コドモゴコロだらけ!? トップYouTuberが所属する「UUUM」社に潜入リポート!

UUUM株式会社
代表取締役CEO 鎌田さん(左) & 執行役員 兼 CTO 尾藤さん(右) & 執行役員 高田さん(中央)

HIKAKIN、はじめしゃちょー、瀬戸弘司、sasakiasahi、くまみき、ジェットダイスケ…名だたるトップYouTuberたちが所属していることでもおなじみ。「業界初・YouTuber向けのマネジメントプロダクション」といえば、UUUM(ウーム)株式会社です!

企業HPをのぞいてみると…所属クリエイターたちの顔ぶれの、まあ豪華なこと!彼らの動画制作からイベント、グッズ、ステージングの企画運営まで広くサポートしているというUUUM社のオフィスがあるのは、あのきらめく六本木ヒルズでございます。「いったいオフィスの中は、どうなっているんだろう」という好奇心がうずいた取材班。さっそく訪問してみました!


取材班は、六本木ヒルズ34Fへ到着。いざUUUM社のオフィスへ!

あった!
うわ、のっけから楽しい雰囲気!

壁にはUUUM社がサポートしていると思われるYouTuberの皆さんの写真が。みんな楽しそう!なんて思いながら待っていますと…

お迎えに来てくださいました!
新規事業を主に担当されている執行役員の高田さんです!

ざわざわ、ざわざわ…中に入ると、けっこう人の声があちこちから聞こえてきます。オフィスが静かな会社って多いけれど、UUUMオフィスはすごく賑やか!

楽しそうに打ち合わせをされていました。声をかけると、この笑顔!

こうした打ち合わせ組が、オフィスのあちこちにいらっしゃいました。

あ!あれ!「ON AIR」が光ってる!オフィスにこんな設備まで?!なに録ってるんだろう…と取材班はドキドキ。

ん?打合せスペースの奥に、何やらスゴそうなものが。

うわ、さすが!
「CONGRATULATIONS For Surpassing One Million Subscribers」
ですって。

わ、わんみりおん…?さすがですHIKAKINさん!

あ、こんなところにもHIKAKINさんがいるぞー!と取材陣は大騒ぎ。

ほんと、あちこちテンション上がるスイッチが転がっています。

なんだこれ!UFOキャッチャーまで!遊んでしまーう♪すごーい…!

と興奮しながら応接ルームへ。そこで我々を待っていてくださったのは、このお三方。

左からCTOの尾藤さん、代表の鎌田さん、そして我々を迎えてくださった高田さんです!にこやか!

UFOキャッチャーまである!コドモゴコロをくすぐるオフィス。

UFOキャッチャーまであるんですけど!そして面白いものがたくさんありましたけど!すごく楽しそうなオフィスですね。遊んじゃいませんか?

―鎌田

みんな遊んでますよ、UFOキャッチャーをしに遊びに来てくれるYouTuberもいますし。高田なんて、ずっとマインクラフトやってるし(笑)。

―尾藤

僕なんかも「”Meat” ing」と銘打って、美味しい肉食いに行ってSlackに垂れ流したりね(笑)。いやいや冗談、みんな仕事してますから!

―鎌田

そうだよね(笑)。でも「仕事しなきゃ」という意識ではないよね。遊ぶように仕事をしている、というか。

ああ、なんだかわかるような気がします。ワクワクするコンテンツを作り出すためには、皆さん自身がワクワクしてなきゃ、ですもんね。

社内にはマンガがあったり。

雑誌があったり。これも重要な「参考図書」ですよね!

