この職種の求人情報を見る

Webディレクターの仕事研究

Webディレクターは売り上げに直結するWebサイトを構築し、編集・デザイン・SEなどの製作スタッフを取りまとめるリーダーとして、円滑に業務を進捗させる(ディレクションする)ことが主な仕事です。クライアントや自社の売り上げを意識していくことはもちろん、そのプロジェクトに関わる企画・制作などを統括します。社内外において幅広い計画性が求められる仕事です。

Webディレクターとは?

Webディレクターとは、クライアントとWebサイトをどういった方向で作成していくかを話し合い、意見を交わしながら最適な作成チームを作るところから仕事がスタートします。サイトに必要な専門知識をもつライターを集めたり、取材を依頼したり、監修をお願いすることもあります。

デザイナーやプログラマーとの打ち合わせを重ねながら、クライアントの満足度を上げるためにどうしたらよいのかを話し合うことも。方向性をより的確にとらえる方法を駆使して、製作チームをまとめていくのです。Webサイトが完成し、サイトを訪れる人の数やターゲット層を狙えているかを分析していくリーダー的存在です。

Webディレクターの種類

仕事内容はタイプがあり、大きく4つに分類されます。

Webディレクターの仕事内容

システムディレクターにはSE経験者も多く、Web関連で働く人たちが職種変更して活躍することも少なくありません。それぞれに詳細な業務内容には違いはありますが、大きな流れを管理・取りまとめする形は変わりません。

などが主な業務内容です。デザインやライティング内容の品質を見極めることは、クライアントの要望や収益の満足度に直結することでもあるため、Webディレクターの腕の見せどころでもあります。チームで活動することが多いので、関わる人たちの雰囲気作りと予実管理を怠らない切り替えができれば、Webディレクターとしての資質が上がっていきます。

Webディレクターになるには?

Webディレクターになるには、Web専門スクールで学ぶ方法や、Webに関係する先輩方のアシスタントから始めることが多いです。中にはライターやSEなどが本職であっても、未経験でスタートできるチャンスもあります。クラウドソーシング上でも、未経験者からWebディレクターを募集してチャレンジさせてくれる案件も出ています。

サポート体制が整っていて、育てる意識のある企業と出会えれば、チャンスは巡ってくるかもしれません。未経験者の見習いからであれば収入面に期待はできませんが、学べることは多いので、そこを入り口としディレクターとしてのキャリアを詰んでいくこともできるでしょう。

経験できるという意味でも、無駄にならない学びが期待できます。しかしながら、実力主義の世界であることも否めません。経験以上に求められる、様々なスキルが必要です。

あると役立つ資格

Webディレクション検定試験

Webディレクターの指標となる、規格や仕様の一定品質をもった制作管理能力の認定試験です。

Webデザイン技能検定

Web関連の資格試験の中で唯一の国家試験です。Webデザインに関する広い知見が求められます。

Web解析士

アクセス解析やWebデータ解析など、マーケティング開発に必要な基礎力を示すことができます。

Webディレクターに求められること

クライアントからの依頼を受けるWebディレクターには、以下のようなスキルが必要とされています。

コミュニケーション能力

Webディレクターは、クライアントをはじめ関係するさまざまな職種の方と接することが多いです。関係性が崩れてしまえば、プロジェクトに遅れが生じたり、制作の意図が伝わらずにWeb制作が思うように進まなくなってしまったりします。方向性を伝えられる言葉の選び方や、チームが気持ちよく稼働できる環境作り、伝達事項が遂行されているかのチェックなど、柔軟な対象者へのコミュニケーションが求められます。

スケジュール管理・制作後の分析、運用能力

Webディレクターは、1つの案件だけでなく複数の案件を掛け持ちしながら業務を進めることが多いです。それぞれの関係者の間で進行状況、指示や確認が繰り返されるため、分かりやすいスケジュール管理能力が求められます。また、制作後もクライアントが希望するようなサイトに仕上がっているかどうか分析したり、運用しながらさらに収益を上げたりする能力も求められています。他にも、デザイナーなどとの関りも増えますので、Webデザインやシステムの知識があるといいでしょう。

Webディレクターにはどんなやりがいや身につくスキルがある?

Webディレクターのやりがい

Webディレクターがやりがいを感じられることには、次のようなものがあります。

達成感が得られる

まず何より、クライアントが悩んでいる問題を解決できたときの達成感、そして実際にリリースした際に集客が想像していたよりも多くあったときの満足感があげられます。

チームの一体感

プロジェクトメンバーとのコミュニケーションがうまくいっている、そんな環境を形成した際にもやりがいを感じられるでしょう。チーム力がアップすると、サイト品質も自ずと上がっていきます。また、新人メンバーのスキルアップを実感したときもうれしいものです。

給与が高め

リーダーやマネージャーの役割になることが多いので、給与もWeb業界では高めになっています。これもやりがいに繋がる一つの要因になるでしょう。

Webディレクターの仕事は、慣れるまでは結構ハードなものがあります。研修中のうちから数本のディレクションは難しく、限られた期間や予算の中で、メンバーを集め、クオリティを維持しなければいけないのです。また、企画力・調整力・分析力・トレンド対応力など、多くの要素が必要になります。これらを追求し、一つ一つクリアしていけることが、この仕事の醍醐味であり厳しさでもあります。

Webディレクターとして身につくスキル

経験していくうえで身について行くスキルには、多くのものがあります。最初からすべてを兼ね備えている人は少ないので、下積みをして経験しながら覚えることも多いかもしれません。身につくスキルの中でも、業務上役立つスキルは以下のようなものです。

アクセス解析

進行に自信があっても、分析や解析に自信がない方もいます。Webディレクターとして経験していくと、PVやインプレッション、エンゲージメント率、訪問者数といった数値での解析が求められます。こういったものを解析するアクセス解析ツールがいくつかあり、Google アナリティクス・Adobe Analyticsなどを使用できるようになってきます。

編集・ライティングスキル

制作チームの中で執筆するライターには、スキルの幅も大きく選定が難しいとも言われています。Webディレクターでありながら、同時にライターとして活躍する方も増えています。Webディレクターになる前にライター経験のある方も多く、編集や校正、ライティング全てにおいて経験している方も少なくありません。コンテンツに見合った構成ができることや、画像やイラストの最適な選択ができる力も育っていきます。

精神力・判断力

クライアントからの要望と制作側の板挟みになることもあり、精神力の強さや解決すべきことの優先順位の判断力なども必要になってくるスキルです。多くは段取りする上で、あらゆるケースを考えながら策をうつことがWebディレクターの身につけるスキルになっています。

どのような人がWebディレクターに向いているの?

責任感のある人

Webディレクターは、チームの統括者です。プロジェクトがスタートしてから、安易に抜けるといった無責任なことはできません。もちろん体調不良や重要な家の都合があればヘルプに回ってくれる人もいますが、フリーランスでWebディレクターを仕事にしている方は、私生活においても計画性や体調管理なども重要な仕事になってくるでしょう。

指示や確認が行き届かないと、多くの人が混乱することもありますので、リーダーとしての責任感をもって業務に取り組める人が向いています。

判断力のある人

クライアントからの要望に応えるために、Webディレクターはたくさんの市場調査を行います。例えば40代女性をターゲットにしている中でも、商品やサイト内の方向性によって、専業主婦なのか、富裕層なのか、節約に力を入れている人なのかなどの判断をする力が必要です。クライアントに納得してもらえるような根拠の提示ができるように、判断力は欠かせません。

柔軟性、臨機応変に対応できる

クライアントの要望が途中で変更になったり、仕様を変更することが決定したりすれば、また振り出しに戻って指示や計画をしなければならないこともあります。チームのメンバーの中には、上級者から初心者までが混在する場合もあるため、柔軟に対応する力や臨機応変に対処できることが求められるでしょう。

コミュニケーション能力に長けている

先にもお話したように、多くの人との関りをもつWebディレクターにはコミュニケーション能力が欠かせません。プロジェクトごとに初めて会う人も多く、仕事を前向きに進めることや全体の雰囲気を良くしていくためにも必要不可欠です。コミュニケーション能力があれば、メンバーの団結力もあがり、クオリティも向上していきます。雑談や挨拶なども自然とできる関係性を構築できるかどうかも重要です。

Web上の情報チェックを欠かさない人

ターゲットにするWeb上の人々が関心のあることを、しっかり市場調査してクライアントの収益につなげなければなりません。最新の情報に常に敏感である人は、Webディレクターとしても才能を発揮できるでしょう。また、実際に自分で足を運んでWeb業界のさまざまな勉強会にも足を運んでいる方も多いです。フットワークの軽さも必要です。

まとめ

たくさんの人とのかかわりがあるWebディレクターに憧れを抱く人は多いです。関わる人たちの中には在宅業務の方々も多く、顔が見えない中で信頼やリーダー性を感じてもらえるようなコミュニケーション能力が必要です。プロジェクトが成功すれば、メンバーと共に喜びを分かち合えるのもWebディレクターのやりがいになるでしょう。