知識を持っていると有利です。実力主義の業界なので経験次第では転職が比較的容易です。編集者になるために特別な資格は必要ありませんが、好奇心や探究心、物事に対する情熱といった目に見えない素質は必要になるでしょう。

編集者にはどんなやりがいや身につくスキルがある?

編集者にはどんなやりがいや身につくスキルがあるのでしょうか。順番に見ていきましょう。

編集者のやりがい

まずは編集者のやりがいを3つご紹介いたします。

自分が作り上げた作品を世に送り出す喜び

編集者の仕事は企画から始まります。多くの人を巻き込みながら自分のアイディアを形にし、自分が作り上げた作品を世に出す喜びは、他の職種ではなかなか味わえない編集者ならではの魅力と言えるでしょう。

毎回新しいことに挑戦できる

当たり前ですが同じ内容の出版物を二度制作することはありません。毎回ゼロから内容を考え、これまでにない新しいことに挑戦し続けることができます。そこにはルーティンワークでは味わえない楽しさがあります。

自分のアイディアを形にできる

編集者は自分のアイディアを形にできるクリエイティブな仕事です。世の中のニーズに応えることも大切ですが、「自分が多くの人に伝えたいこと」を形にできるのは編集者ならではの魅力ではないでしょうか。

編集者として身につくスキル

次に編集者として身につくスキルを4つご紹介いたします。

コミュニケーション能力

編集者は著者やライター、デザイナー、カメラマンなど多くの人と関わる仕事です。制作に関わる人数が多いため、自分の企画をそれぞれに説明したり、反対者を説得して企画を推し進めたりしていく中でコミュニケーション能力が身につきます

発想力・企画力

「誰にどのような内容を書いてもらうか」、「どのような写真を撮影するか」、「表紙をどのようなデザインにするか」、「多くの人に読んでもらうためにはどのような工夫をすればよいか」など、編集者は最初にさまざまなことを考えなくてはなりません。そうした中で発想力や企画力が自然に身についていきます

出版・編集・印刷に関する知識

編集者が担当する業務の範囲は場合によって異なりますが、企画から編集、印刷、出版まで責任を持つのが一般的です。そのため、出版・編集・印刷に関する知識が自然に身につきます。

校正スキル

出来上がった原稿に目を通し、誤字・脱字などのミスを発見して訂正するのも編集者の重要な仕事の1つです。また、原稿と印刷物を見比べて誤植をチェックすることもあるでしょう。このような校正スキルは実務経験によってのみ学べる部分も多いため、編集者の仕事は校正スキルを身につける絶好の場です。

どのような人が編集者に向いているの?

編集者に向いているのは以下のような人です。

文章が好きな人

基本的に出版物の文章はライターが書くため、編集者に高い文章力が求められることはあまりありません。しかし、編集者には読者の視点に立って原稿を読むという重要な役割があります。そのため、文章が好きであることは編集者になるための最低条件とも言えるでしょう。

新しいものが好きな人

編集者はルーティンワークとは無縁の仕事です。常に新しい企画を考えていかなくてはなりません。そのため、新しいものが好きな人は編集者として優れたアイディアマンになれるでしょう。

好奇心旺盛な人

編集者は担当する分野に対して自分自身が興味を持っていなければやっていけません。何事にも興味を持ち、深く探求していけるような好奇心旺盛な人は読者の心に響くものを作れるはずです。

チャレンジ精神旺盛な人

似たようなものばかりを出版していても読者の心には響きませんし、いつかは飽きられてしまいます。時には多少のリスクを承知で斬新なことにも挑戦していく必要があるでしょう。今まで誰もやっていないようなことにも果敢に挑戦し、新しい価値を生み出していけるチャレンジ精神旺盛な人は編集者としての活躍が期待できます。

チームで作品を作るのが好きな人

編集者は自分ひとりの力だけではなく、著者やライター、デザイナー、カメラマンなど多くの人と協力しながら作品を作り上げていきます。一人よりもチームで作品を作るのが好きな人は編集者向きの性格と言えるでしょう。

常に情報アンテナを張り巡らせられる人

編集者には時代の流れを読む力が求められます。そのためには日々の情報収集が欠かせません。常にアンテナを張り巡らせられる人は編集者としての適性があります。

まとめ

広編集者には多くの人と関わりながら1つの作品を作り上げていく楽しさや、新しいものに囲まれて刺激的な毎日を過ごせるという魅力があります。

また、出版社や編集プロダクションで経験を積み、人脈を広げれば独立してフリーランスとして活動する道もあります。編集者は昔から人気の高い職業で依然として狭き門ではあるものの、文章が好きな人やクリエイティブな仕事をしたい人、何か多くの人に伝えたいものがある人にとっては挑戦する価値がある職種ではないでしょうか。