この職種の求人情報を見る

イラストレーターの仕事研究

イラストレーターは、学生の将来なりたい職業としても上位にランクインするほどの職業です。アニメやゲームの流行で、子どもの頃から絵を描くのが好きだという人も多く、好きなことを仕事にしたいと思う人もいるでしょう。イラストレーターになるには、どうすればよいのでしょうか。

イラストレーターとは?

雑誌や広告Webサイトに掲載するイラストを描く仕事

イラストレーターとは、雑誌、チラシなどの広告、商品パッケージ、Webサイトなどに載せるイラストを描く仕事です。イラストは幅広く、人物や風景、背景、動物、モノなど多岐にわたります。一通り依頼者から求められる絵をこなすイラストレーターもいれば、動物なら動物、さらに細かく言えば猫なら猫だけに特化して、自分の得意な分野だけを描くイラストレーターもいます。

以前はイラスト制作においては、水彩などの画材を使い、アナログで絵を描くことが一般的でしたが、技術の向上により、現在ではIllustratorやCLIP STUDIOといったイラスト制作ソフトを使ったデジタルイラストが主流になってきました。作品のやり取りもデータ形式が主流であり、イラストをパソコンで描くにあたって一定の知識や技術が求められます。

デザイン・印刷分野の知識も必要

近年では、イラストレーターは絵を描くだけではなく、ロゴ制作、チラシやポスターの制作など、デザイナー業務を兼任することも多くなってきました。また、イラストはWebに載せるものでなければ、基本的に雑誌や商品パッケージなど基本的に印刷されて販売されるものが多くなるので、「解像度」や「CYMK色とRGB色の違い」といったデザインの基礎知識はあったほうが有利です。

イラスト制作の流れとポイント

ソーシャルゲームのようなキャラクターの制作を依頼された場合を想定し、基本的な仕事の流れを説明します。

依頼を受ける

依頼の受け方は人によって様々です。会社勤めであれば会社のプロジェクトとしてチームでイラスト制作を行うようになりますし、フリーランスであれば出版社やデザイン事務所から電話、メール、ホームページ経由で仕事の依頼が来ます。

要望をヒアリング~契約

依頼主がどのようなイラストを必要としているか、要望を丁寧に聞きだします。絵柄や作風、納期、イラストの納品形式、用途などを確認します。フリーランスの場合、見積書を出し、クライアントと金額交渉をして契約を結びます。

ラフ(下書き)を提出

クライアントが条件に納得し、契約に同意できたらイラストの制作を開始します。まず先方から聞き出したイラストの要望をイメージとして書き出します。ラフと言われるものですが、ここで絵柄、構図、色合いを確認し、修正します。場合によっては数種類のパターンを用意し、クライアントが抱くイメージに近いものを選んでもらうこともあります。

清書~彩色

ラフでイラストの方向性が決まったら、本格的にイラスト制作を開始します。清書をして線画にし、彩色を施します。場合よっては、線画と彩色の各段階でクライアントとの確認・修正作業を入れることもあります。

最終確認~納品

色合いなどを確認してもらい、クライアントからOKが出たら、完成したイラストを納品します。

クライアントとの綿密なやり取りが大切

イラスト制作においては、制作途中の段階でもクライアントと綿密にやり取りを行うことが大切です。完成したイラストがクライアントのイメージするものと違う場合、一からやり直しということがありえるからです。そのため、ラフ段階、彩色前の段階など作業工程を細かく分けてクライアントに確認してもらい、修正をこまめにしてイメージを刷り合わせていくことが大切です。

イラストレーターになるには?

美術系の専門学校で知識とスキルを学ぶ

イラストレーターになるには、美術系の専門学校や大学で基本的な知識と技術を学ぶことが一番の近道です。これといってイラストレーターになるための資格や学歴はありません。

しかし、イラストを描くために必要な画力や、仕事をする上で必要になるスキルを身につける必要があります。専門学校は実務で必要となるスキルを習得できるので、イラストレーターになるには効率的ではあります。学生の頃からイラストを出版社に持ち込み仕事やアルバイトをする人もいます。実力がある人は学校卒業と同時に会社に就職せず、個人営業(フリーランス)のイラストレーターとして活動を行うこともあります。

美術系の専門学校や大学にいっていない場合

もちろん、美術系の専門学校や大学に通わずともイラストレーターになる人もいます。画力があることはもちろんのことですが、実務経験に必要なスキルを独学で習得する必要があります。

イラストレーターはポートフォリオ必須

イラストレーターに限った話ではありませんが、クリエイティブな業種、職種で就職活動をする場合、ポートフォリオの提出が必須です。ポートフォリオとは、自分がどのような制作物を作れるかを20ページ程の冊子やファイルにまとめたもので、会社や依頼主がイラストを採用する判断基準にするものです。

制作会社や出版社にポートフォリオを提出する

イラストは載せる媒体によって求められる絵柄や作風が違うので、イラストレーターは自分の作品とマッチしそうな出版者(編集部)や制作会社にポートフォリオを持ち込んで仕事を請け負う、あるいは就職します。デザイン事務所や広告代理店、制作会社に就職して業績を積み重ねた後で、会社から独立してフリーランスになったり会社を立ち上げたりする人もいます。

Webに公開/コンテストに応募する

最近ではWebサイトで自身のポートフォリオサイトを立ち上げたり、イラストのコミュニティサイトでイラストを展示したりするなど、簡単に作品を公開できるようになりました。ポートフォリオや業績を載せて仕事を募集することができます。また、イラストコンテストやコンペに応募して腕を磨くのも一つの方法です。Web上で知名度が上がるにつれて会社の目に留まりやすくなります。

最近ではソーシャルゲームの隆盛により、ゲーム制作会社やイラスト専門の請負会社が様々なキャラクター、背景、小道具などのイラストを描ける人材を探しています。Webサイトに展示してあるイラストを見て仕事を依頼したり、会社への引き抜きとして声を掛けられることがあります。

イラストレーターにはどんなやりがいや身につくスキルがある?

