この職種の求人情報を見る

ネットワークエンジニアの仕事研究

企業の業務効率化を図るために、社内ネットワークなどを利用して、ネットワークインフラを整えるために必要な職種がネットワークエンジニアです。主な仕事内容は、ネットワークの設計から始まり、設計書に基づく構築作業、さらに構築後の運用や監視にまで至ります。インターネット社会の急速な普及によって、人材不足が懸念されているため、今後も必要とされる職種です。

ネットワークエンジニアとは?

企業内のネットワークインフラを設計から構築、さらに構築後の運用、運用中に起こるトラブルの監視や対応まで、業務内容が幅広い職種です。したがって、ネットワークに関する幅広い知識と経験が必要になります。さらに、複数人のチームで仕事をすることが多く、円滑に仕事を進めていくための、コミュニケーションスキルも必要となります。また、担当案件の規模によっては、1人ですべての工程を行う場合もあります。

インターネット社会が急速に発展してきたことによって、ネットワークインフラ構築による、業務効率化も図れるようになった一方で、セキュリティー面での心配事も増えました。そのため、セキュリティーに関する需要も増えているため、企業のネットワークインフラを構築するには欠かせない職種です。

ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニアは、インターネットやネットワークを通じて業務の効率化をする仕事ですが、仕事内容は3つに分けることができます。

ネットワークの設計

クライアント企業のネットワーク環境を確認したり、実際に担当者からヒアリングを行い、より具体的な状況を把握します。そのうえで、予算内でどのようにすれば業務効率化やコスト削減、セキュリティ強化など実現可能なのか設計します。その結果を元に、必要な機器の選定や設定、構築の流れなどを洗い出し設計書を作成します。

ネットワークの構築

設計書に基づいて、選定した機器の設置や設定、構築を行っていきます。構築中はチームで仕事をしていれば、他のエンジニアたちとコミュニケーションをとりながら「設計書通りに進んでいるか?」「トラブルは起きてないか?」なども確認し、テストをしながら構築していきます。

ネットワークの運用・保守

構築が終われば、実際に運用を行っていきます。ここまでくれば、それほど行う仕事は多くありませんが、状況に応じて設定変更などを行いつつ、ネットワークシステムを監視します。そして、障害発生時にはトラブルの対応を迅速に行います。

ネットワークエンジニアになるには?

ネットワークエンジニアになるには、未経験者採用を行っている企業に入社することが、一番の近道となります。近年の需要増加に伴い、未経験者でも研修で育てていくという企業も少なくありません。さらに、ネットワークエンジニア関連の資格取得もアピールポイントになります。ネットワークエンジニアとして働きたいという熱意が伝われば、未経験からでもなることは可能です。

ネットワークエンジニア関連の資格を取る

ネットワークエンジニアには、関連した資格がありますので、取得することは武器になります。まずは、世界的ネットワーク機器メーカーのシスコシステムズ社が認定する、下記の資格取得を目指しましょう。

基礎レベルの知識の証明となるのは「CCNA」

さらに必要であれば、下記の資格もスキルアップになります。

CCNAの上位資格で、世界中で通用するレベルの「CCIE」

シスコシステムズ社以外にも、国家資格も存在します。

システム開発から指導まで一貫して行える、スペシャリストの証である「ネットワークスペシャリスト」

最低限CCNAを取得出来る、知識やスキルを身に付けておきましょう。

未経験者でもなれる職種

ネットワークエンジニアは、未経験者でもなることが可能な職種です。実際に、未経験者を募集している企業も少なくありませんが、全くパソコンを触ったことがない方は、初めは慣れない専門的な勉強ばかりで、頭を抱えることが多い職種ではあります。ですが、未経験者採用を行っている企業では、未経験者向けの研修が充実していることが多く、初めは大変かもしれませんが、ネットワークエンジニアとして成長できる環境が整っています。

まずは応募してみる

まずは、未経験者歓迎の求人に応募してみましょう。未経験でネットワークエンジニア関連の資格を持っていなくても、IT業界の基礎知識やWordやExcelの使い方などの基本的な部分から、研修を行ってくれるところもあります。未経験者の求人に注目しながらも、研修内容も一緒に注目して、現在の自分のレベルに合わせた求人に応募してみてください。その際には、今後どうしていきたいのか、こんな資格を取得したいなど、未経験ながらも熱意をアピールすることを忘れてはいけません。

ネットワークエンジニアにはどんなやりがいや身につくスキルがある?

