この職種の求人情報を見る

ゲームプログラマの仕事研究

短い時間だけど毎日ゲームを楽しんでいる人や、休みの日は朝から晩までゲーム三昧といった人の中には、自分でゲームを作ることができるゲームプログラマに憧れを抱いている人が、たくさんいるのではないでしょうか。

しかし、実際のところ、ゲームプログラマはゲームのプログラミングをするだけの仕事をしていればいいのかを知りたいと思っている人や、ゲームプログラマになるためには、どのように方法があるのかが分からない人、ゲームが好きなの自分が、ゲームプログラマに向いているのかが不安だと思っている人も、多いのではありませんか。こちらの記事で、ゲームプログラマの仕事内容や、ゲームプログラマになる方法などを紹介します。

ゲームプログラマとは?

ゲームプログラマとは、いろいろなプログラミング言語を駆使して、ゲームを制作していく仕事です。しかし、ゲームプログラマだけがいれば、ゲームを制作できるのかといえば、そんなことはありません。ひとつのゲームを世に送り出すために、さまざまな職種の人がゲームの制作に携わっています。

ゲーム制作に携わる主な職種としては、ゲームプロデューサーやゲームプランナー、ゲームデザイナー、そして、シナリオライターやサウンドクリエイターなどです。

ゲームプログラマの仕事内容

ゲーム制作の一翼を担っているのがゲームプログラマです。では、具体的に、ゲームプログラマがどのような業務でゲーム制作に携わっているのかをみていきましょう。

ゲームプログラマの仕事の根幹と言っても過言ではないのが、ゲームのプログラムを組み上げていくことです。ゲームプロデューサーやゲームプランナーが立案したゲームの企画や構成、ゲームデザイナーが描いたキャラクター、シナリオライターが作成したゲームのシナリオ、サウンドクリエイターが生みだした音楽や効果音などを、さまざまなプログラミング言語を駆使し、プログラムとして組み上げていきます。

ゲームプログラマが用いるプログラミング言語は、1種類だけではありません。ゲーム制作の現場で、主に使われているプログラミング言語は、C言語やC♯、C++、Swift、Objective-c、Java、PHPなどです。これら複数あるプログラミング言語の中から、ゲームプログラマの好みでどのプログラミング言語を使用するのかを選べるのかといえば、そうではありません。

ゲームをプレイできる機器(システム)は、家庭用ゲーム機やパソコン、スマートフォンアプリ、アーケードゲームなど、多岐にわたります。これらのさまざまな機器(システム)には、ゲームを動作させるのに適しているプログラミング言語があります。制作するゲームが、どの機器(システム)でプレイできるのかによって、ゲーム制作で用いるプログラミング言語は変わっていくのです。

機能改善・新機能開発の企画

ゲームプログラマは、ひとたびゲームのプログラムを組み上げてしまえばそれで仕事が終わりかといえば、残念ながら、そんなことはありません。万全を期してゲームのプログラムを組み上げたつもりでいても、実際にゲームをプレイしてみると、不具合が見つかったり、想定外のトラブルが発生したりすることがあります。

ゲームプログラマがプログラムを組み上げたゲームが、正常にプレイできるかをチェックするのは、デバッガーと呼ばれている人です。デバッガーが、キャラクターの動きが不自然だったり、効果音がズレていたりするなどの不具合や、何らかのトラブルを発見すると、ゲームプログラマはすぐさま組み上げたプログラムの確認、および、修正対応を求められます。

また、新機能の開発もゲームプログラマの大切な仕事のひとつです。新機能の開発は、少しでもゲームをプレイするユーザーが楽しめるように、そして、快適にゲームをプレイできるようにすることが目的です。

例えば、ゲームデザイナーがとてもキレイなグラフィックを描いたとしても、従来の機能を活用して制作すると、キャラクターがカクカクとぎこちない動きしかできなければ、魅力的なゲームとはいえません。魅力的なゲームにするためには、キレイなグラフィックの世界で、スムーズにキャラクターを動かす必要があります。キャラクターの動きをスムーズにするために、新たな機能を開発することも、ゲームプログラマの仕事のひとつです。

