この職種の求人情報を見る

テクニカルライターの仕事研究

テクニカルライターとは、取扱説明書や仕様書を制作する職種を指します。家電製品やパソコン、車、スマホなど、その使い方を分かりやすく伝えることが大切な仕事です。今回は、どうすればテクニカルライターになれるのか、どんなやりがいがあるのか、どんな人に向いているのかなどを解説していきます。

テクニカルライターとは?

世の中には様々な製品が溢れており、それと同じくらいの『取扱説明書』や『仕様書』が存在します。商品のことを全く知らない人が、商品を使うために読むのが取扱説明書。だからこそテクニカルライターには、商品のことをきちんと理解し、かつ分かりやすくかみ砕いて書くことが求められます。

ライティングを担当する製品も多岐にわたります。家電やパソコンなどの電化製品、自動車など。製品が違えば必要な知識も変わってくるため、担当製品によって学習していくことが求められます。

最も多い執筆物は取扱説明書ですが、他にも仕様書などを担当することもあります。この仕様書の使い方も様々ですが、例えば自動車の場合、販売会社の営業に特徴やメリットを伝えるものもあれば、整備士向けに整備方法やパーツの特徴などを細かく記載したものなども存在します。

テクニカルライターの仕事のおおまかな流れ

開発担当者と打ち合わせ

まずはその製品を開発した企業の担当者と打ち合わせを行っていきます。製品についての解説を受けるだけでなく、どんな取扱説明書や仕様書を作っていくかをイメージした上で、必要な情報を聞き出すためのヒアリングを行うことが大切です。開発担当者は1名だけではなく、それぞれの機能別に複数名の担当者と打ち合わせを行うこともあります。

実際に製品を使ってみる

ライティングを担当する製品を実際に使うことで、どんな疑問が出てきそうか、何に注意すべきかなどをイメージしていきます。他のライターの仕事と比べても、このフローが非常に重要です。製品を知り尽くさなければ、詳細な取扱説明書や仕様書を書くことはできません。

骨子の作成と修正

ヒアリング内容をもとに、どんな構成で文章を作っていくか、まずは大まかな概要を考えていきます。ざっくりと目次と骨子を決めるようなイメージです。この段階でクライアントの意図と大きくずれてしまうと、後々全体を作り直さなければならないため、骨子を作成した段階でクライアントに提出し、修正を繰り返していきます。

素材収集

取扱説明書や仕様書には、文章以外に写真やイラストも必要です。こうした素材も集める必要があります。多くの場合はクライアントに用意してもらうことになるため、どういった素材が必要なのかを伝え、用途や配置も検討していきます。

ライティング作業

骨子の確認が終わり、素材も集まったら、実際にライティング作業に入ります。広告コピーなどの商業文章と違い、テクニカルライティングの場合は、読み手に分かりやすく、祖語なく伝わる文章が求められます。面白可笑しい表現や創作などは必要ありません。『祖語なく伝わる』という部分が特に難しく、企業の開発担当者やテクニカルライター自身は分かった上で書くので、客観的に“誰でも分かりやすい文章か”を厳しく見る目が必要です。

完成した文章のチェック・修正

制作物が完成したら、クライアントに提出し、チェックをしてもらいます。テクニカルライティングの場合、他の文章作成以上にこの工程が重要になります。テクニカルライター自身は開発を担当しているわけではないので、その製品に関して全てを知っているというわけではありません。ですのでクライアントがチェックし、不足情報などを細かく指示されることになります。それらの情報を修正、そしてその後何度もチェックと修正を重ねて、完成を目指していきます。

文字校正

最終的な文字校正作業も重要。自動車や医療機器などであれば、使い方の間違いが最悪の場合、大けがや人命につながることすらあり得ます。それほどに責任のある仕事と自覚し、文字校正も行わなければなりません。

テクニカルライターはどんな会社にいるの?

テクニカルライターは制作会社やメーカーにいることが多い仕事です。専門性が高い仕事なので、どんな制作会社にもいるわけではなく、テクニカルライティングに長けた制作会社であることが多いといえます。またそもそもその商品を開発するメーカー自体にも在籍していることが多いです。

この他にフリーで活躍するテクニカルライターもいます。企業やメーカーなどで経験を積み、フリーとして幅広い製品のライティングを担当しています。ただ、専門性や秘匿性の高い仕事でもあるため、セキュリティやノウハウの問題から、フリーよりも企業に属して働くテクニカルライターのほうが圧倒的に多いのが実情です。

テクニカルライターになるには?

