この職種の求人情報を見る

Webコンテンツ編集の仕事研究

大昔はなかった職業ですが、近年では欠かせない業種となったWebコンテンツ編集。その職業の仕事の幅は非常に広く、あなたが持つ様々なスキルを色々な方向で活かすことが出来る非常に魅力的な職業です。業務が多方面に渡るため、業務を通してあなたのスキルもどんどんアップしていくことでしょう。

この記事では、Webコンテンツ編集の仕事の内容、Webコンテンツ編集になるためにはどうすれば良いのか説明していきます。

Webコンテンツ編集とは?

具体的な業務

Webページの情報更新、受注管理・発送管理などのオンラインストアの運営業務からwebコンテンツの自身での企画、特集ページの企画なども担当します。それだけでなく、記事作成や、外注企業との交渉業務など幅広い業務を担当するため、あなたのスキルを存分に活かすことが出来る職業です。

Webコンテンツ編集の現代における重要性

Webコンテンツ編集は、企画能力はもちろんのことですが、チームのディレクションも行う職業です。言わば、プロジェクトの舵取りを行う仕事とも言えます。何気なくあなたがWebで見ているオンラインストアや、特集記事や特集ページも、Webコンテンツ編集の担当者が生み出したもの、と言う訳です。

プロジェクトの成功可否は、Webコンテンツ編集の企画力とディレクション能力に掛かっているとも言え、スキルを問われる非常にやりがいのある仕事です。企画力、管理能力、交渉能力など幅広いスキルが必要とされ、業務を通じて大きく自分自身を成長させることも出来る魅力的な職業なのです。

Webコンテンツ編集になるためには?

転職活動はどのように行えば良い?

Webコンテンツ編集になるために、いざ転職活動を始めよう!と思った際に、必ず利用すべきなのが、転職サイトです。Webコンテンツ編集の求人が場合によってはない場合もあるため、グーグルなどの検索エンジンで「Webコンテンツ 編集 求人」などのワードで、検索をするとより探したい情報がヒットしやすくなります。

企業のホームページの求人を探すよりも、遥かに早いスピードで多くの求人を見つけることが出来るので、活用しない手はありません。Webコンテンツ編集に限ったことではありませんが、転職活動の基本線は、転職サイトを活用することなので、最低でも2~3つ程度は登録しておくようにしましょう。

転職サイトをより有用に活用しつつ、オープンになっていない非公開求人を見つけたいのであれば、転職エージェントを活用することがオススメです。一口に転職エージェントと言っても様々な転職エージェントがありますが、転職エージェントは企業と太いパイプを持ち、通常の転職活動よりも優位に転職活動を進めやすくなります。

担当となった転職エージェントからアドバイスや書類の添削指導、面接対策などを無料で受けることが出来るため、利用することにより、より優位に転職活動を進めることが出来ます。また、転職エージェントはあなたに変わって選考のスケジュールを調整してくれたり、給与交渉を行ってくれたりと働きながらの転職活動においては、非常にありがたい存在であるとも言えます。

何故そんな転職エージェントが無料で利用出来るの?と疑わしく思ってしまう方もいるかもしれませんが、転職エージェントはあなたが紹介した企業へ入社することになれば、あなたの年収の1~2割程度を報酬として受け取っています。そのため、あなたの転職活動が成功すれば、しっかりと転職エージェントに見返りのあるビジネス構造になっています。

Webコンテンツ編集になるために求められるスキルとは?

Webコンテンツ編集になるために求められるスキルは、以下の通りです。

コミュニケーション能力

多くの人と接する機会が多い仕事のため、高いコミュニケーション能力が求められる仕事です。対外的な交渉もそうですが、プロジェクトのメンバーのまとめ役を兼ねることも多いため、コミュニケーション能力は必須とも言えます。

企画力、発想力

企画力・発想力も重要な仕事で、トレンドを抑えることの出来るようアンテナを貼り続けることが重要です。仕事の中だけでなく、テレビやSNSなどで情報収集し、それを仕事を活かすことも一つ重要です。発想力次第では、Webという広大な海の中で、自由に仕事の幅を広げることも出来るため高い企画力と発想力が求められます。

Webコンテンツ編集にはどんなやりがいや身につくスキルがある?