開発環境を整える

開発環境を整えることとは、ゲームのプログラミングをおこなっているデスク周りの整理整頓をすることではありません。もちろん、ゲームプログラマが自分のデスク周りの整理整頓をしておくことは、一社会人として必要なことではあります。しかし、これはゲームプログラマだけではなく、全ての職種の人に求められることです。

ゲームプログラマにとっての開発環境とは、主なゲーム内の処理を効率的におこなえるように制作されたソフトウェアのことです。ゲームエンジンとも呼ばれていますが、近年のゲーム業界では、「Unity」と「Unreal Engine4」の2種類のゲームエンジンが、主に使用されています。

しかし、大手のゲームメーカーを含むいくつかのゲーム制作会社では、オリジナルのゲームエンジンを開発し、オリジナルのゲームエンジンを用いたゲーム制作をおこなっています。このオリジナルのゲームエンジンを開発するのも、ゲームプログラマの仕事のひとつです。

ゲームプログラマになるには?

ゲームプログラマになるためには、どのような方法があるのかを確認していきましょう。

ゲーム製作会社に就職する

ゲームプログラマになる方法は、ゲームメーカーやゲーム製作会社に就職することです。中途採用の場合は、採用試験でプログラミングの課題提出を求められることがあり、プログラミングの実務経験者の方が有利な傾向にあるといわれています。

しかしながら、現状では、ゲーム業界の問題として、ゲームプログラマの人材不足の面があり、未経験でも入社できる会社が増えています。ですから、独学でプログラミングを学んだ程度のレベルの人や実務経験がない人は、このような未経験でも採用している企業へ入社し、スキルを積んでいくという手段もあります。

必須の資格はないがプログラミングスキルを習得しておくと有利

ゲームプログラマになるために、必須の資格は特にありません。しかし、プログラミング言語を扱えるプログラミングスキルを習得しておくと、ゲームプログラマとして転職する際に有利になるでしょう。上でも述べましたが、プログラミング言語は、非常に多くの種類があります。ですから、全てのプログラミング言語を扱えるスキルを身につけるには、相当の時間と労力が必要となります。

ゲームプログラマになりたい人は、比較的多くのゲーム機器(システム)でのゲーム制作現場で活用できる、C言語やC++を、まずは習得するとよいでしょう。

ゲームプログラマにはどんなやりがいや身につくスキルがある?

ゲームプログラマになれば、どのようなことをやりがいと感じるのでしょう。また、どのようなスキルが身につくのでしょう。

ゲームプログラマのやりがいとは?

まずは、ゲームプログラマのやりがいからみていきましょう。

ゲームの完成

ゲームプログラマが感じる最大のやりがいとは、ゲームが完成したときに抱く達成感でしょう。ゲームプログラマは、ゲームのプログラムを組み上げてからが本当の力量が試されると言っても過言ではありません。不具合が見つかれば、不具合の発生原因を追及し対策をおこないます。ゲーム内容の一部を変更することになれば、変更内容に応じたプログラムの書き換えをおこなうのです。

ゲームが完成するまでには多くの時間と労力を要しますが、時間と労力を要すれば要するほど、得られる達成感は大きいともいえるでしょう。

ユーザーからの評価

ひとたび、ゲームが完成すれば、次のゲームが完成するまでゲームプログラマはやりがいを感じられないかといえば、決してそんなことはありません。ゲームを世に送り出せば、多くのユーザーがゲームをプレイしてくれます。実際にゲームをプレイしたユーザーの評価を、レビューサイトやSNSで知ることができるのもゲームプログラマのやりがいになります。

ユーザーの評価は、必ずしもゲームプログラマの思い描いていた評価と同一ではありません。自分の中で自信があった箇所の評価が芳しくなかったり、もう少しどうにかしたかったと悔いている箇所の評価が、すこぶる良かったりします。さらに、思いのほか、悪い評価をするユーザーもいるでしょう。しかし、ユーザーの評価の全てが、ゲームプログラマとして成長できる糧になります。良い評価にしろ、悪い評価にしろ、実際にゲームをプレイしたユーザーからの評価は、ゲームプログラマのやりがいにつながるでしょう。

ゲームプログラマになれば身につくスキルとは?