求人を探すなら転職サイトか転職エージェントへ

テクニカルライターの求人はかなり少なく、大手転職サイトであっても数件しか掲載されていません。ですので、どうしても目指したいという方は転職サイトだけでなく転職エージェントなどにも登録をオススメします。

キャリアチェンジのパターン

テクニカルライターという仕事は専門性が高いため、まったくの未経験から採用されるというケースはほとんどありません。大抵はライターとしての経験か、メーカーでの技術者としての業務経験が求められるでしょう。

ライターであればライティングスキルがあるので製品知識を身に付ければ事足りますし、技術者の経験があればライティングスキルを身に付ければ問題ありません。特にテクニカルライターの場合は表現力や独創性などは必要ないため、業務に必要なレベルのライティングスキルも比較的早期に身に付けられるはずです。

テクニカルライターにはどんなやりがいや身につくスキルがある?

テクニカルライターにはどんなやりがいがあるのでしょうか。また、テクニカルライターという仕事で身につくスキルにはどんなものがあるのでしょうか。順番に見ていきましょう。

テクニカルライターのやりがい

まずはテクニカルライターのやりがいをご紹介いたします。

自分が手掛けた取扱説明書で製品が正しく使われること

テクニカルライターとして最もうれしい瞬間は、自身が手掛けた製品が市場に出回るときでしょう。取扱説明書を見てユーザーは製品を使い、仕様書を見て営業が提案を行い、整備士が修理をする。取扱説明書や仕様書が無ければ、製品を正しく使えない人もいるでしょう。製品が正しく使われること、そして世の中に広まっていくことを支えている仕事です。

テクニカルライターとして身につくスキル

次にテクニカルライターとして身につくスキルを2つご紹介いたします。

的確に物事を伝える文章力

テクニカルライターに求められるのは表現力ではなく、物事を正確に伝える文章力です。相手に齟齬なく伝わるというのは、文章の基本。表現や創作は、その先にあるものです。ライターとして最も重要なスキルが仕事を通じて身に付いていくといっても過言ではありません。

物作りやメーカーへの知識

制作にあたって、まずは製品を理解する必要があります。その過程でメーカーの開発担当者に話を聞き、製造方法や製品そのものに対しての理解を深めていきます。これを続けていくことで、様々な製品や幅広い製造業種についての知見を深めることへとつながっていきます。

どのような人がテクニカルライターに向いているの?

文章制作を仕事にしたい方/

大前提となる条件です。テクニカルライターはライターの中でも専門性が高い仕事なので、ほとんどの場合、職種・業界未経験から目指すものではありません。おそらくメーカーでの技術者経験者か、文章制作自体をすでに仕事にしている方がほとんどだと思います。技術に関する知識を活かして文章制作の仕事をしたい、または文章制作の専門性を深めていきたいという方に向いている仕事です。

物作りに興味がある方

製品の取扱説明書や仕様書を作成していきますので、製品に興味を持つことが大切です。どんな背景で製品が開発されたのか、どんなこだわりがあるのか、なぜこの機能があるのかなど、とにかく製品や作り方などに興味を持ち、調べていくような姿勢を持てる方に向いています。モノづくりやメーカー自体が好きなライターには適職かもしれません

自分の文書を客観視できる方

取扱説明書であれば、まったく知識がない人が読んだときに分かるかどうかを厳しく客観視する目が必要です。文章というものは、書いた本人は伝わる気で書いてしまうもの。そうした事情を一切捨て、自分の文章だと思わずにチェックできる客観的な見方ができる方に向いています。

まとめ

テクニカルライターという仕事は、数あるライターの仕事の中でも専門知識が求められるものです。そしてクリエイティビティに関してはむしろ求められません。ゆえに独創的な発想ができなくとも、人が考え付かない表現ができなくとも、知識習得や勉強次第で優れたライターを目指すことができます。

専門的であるがゆえに、学ぶことも多く、決して簡単な仕事ではありません。だからこそ企業から重宝されますし、息の長い仕事ができるといえます。今ライターとして仕事をしている方の次のキャリアとして、また技術者からのキャリアチェンジ先として、オススメできる仕事です。