―鎌田

もちろんです(笑)。そもそも僕ら自身が堅苦しい、しかめっつらで、着たくもないスーツ着て、ストレス溜めていたら楽しいコンテンツなんて作れない。尾藤さんなんか、夏、雪駄とかビーサン&短パンで、めちゃリラックススタイルでコード書いてますもんね(笑)。

うんうん、と楽しそうにうなずく尾藤さん。「セカイにコドモゴコロを」という言葉を企業理念に掲げるUUUM社。その言葉通り、カルチャーもオフィスもコドモゴコロに満ちています。

―高田

特に水曜日。うちの定時は10時から19時なんですけど、水曜日だけは、朝8時から業務開始したら17時に帰宅してOKっていうルールを作ってみたんです。これがけっこう好評で、皆すごい早く帰っていろいろ楽しんでいますよ。

へー!素敵な制度。しかし「遅くまで働くのが当たり前」「上司がまだ働いているから帰れない」的な空気、UUUMには全然なさそうですね(笑)。

―尾藤

そんなのは、全然ないですね。むしろそんな空気だしてたら、上司が怒られますし(笑)。UUUMにはそういう面倒な暗黙知は無いと思います。

―鎌田

「遊びに本気」と言えばさ、この前の忘年会でのChoo Choo TRAINは、マジで本気だしてたよね、皆。クリエイターと一緒になって必死で練習していたら、会議室のガラスが熱気で曇って…(笑)。

うわーまさかこのスタイリッシュでオトナな六本木ヒルズ内で、そんなコドモな楽しいことが行われているなんて(笑)!YouTuberさんと一緒の忘年会、楽しそう。

―鎌田

そうそう、忘年会では社員40名だけでなく、クリエイター50人くらいが集まってくれて。盛り上がりました。

「◯◯ちゃん」同士で呼び合うことも。YouTuberとは「仲間」。

そういえば気になっていたんですけど、皆さんとYouTuberの方々との関係ってどんな感じなんですか?なんて呼び合っているのかなあ、とか気になります。

―鎌田

いろいろですよ。「ちゃん」づけしてお互いを呼び合っているメンバーもいるし…そうそう、「ノヒト」っていうニックネームをつけられているメンバーもいるよね(笑)。

え、「ノヒト」って??

―鎌田

どうやら「マネージャーの人」という言葉の下部分だけを切り取って「ノヒト」になったみたい(笑)。そうやってクリエイターから面白いあだ名をつけてもらって、彼らのTwitter投稿にちょくちょく登場するメンバーもいたりしますよ。

面白い!楽しそう。ちなみにUUUMではYouTubeクリエイターらのマネジメントを担当するひとのことを「マネージャー」ではなく「バディ」と呼んでいます。芸能界ではなく、YouTubeという未知なる新しいセカイの中で、ともに四苦八苦しながらコンテンツを世に送り出してきた「仲間」としての想いが、そこには注がれています。エピソードも、まさに”バディどうし”って感じ!

―鎌田

そうですね…今でこそ僕らは1700以上のクリエイターをサポートしていますが、創業当初は6名ほどでした。UUUMはまさに、YouTuberのみんなと一緒に、作り上げてきた会社なんです。

聞けば、「YouTuberの気持ちを理解したい」という想いが募り、自らもYouTuberとして活動をはじめ、今じゃなかなか有名人になっているメンバーもいるんだとか。

彼もそのひとり。オーストリアからきたレネさんは「朝の外人」という名前で楽しい動画を配信中。チャンネル登録者数も7000人を超え、じわじわ人気が高まっている注目株です!

―尾藤

ほんと、うちには「やっちゃいけないこと」が基本的にありませんね。社員がYouTuberとして収入を得ていても、それが当社の仕事のクオリティ向上につながることが明白だから、皆応援する。シンプルです。

そんな自由なUUUMには、バディたちと絡んだり、遊んだり、相談したりするために、YouTuberさんがふらりと遊びに来るそうです。

ちなみに…この日も有名YouTuberさんがオフィスにいらしてました!

バディたちとあれこれ打ち合わせをしたり、オフィスで仮眠をとったり。

さて、誰でしょう…?ここは、ご想像にお任せで!

CTOを驚かせた、UUUMに潜むエネルギー。

―尾藤

僕はあるベンチャーキャピタルからUUUMを紹介されたんですが、すごく驚きました。YouTuberの方々や、それをサポートするUUUMのメンバーの勢いがもう、スゴくて(笑)。

これまで複数の企業の技術顧問を務めてきたベテランエンジニアの尾藤さん。当初UUUMには開発部隊も誰もおらず、土台がまったくない状況だったそうですが、「新しいカルチャーを作ろう」「世の中を驚かせてみせるぞ」という彼らの勢いを目の当たりにし、とても驚いたそうです。

―尾藤

シンプルに「すごいな」って思ったんですよね。会社然としていないから新鮮だったし、全然知らない世界でしたが、その勢いに大きな可能性を感じましたね。

さらに「新しくものづくりをするのが好き。既存のものを改良する仕事は好きじゃない」と語る尾藤さんにとって、この新しい世界への挑戦は、まさに理想的な環境だったそうです。

―尾藤

エンジニアカルチャーを新しく築けるし、好き勝手やらせてもらっていますよ(笑)。前例がないシステムを作るわけなので簡単ではないけど、だからこそエンジニア冥利に尽きます。

尾藤さんは今、エンジニアチームをリードしながら、クリエイター向けのサポートツールなどの開発を通じて、環境整備を勢いよく進めておられるのだとか。

―尾藤

まだまだエンジニアもデザイナーも足りませんね。やりたいこと、作りたいものはまだまだ沢山あって追いついていない。ね、高田さん。

―高田

そう、今、僕が中心となってアプリ開発などの新規事業を進めているんです。昨日も、アプリをひとつリリースしたんですけど…仲間が足りません!

(笑)ものすごく切実な想いが伝わってきます。じゃあ、ぜひ、求める人物像について聞かせてください!

どうぞ料理しちゃって!揃いに揃ったオイシい食材。

―高田

突き詰めていえば、YouTubeに興味がなくても良いんです。そこから見える”可能性”を感じられる人であれば。

なるほど…!

―鎌田

そう、UUUMが持っている”アセット”に対して、面白みやスゴい可能性を感じられる人だよね。うわあ、こんなに料理心をくすぐる食材がそろっている会社、ほかには無えよ!って思ってくれる人がいたら最高。

確かにUUUMからは今、月15000本の動画が生まれ、月の再生回数を総合すると10億以上。1800以上のチャンネルを有し、各YouTuberのファンも膨大に存在しています。その熱量たるや、すさまじいもの。これこそUUUM社が誇る、他社にはないアセットですね。

―鎌田

マーケティングの観点だけで考えてもこれほど優位性あるポジションを持つ企業は少ないと思います。この僕らが持っているアセットを、次のビジネスにどう活かしていくか。それをワクワクしながら考えてくれる人が仲間に来てくれたら嬉しいですね。

具体的なビジネスプランがなくてもいい、なにか底知れぬ可能性を感じてくれてさえいたら、もう仲間の条件を満たしている、と鎌田さん。

―高田

うちには部署や職種問わず、ものづくりが好きな人が多いんです。このデータをこう利用したら、面白いものができるんじゃないか。動画を盛り上げるには、こういうアプリがあればいいんじゃないか?そういうアイデアが日々生まれているんですね。

もっと仲間が増えたら、もっと形にできるのにー!と笑いながら話す高田さんも、すごく楽しそう!仕事や人生を楽しみ尽くすパワーを、このお三方からビンビン感じます。きっと社員の皆さんも、同じなのだろうなあ。

プロダクションから脱皮。UUUMは今、ver1.0から2.0へ。

ちなみに最近UUUMさんは、次々にゲームやアプリなどのリリースをなさっていることでも話題になっていますよね。もはや「プロダクション」という感じじゃなくなってきている気がします。

たとえばこのアプリ「おしゃべりマルチ」。 日本中のマインクラフトPEユーザーとマルチプレイができるアプリで、これを利用しながらゲーム実況する動画も次々とアップされているとか。

―高田

そうですね、あともうすぐ「CAMACHO!」というアプリが出ます。自分が一発録りで撮影した動画を周囲に評価してもらえるアプリで、「かまってちょうだい」の略です(笑)。

なるほどー。YouTubeやVineなど沢山の動画サービスがありますが、動画を撮って友達以外の人に見せるのはとてもハードルが高い。もっと気軽に自分の動画を周囲に見てもらい、反応を知りたい、そういう気持ちを満たすサービスなのだそうです。面白い!

―鎌田

UUUMは、クリエイターとともにユニークな動画を作り出すだけではなく、その動画を見た人の”行動喚起”になるようなサービスを提供していきたいんです。今は誰もが”メディア”になり得る時代。その可能性を、もっと刺激して発掘していけるようなサービスを作っていきたいんですよね。

なるほど、確かに現在提供されているアプリ「おしゃべりマルチ」も、もうすぐリリースされる「CAMACHO!」も…個々がコンテンツを作り出し、メディア化していくためのサポートサービスと捉えることができます。

―鎌田

こうした新サービスの展開で、UUUMは今、ver1.0から2.0へと移行している時。プロダクションという枠を大きく越えつつあります。海外も当然視野に入れていますし、今ってめちゃくちゃ面白いと思いますよ〜(笑)。

(笑)確かに!ほんと面白そう。

大人になっても色褪せない「キン肉マンへの憧れ」。

―鎌田

なんか…セーラームーンとかキン肉マンとか、ドラゴンボールとか…子どもの頃にドハマりしたものって、大人になっても全然色褪せないですよね。大人になっても、ついついコドモ時代を思い出してはしゃいじゃう、というか。そういう感覚を、UUUMは大切にしたいと思っているんです。

すごくよくわかります。あの頃のきらめき…

―鎌田

コドモたちには、オトナになっても色褪せない、夢中になれる体験を提供したいと思っていますし、オトナたちには、コドモみたいにはしゃげる時間を提供していきたい。そういう、コドモゴコロに刺さるコンテンツを世界に届けていきたいんですよね。

この世の中は今以上に便利になり、どんどん余暇時間が増えていくだろう、と鎌田さんは語ります。そんな時、人々の行動喚起の入り口を提供するのがUUUM。そんな存在になりたいとのこと。

―鎌田

クリエイターに憧れるコドモたちがもっともっと増えたり、もちろん歳を召している方が面白いコンテンツづくりに夢中になっていったり…誰でも何にでもなれるんだっていうコドモゴコロのパワーを刺激していきたいんです。すごくワクワクしますよね。

そうすれば、各クリエイターたちが発信する情報の影響力が今以上に大きくなって、より事業規模も大きくなっていく…面白そうな未来です。

―鎌田

でも、おふたり(取材班)は、今からYouTubeやろうなんて思わないでしょ?でもね、そういうオトナの気持ちもガラっと変えていきたいんです。

ド、ドキッ…!!!!!!思いっきり心射抜かれましたー!固まりきった好奇心がバレていましたー!

知らず知らずのうちに、コドモゴコロを忘れてしまっている我々のようなオトナたち。そういう人たちは、世の中に山ほどいます。世界中にいるそんなオトナたちが、好奇心を刺激されて、それをエンジンに大胆な行動をはじめたら…なんだかすごくおもしろそうな世界へと変わっていきそうです。

UUUMさんが描いている未来は、取材陣が想像していた以上にユニークで、大胆で、壮大でした。
取材陣も、なんだかうずうずしてきました!

みなさん!今日は忙しいところ、ありがとうございました!
よーし、私たちも、なんかやってやるぞー!

会社名 UUUM(ウーム)株式会社
代表者 鎌田 和樹(代表取締役CEO)
設立 2013年6月
所在地
106-6134
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 34階
事業内容 マネジメント事業
広告・プロモーション企画・制作
運営サービス UUUM
CREAS(UUUM CREATOR PORTAL)
おしゃべりマルチ
CAMACHO!
TrapTrip
はじめ兄さん
Yの冒険
求人情報を探す
Web業界の転職・求人情報が満載 Find Job!