Webコンテンツ編集のやりがい

Webコンテンツ編集のやりがいは主に2つです。

大きなトレンドを生み出せる

今の時代は多くの人が、1日に何回も何十回もWebページを開く時代です。優れたコンテンツは多くの人に見てもらえる可能性も高く、やり方次第では大きなトレンドを生み出すことも出来るのが非常に大きなやりがいと言えるでしょう。Webの仕事の痕跡は、その後長い時間オンライン上に残り続けるため、自分がやった仕事の足跡を、残しておけることも大きな魅力です。

1からプロジェクトを立ち上げ、最後まで関われる

また、1つのプロジェクトをイチから立ち上げ、それを成功へと導く達成感は非常に大きなものがあり、多くの人を巻き込んでプロジェクトを成功させるという大きな醍醐味があります。もちろん良いアイディアや企画が浮かばなかったり、チーム内でのコミュニケーションが上手く取れず苦しんだりすることもあるかもしれませんが、成功した時の達成感は何ものにも変えがたいものがある職業と言えるでしょう。

Webコンテンツ編集として身につくスキル

Webコンテンツ編集として身につくスキルは主に3つです。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力は前述の、Webコンテンツ編集になるために必要なスキルで触れたものと同様ですが、Webコンテンツ編集という仕事を通して、よりそのスキルをアップさせることが可能です。

マネジメント能力

プロジェクトを進めていく上では、プロジェクトチームの管理や、プロジェクトに関わる様々な外注との業務が発生します。それらを通じて、高いマネジメント能力をつけることが可能です。

人脈

広い人脈を作ることが出来ることもWebコンテンツ編集の仕事の魅力と言えるでしょう。

「多くの人と関わる」と書きましたが、仕事を通じて多くの人と関わるということは、それに伴って自然と人脈が広がっていくということでもあります。人脈の広さは思わぬビジネスチャンスを与えてくれたり、良いアイディアを得るためのキッカケとなることも多く、非常に大きな財産となります。

どのような人がWebコンテンツ編集に向いているの?

人とコミュニケーションを取ることが好きな人

これまでコミュニケーション能力が重要という点には何度か触れてきましたが、やはり人とコミュニケーションを取ることが苦にならず、好きだという人はWebコンテンツ編集には向いていると言えます。プロジェクトのチーム内および外部の人ともコミュニケーションを取るケースが非常に多いため、人と接することが好きな方は、Webコンテンツ編集には向いています。

誰もやったことのないことにチャレンジする前向きな気持ちがある人

Web上には多くの情報が存在しているため、注目されたり、多くの人に見てもらうためには誰もやったことがないような新しいことにチャレンジしようとする姿勢は非常に重要です。一つのプロジェクトを企画し、立ち上げ、成功へと導くためには、後ろ向きな気持ちであってはいけません。常に前向きにチャレンジする姿勢を持っていることが重要と言えます。

型に捉われない、自由な発想が出来る人

Webコンテンツ編集には、別項目でも紹介しましたが、企画力、そして発想力も重要な職業です。「セオリーはこうだから…」と型にはめてしまうのではなく、自由な発想で物事を考える人がWebコンテンツ編集に向いています。

リーダーシップが発揮出来る人

Webコンテンツ編集はプロジェクトメンバーのディレクション、そしてマネジメントも重要な職業です。プロジェクトの成功可否はあなたのリーダーシップにかかっているとも言え、先頭に立ってリーダーシップを発揮することの出来る人が、Webコンテンツ編集に向いています。

情報収集に余念がない人

発想力や企画力を高めるのに重要な要素の一つが、情報収集です。普段の何気ないテレビやSNSの記事などにアンテナを張り巡らせ、しっかりと最先端のトレンドを押さえておくことはWebコンテンツ編集には欠かせない能力の一つです。普段から様々な媒体から情報を得ようとしている人はWebコンテンツ編集に向いています。

まとめ

以上、Webコンテンツ編集の仕事内容をご紹介させて頂きましたが、如何でしたか?Webコンテンツ編集は現代においては、非常に高い需要がある職業の一つです。元来持っているあなたのスキルに加えて、業務を通じて身につくスキルも非常に多く、仕事を通じたスキルアップも望める魅力的な職業と言えます。

もちろん困難にぶつかることがあったり、上手く行かないこともあるかもしれませんが、自分の手がけたプロジェクトを成功させた時の達成感は非常に素晴らしいものがあります。Webコンテンツ編集への転職を検討されている方は、是非前向きに検討してみて下さいね。