この職種の求人情報を見る

マーケティングの仕事研究

よく「ヒット商品の裏に仕掛け人にあり」とメディアで取り上げられてます。この仕掛人がマーケティング業務を担っているマーケッターです。マーケッターはスポットライトを浴びることが多く花形の職業と言われています。そんなマーケティングの仕事は「実際のところマーケッターとはどんな業務内容か分からない…」と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、マーケティングの仕事内容だけでなくマーケッターになるための方法や仕事のやりがい・身につくスキルを紹介していきます。マーケッターに向いている人の特徴も紹介するので自分が当てはまっているかどうかチェックしてみてください。

マーケティングとは?

マーケティングは「売れる仕組み」を作ることや考えることが仕事です。一般的には「調査のプロ」というイメージがありますが、実際の業務はそれだけにとどまりません。調査業務は「売れる仕組み」を作り出すタスクの1つに過ぎないのです。

マーケティングとは、商品が1つでも多くかつ効率的に売れるよう市場調査や企画、販売や宣伝など全行程に関わる活動を指しているのです。つまりマーケッターは、商品を売るためにチームをまとめる監督と言えるでしょう。次はマーケッターの業務内容をより掘り下げていきます。

市場調査やターゲット分析を行う

マーケッターの仕事は「売れる仕組み」を考え作ることです。そのために必ず必要な業務が、徹底した市場調査とターゲット分析です。ターゲットとなる消費者の好みや趣味趣向・よく利用する購買場所や抱えている悩みなど、見込み客となるターゲット層がどんなニーズを持ち、どんなライフスタイルを送っているかなどを情報収集し分析するのです。

そうすることで、ターゲットの購買意欲を掻き立てる商品企画や販促プロモーションを作り出すことができるのです。また調査はターゲット分析だけではありません。市場調査も重要な調査のひとつです。狙った業界内の流行やライバル社の動向などをしっかりリサーチすることで、ライバル社を出し抜くこともできるのです。マーケティングにおいて市場調査やターゲット分析は、今後の方向性を決めるとても重要なタスクなのです。

商品のコンセプトや企画を考える

市場調査やターゲット分析で業界や見込み客のニーズを把握したあとは、商品のコンセプトなどを企画担当者と考えていきます。コンセプトの立案は、商品企画だけでなく販促活動にも関わってくる重要項目です。そのためマーケッターと商品企画担当者が一緒に考えることが主流です。また会社によっては調査結果を企画担当者に伝え、コンセプトの立案にマーケッターが深くかかわらないケースもあります。

さまざまな方向から「売れる企画」を考え関連部門をリードしていく

商品のコンセプトが決定したあとは、商品企画・営業など各部門に決定事項が共有され、それぞれより深く企画や販売エリアなどを練っていきます。商品企画担当者はよりヒット商品を生むためのアイデア出しを行っていきます。営業担当者は、商品の価格や販売エリアを検討し効果的な販促キャンペーンを考えていきます。

このようにさまざまな方向から「売れる企画」をチームとして作っていくのです。そして、その中心にいる存在がマーケッターです。関連部門が上手く連動し、幹となるコンセプトにズレが生じないよう全体のまとめ役も担っているのです。

WEBマーケッターは広告運用やSEOなどにも関わっている

一般的なマーケッターの仕事は、マーケティング業務全般です。でもIT業界で活躍するWEBマーケッターは少し違います。一般的なマーケティング業務に加え、リスティングなどの広告運用やSEO・LPO(ランティングページ最適化)なども手掛けています。WEBマーケティングの場合、コンセプトを考えたり市場調査をすることも重要ですが、インターネット上から見込み客を取り込むリスティング広告の運用やSEO施策なども必須になってくるのです。

またネット上で購買に繋げるためのLPO施策も大事な仕事のひとつです。会社により担当業務の範囲はさまざまですが、WEBマーケッターの一般的な業務に広告運用やSEO施策が入らないことはほとんどないでしょう。オフラインのマーケティング業務とオンラインのマーケティング業務には多少の違いがあります。IT関連会社のWEBマーケターの場合、両方のマーケティング業務を兼任することもあります。

マーケッターになるには?

マーケッターになるために特定の学歴や資格は必要ありません。もちろんマーケティング理論や統計学を学んでおくことで就職が有利に運ぶこともあります。ですが予備知識がマーケッターになるための必須項目ではないのです。マーケッターになる代表的な方法は下記2つです。

大学などでマーケティング理論や統計学を学び企業に就職する

大学などでマーケティング理論や統計学を学び、企業に就職することでマーケッターになることができます。ただ希望通りマーケティング部門にすぐ配属されるとは限りません。花形と言われるマーケティング部門は人気があり競争が激しいのです。別部署で実績を上げマーケティング部門に移動できることもあるでしょう。