ネットワークエンジニアにはどんなやりがいがあるのでしょうか。また、ネットワークエンジニアという仕事で身につくスキルにはどんなものがあるのでしょうか。順番に見ていきましょう。

ネットワークエンジニアのやりがい

まずはネットワークエンジニアのやりがいを2つご紹介いたします。

企業のネットワークインフラに関わる重要な仕事

ネットワークエンジニアは、クライアント企業のネットワークインフラに関わる仕事です。ネットワークインフラを整えることで、業務効率化やコストカットにもつながるため、根幹から企業を支えることになります。そんな重要な仕事に、設計から構築作業、運用やトラブル等の監視まで一通り関わっていきますので、達成感はもちろん、やりがいも十分にあります。

未経験からフリーランスまでの道が開ける

未経験からでも勉強して経験を積んでいけば、世界的に認められているCCNAなどの資格を取得できたり、1人で提案から構築後のトラブル対応まで、クライアント企業のネットワークインフラを支えているという、やりがいがあります。

さらに、資格を取得すれば、資格に見合った給与アップも見込めますし、スキルや経験を積めば会社員よりも稼げる可能性のある、フリーランスへの転身も可能になりますので、モチベーションが下がりにくいです。

ネットワークエンジニアとして身につくスキル

次にネットワークエンジニアとして身につくスキルをご紹介いたします。

専門用語を分かりやすく相手に伝えるスキルが身に付く

クライアント企業には、ネットワーク関連の知識がなく、専門用語等も分からないことが多々あります。エンジニアとして基本的な用語だとしても、何も分からないクライアント企業からしてみれば、不安になります。

したがって、そう言った基本的な用語なども、噛み砕いて説明できるスキルが必要になります。ネットワーク構築の説明や状況なども、噛み砕いて説明していくことで、クライアント企業の理解も深まり、食い違い等もなくなっていきます。難しい内容を、簡潔に分かりやすく相手に伝えるスキルが、実務レベルで身に付きます。

どのような人がネットワークエンジニアに向いているの?

ネットワークエンジニアで向いている人の特徴はいくつかあります。変化の早いIT業界なので、最新のIT技術に興味を持ち常にチェックしていたり、突発的なトラブルへの対応が苦ではなかったり、コミュニケーションが積極的に取れる方が向いています。

成長意欲が高い人

他の業界では考えられないほど、速いスピードで変化が起こるIT業界。ネットワークエンジニアも、ネットワーク関連の情報や技術は、常に進化し続けていますので、最新の動向をより早く得ようとする向上心のある方は向いています。

最新の動向や技術を常に把握しておくことで、クライアントからの要望にも答えやすくなり、信頼も増していきます。初心者であれば、なおさら、向上心を持って取り組むことで、自身の成長にも必ずプラスになっていきます。

臨機応変に対応できる人

ネットワーク構築後の仕事として、維持や監視の仕事もあります。その時々によって状況も変化するので、それに応じた対応が求められます。そのため、設置した機器の設定を見直したり、急なトラブルなどにも迅速に対応していく必要がありますのでイレギュラーな事態にも、慌てること無く臨機応変に対応できる方は向いています。

クライアントと積極的に連絡が取り合える人

ネットワークエンジニアは、設計の段階からクライアント企業へのヒアリングを行っていくので、この時点で密にコミュニケーションを取り合えると、その後の構築段階での食い違い等も発生しにくくなります。仕事の進捗が捗ったり、クライアントからの信頼がアップします。特に、トラブルが発生した時に、クライアントとのコミュニケーションが取れていれば、仕事も円滑にしやすくなります。

まとめ

ネットワークエンジニアは、IT業界に興味があれば未経験者でもチャンスがある職種です。ネットワークに詳しくなくても、充実した研修を行っている企業も多いので、エンジニアとしての第一歩を歩み出すにはもってこいです。ただし、仕事の幅がかなり広く、常に向上心を持って取り組む姿勢が必要です。そして、急なトラブル対応やクライアントとのコミュニケーションなども、しっかりと行っていく必要があります。

大変な仕事ではありますが、その分、スキルや資格を取得すれば給与アップに繋がりますし転職時にも大いに役立ちます。経験を積めばさらに大きな報酬を得られるフリーランスへの道も開けます。ネットワークエンジニアという仕事を通じて、得られるものは一生もののスキルばかりなので、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか?