findjob

履歴書の書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Web履歴書の書き方と注意事項

キャリアのたな卸しを十分に行ったら、いよいよ履歴書を書き始めましょう。「読みやすく」「丁寧に」「より詳しく」の原則で、採用担当者が目の前にいるつもりでアピールすることがポイントです。

Web履歴書 項目別の書き方

Web履歴書の記入事項は、紙の履歴書・職務経歴書と基本的には同じです。あなた自身のキャリアや自己PRを、過不足なく盛り込んでいくことを心がけてください。たな卸しをしたシートの中からそれぞれの項目に該当する部分にマーカー等で印をつけ、全体の構成を考えた後、実際に画面に入力し細かい文言をブラッシュアップしていくといいでしょう。

プロフィール

正確に記入することを心がけましょう。住所も省略せず、氏名のフリガナ欄も忘れずに。氏名をニックネーム等で登録してしまうと企業にもそのまま伝わってしまいますので、必ず本名を記入してください。

スキル・保有資格

まずは担当した業務や業界、アプリケーションの経験年数にチェックを入れていきましょう。次に[スキル補足欄]を利用して、転職先で活かされそうな資格や経験を積極的にアピールしましょう。また個人の作品や現在チャレンジ中の資格など、直接業務に関係ないと思えるようなものでも記入して損することはありません。

職務経歴(職種)

単に職種を記載するのみではNGです。職務内容・役割・期間・成果や評価など、なるべく具体的に入力することを心がけましょう。業務において改善、創意工夫した点まで踏み込むとよりアピール度が上がります。とはいえ、あまりにも誇張した表現は避けましょう。

自己PR・志望動機

採用担当者が注目する項目の1つです。自分自身をしっかりと分析してセールスポイントをまとめましょう。担当者に「興味がある、会ってみたい」と思わせるようなアピールができるかどうかがポイントです。

次に、企業ごとのカスタマイズに挑戦しよう

必要な項目を埋めただけではWeb履歴書は完成とはいえません。次に、応募する企業に応じたアピールを盛り込んでみましょう。特に複数の企業に応募する場合、同じ履歴書を使いまわすよりも、1回ごとにカスタマイズしたほうが書類選考の突破率は飛躍的に高まります。逆にこれを怠ると、いわゆる“優等生的な”Web履歴書となってしまい、人事担当者の印象に残らない恐れがあります。

企業が求めている人材像を把握しよう

まずは求人広告をよく読み込んで、志望企業が求めている人材について自分なりに推察してみましょう。そして自分のアピールポイントとの共通項を見つけ、経験重視の企業であれば職歴をより詳しく書いたり、モチベーション重視であれば意欲が伝わるエピソードを記入したりと、一番訴えたい部分のウエイトを調整してみましょう。

自分が企業に貢献できるポイントを記入しよう

さらに一歩進めて、「企業に提案できること」を記入してみましょう。自分では当たり前と思っているスキルでも、応募先の企業にとっては全く新しい、魅力的なものに映る可能性も大いにあります。自分が経験してきた業務と企業の事業内容を照らし合わせ、“オンリーワン”の存在になれる分野がないか探してみましょう。企業が求めているものに加え、プラスアルファを提案できれば、印象度はかなり高まります。

企業に対する想いを記述するのも効果的

企業研究をしていく過程で、その企業ならではの魅力を感じるようになってくるはずです。「扱っているサービスが好き」「社長の思いに共感した」「社風に魅力を感じた」などの記述は読んでいる担当者も悪い気はしないものですので、正直に述べてもいいでしょう。ただし、過度な表現は禁物です。

ちょっと差をつける履歴書の書き方

  • 必要事項をおさえつつ、簡潔にまとめよう

    採用担当者は毎日多くのWeb履歴書に目を通しますので、長すぎるWeb履歴書は逆効果となる場合があります。重複している箇所は省き、本当に重要な部分が際立つようにしましょう。

  • 読みやすい文章を心がけよう

    多くの場合、Web履歴書はパソコンの画面で閲覧されます。テキストがぎっしり詰まっているパソコンの画面は意外と見づらいものですので、適宜改行を入れて1行の文字を長くしすぎないよう心がけて下さい。また、話のまとまりとなる段落の後に1行の空きを作るとスマートです。3~4行書いて1行空けるくらいのペースで段落を作っていけると、非常に見やすくなりますので試してみてください。

  • 節度を持った文面を心がけよう

    友人へのメール感覚で馴れ馴れしい表現をしたり、「!」マークなどを多用するのは、仕事に対する意識や真剣さを疑われかねませんので避けましょう。社会人としてふさわしい敬語の使用や、丁寧な表現を心がけてください。

  • 送信する前に見直しを!

    作成したWeb履歴書は送信の前に必ず見直しをして、誤字/脱字や、誤解を招く表現はないかを確かめましょう。 可能であれば、信頼できる友人や家族に事前に読んでもらい、感想をもらってみましょう。

今回のポイント

たな卸しによって得た素材をそのまま羅列するだけではNG。企業ごとのカスタマイズや、より読みやすい形式を研究しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事