また企業のマーケティング部門以外に、リサーチ会社やプランニングオフィス・広告代理店やシンクタンクなど幅広い場所でマーケッターの需要があります。マーケティング業務の中でも、企画や販促の仕事をメインに行いたいのかリサーチやコンサルティングのスペシャリストを目指したいのか、自分の目指す方向性を見極めた上で働く場所を選ぶと良いでしょう。

就職や転職後、働きながら学ぶ

マーケティング理論などの予備知識がなくとも、マーケッターになることができます。営業職や企画職からマーケッターに転身するパターンの人も多くいるのです。また未経験であったとしても就職後、マーケッター補佐として働きながらマーケティングのノウハウを学んだのち活躍している人もたくさんいます。もちろん企画や営業などの実務経験や予備知識があると優位になりますが、ゼロからマーケッターを目指すことも不可能ではありません。

マーケティングにはどんなやりがいや身につくスキルがある?

ここではマーケティングにどんなやりがいや身につくスキルがあるか紹介していきます。

マーケティングのやりがい

まずはマーケティングのやりがいを2つご紹介いたします。

自分のアイデア次第でヒット商品を生み出せる

マーケッターは、自分のアイデア次第で世の中にヒット商品を送り出すことができます。そのため大勢の人に影響を与えることができ、感謝されたり喜ばれるのです。その結果、日々のマーケティング業務に大きなやりがいを感じるのです。業種によっては、流行の最先端を行くことも可能です。

世の中の流行りを自分の手で作り出すことに、面白さを見出すマーケッターも多いです。またマーケッターは顧客心理を深く読みとり「どうすれば売れるのか?」を何度もテストし購買に繋げていきます。一見華やかに見えますが、実際のところ地味なテスト作業が多いのです。そのため何度もテストを繰り返した結果、大ヒットに繋がったときは多大な苦労が報われた喜びを噛みしめることができるでしょう。

情報収集スキルや分析能力が身につく

マーケッターの必須スキル。それが情報収集スキルと分析能力です。実務経験を重ねるにつれ、この2つのスキルが身につきます。情報収集スキルは日常生活の中のふとした瞬間に顧客の隠れたニーズに気付く能力だったり、まだ世間に認知されていないプロモーション法を見つけたり、「他者が見逃すものに気づく能力」と言えるでしょう。

また分析能力は、プロモーションの過程ではじき出される成約率などの数字をもとに「一番訴求力のある言葉はどれか?」「今のキャンペーンをこのまま進めていいのか?」などを分析しPDCAをまわしていく能力のことです。マーケティング業務は、企画が完成して終わりではありません。「どうすればより効率的により多くの商品を売ることができるか?」を考えることも仕事のひとつですから、日々の分析・改善能力も身につけることができるでしょう。

マーケティングとして身につくスキル

次にマーケティングとして身につくスキルをご紹介いたします。

リーダーシップ能力が身につく

マーケッターの業務は、アイデア出しや企画を練ることだけではありません。ヒット商品を生み出すために多くの関連部署と連携を取る必要がありますから、マーケッターの仕事は単独業務よりもこの連携プレイの方が多いと言えるのです。商品企画部門や営業部門など社内外問わず多くの人達と関わりを持ちます。

このチームのリーダーとしてひとつのプロジェクトを成功に導く役割を担っているのです。日々の細かいコミュニケーションから、各部門のフォロー・各部門同士の連携の手助け・社外担当者との打ち合わせなど。それぞれ相手の立場に立ち全体をまとめながら物事を進めていく。どの会社に行っても求められるリーダーシップ能力を身につけることができるでしょう。このリーダーシップは、昇進やスキルアップを望むなら将来役立つ能力です。

どのような人がマーケティングに向いているの?

ここではマーケッターに向いている人の特徴を紹介していきます。

ゼロから何かを生み出すことが好きな人

マーケッターは、ゼロから新規事業やプロモーションを立ち上げることが多いです。そのため何の基盤もないゼロの状態からでも何かを生み出すことに、やりがいを感じられる人が向いています。ゼロから何かを生み出すことは、予想以上に大変な労力と時間がかかります。その反面、全てゼロから自分色に染めていくことができるため、そこに喜びやおもしろさを見出すマーケッターも多いのです。

数字分析が得意な人

マーケッターの必須スキル。それは数字の分析能力です。特に主流となっているWEBマーケティングでは、この数字分析が必須です。HPへの訪問数は?クリック数は?成約率は?平均滞在時間は?など、さまざまな数字をもとに、どうすればより売上に繋がるかを分析し改善策を出していきます。そのため数字分析が得意な人や苦にならない人はマーケッターに向いていると言えるでしょう。

まとめ

マーケティングの仕事は、新規事業やプロモーションを陰で仕切るブレーンとして世の中に大きな影響を与えられます。自分が出したアイデアやサービスが大勢の人に使われ、メディアなどで取り上げられる可能性も十分にあります。業種によってはトレンドの最先端で活躍することもできますので、多くの可能性を秘めている仕事。それがマーケッターと言えるでしょう。