ゲームプログラマになれば、どのようなスキルが身につくのかを確認していきましょう。

プログラミングスキル

ゲームプログラマになれば、連日、プログラミング言語と向き合うことになります。日々、プログラミング言語に触れているのですから、プログラミングスキルは向上していくでしょう。

また、自分が習得していないプログラミング言語を用いたゲーム制作の機会が訪れることがあります。そうなれば、新たなプログラミング言語の学習と並行して、ゲーム制作を進めていくことになりますので、益々、プログラミングスキルの向上が見込めるでしょう。

コミュニケーションスキル

1.ゲームプログラマとは?で少し触れましたが、ゲーム制作には、さまざまな職種の人が関わっています。各々の職種としてのこだわりを持った人たちがひとつのチームとなり、ゲームを制作していくのですから、より良いゲームにするためには、チームメンバー同士で綿密なコミュニケーションが必要不可欠です。

物の言い方ひとつで、各職種が持つプライドを傷つけることがありますし、すんなりと納得してくれることもあります。失敗を繰り返しながらも、他の職種の人たちとスムーズなコミュニケーションがとれるようになっていくでしょう。

どのような人がゲームプログラマに向いているの?

ゲームプログラマに向いているのは、どのような人なのかをみていきましょう。

1日中ゲームをしていても飽きない人

1日中ゲームをしても飽きないほどゲームが好きな人は、ゲームプログラマに向いているでしょう。

というのも、プログラミング言語を扱える人であれば、ゲームへの興味・関心が薄くても、ゲームを作ることはできます。しかし、ゲームへの興味・関心が薄い人が作るゲームは、所詮、プログラミング言語を羅列しただけの、面白みに欠けるゲームでしかないでしょう。

しかし、ゲームが好きな人なら、どうすればより楽しめるゲームになるだろうと、ユーザー目線で考えながらプログラミングをしていくことができます。このユーザー目線で考えることができるか否かの差は、ゲームの完成度に大きく影響を与えることになるので、ゲームが好きな人はゲームプログラマに向いているといえるのです。

何かを作ることが好きな人

何かを作ることが好きな人も、ゲームプログラマに向いているといえるでしょう。ただの木材を切断したり磨いたり組み付けたりするなどの加工を施して本棚やテーブルを作るように、何も入力されていない画面に、プログラミング言語を並べていきゲームを完成させていくのですから、ゲーム作りの本質は、何かを作ることと同じなのです。何かを自分の手で作り上げることに喜びを感じる人は、ゲームプログラマに向いているといえるでしょう。

チームで作業することが好きな人

ゲームプログラマは、ひとりで黙々とパソコンに向き合って仕事をしていると思っている人もいるかもしれませんが、すでに述べているように、多くの人がチームを組んで協力しながらゲーム制作をおこなっています。ですから、チームとして同じ目標に向かって作業をすることが好きな人は、ゲームプログラマに向いているといえるでしょう。

まとめ

ゲームプログラマは、ゲームプログラマとしての経験がある方が転職に有利といわれていますが、ゲーム市場は拡大傾向にあり、ゲームプログラマが不足している現状を踏まえ、未経験者でも転職できる可能性は高くなってきています。

「ゲームがとても好きだからゲームプログラマになりたいけど、ゲームプログラマとしての経験がないから」とゲームプログラマの求人応募に躊躇せずに、思い切って一歩を踏み出してみませんか。