イラストレーターにはどんなやりがいがあるのでしょうか。また、イラストレーターという仕事で身につくスキルにはどんなものがあるのでしょうか。順番に見ていきましょう。

イラストレーターのやりがい

まずはイラストレーターのやりがいを2つご紹介いたします。

自分のイラストが商品となって世にでたとき

イラストレーターの醍醐味は、なんといっても自分のイラストが商品やコンテンツとして世の中に出たときです。自分の画力やオリジナリティが認められたことになるので、大きな達成感とやりがいになります。

ファンができる

ある程度イラストが世にでて、名前が知られるようになると、自分のイラストを好いてくれるファンが形成されます。最近ではTwitterなどのSNSを利用して作品発表ができるので、すぐに反応が返ってきます。自分のイラストを見た反応を直接もらえることが何よりの楽しみとなります。

イラストレーターとして身につくスキル

次にイラストレーターとして身につくスキルを4つご紹介いたします。

イラストがうまくなる

イラストレーターなのだからある意味当たり前ともいえますが、イラストの技術が身につきます。もともとイラストが好きな方もプロとしてお仕事を受注すると意識が変わっていくものです。ただ好きな絵を描く、といった趣味のレベルでは認識できないプロの技術に触れることで、格段にイラストの腕がアップしていきます。

クライアントとの交渉技術

イラストレーターは会社に所属することもありますが、基本的には個人事業主の側面が強いです。そのため、きっちり自分で仕事を取ってくる必要が出てきます。転職者の場合、前職の伝手で最初のお仕事をもらえることはあるかもしれませんが、それは取っ掛かりにすぎません。

そして仕事を取る中でクライアントとはさまざまな交渉が必要です。報酬の折衝はもちろんですが、クライアントとの認識すり合わせも重要になります。相手の意図しているものは何か、自分が今できるものは何か、ということを交渉のテーブルに乗せ、押し引きをする…その中でトータル的な交渉技術が身についていくのです。

プレゼンに役立つ

イラストレーターでもそれ以外の職でも、絵で物事を提示できるのは大きな武器です。文面では何ページも長々と説明しなければいけないものでも、イラストであればちょっとした補足テキストをつけるだけで、誰もが直感的に理解することができます。

この能力がいかんなく発揮されるのがプレゼンです。時間の区切られているプレゼンでは、いかに相手に早く、深く理解してもらうかが重要になります。その時にイラストで大事な部分を表現すれば一瞬で全員に理解してもらえます。

どのような人がイラストレーターに向いているの?

絵を描くのが何よりも大好き

イラストレーターになるには、何よりもまず絵を描くことが好きであることが大前提です。イラストレーターは、時に自分の描きたい絵とは異なるイラストを描かなければならないこともあります。

また、イラスト制作は、何度も依頼主から描き直しや修正を指示され、やり直しをすることが当たり前です。何度もダメ出しされ、要望に沿ったイラストを描かなければいけない状況のなかで、絵を描くモチベーションを維持するためには、やはり本人が何より絵を描くことが好きでないとできないことです。

トレンドに敏感であること

イラストには、時代に求められる作風というものが少なからず存在します。イラストの作風が時代にあっていなければ、企業からイラスト制作の依頼も来ませんし、目にする人への訴求効果も薄れます。世の中の流行やトレンドを追い、求められるイラストやデザインは何かを考えられないと、イラストレーターとして仕事を続けることは難しいともいえます。様々な分野にアンテナをはり、トレンドを追うことがイラストレーターには求められます。

Adobe系ソフトやイラスト制作ソフトのスキルがある

イラストレーターになりたいのであれば、単に絵を描くだけではなく、画像制作ソフトを使えるようになっておきましょう。

少なくともAdobeのPhotoshop、Illustratorはデザイン分野とイラスト制作双方において必須のソフトになっています。これに加えてCLIP STUDIOやSAIなどのイラスト制作ソフトを使えるようにしておきましょう。

コミュニケーション力が必要

イラストレーターは絵だけを描いていればいいようなイメージですが、実際に依頼主の要望にかなったイラストを制作するためには、クライアントとの打ち合わせやヒアリングを丁寧に行う必要があります。

クライアントが「目立つイラストを希望」と言った場合、「目立つ」と言う言葉が何を意味するのかを意識して視覚化しなければなりません。言葉一つにとっても、相手が抱くイメージと、こちらが抱くイメージはまったく違うこともよくあることなので、その点を理解、把握し、刷り合わせていくコミュニケーション力が試されます。

まとめ

以上、イラストレーターの仕事内容について解説しました。まとめると、イラストレーターになるためには、

以上の5点が大切です。