Find Job!

「あなたの長所は?」との問いに、どう答えれば高い評価が得られるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

面接や自己PRなどにおいて自分の長所を聞かれると、どうしても他人よりも優れている箇所を話してしまいがちです。しかし、面接官は業務に役立つ長所を聞いていますので、希望する業種によってニュアンスや書き方にも変化をつけていくことが大切です。そうすることで、面接官の記憶に残りやすい自分の長所を話せるようになっていきます。

面接での長所の伝え方

自分の長所がすぐに出てくるほどポジティブな人は、なかなかいません。「私の長所って何だろう?」「ありきたりすぎるかな?」と悩むこともあるでしょう。面接官や履歴書上で長所を話すときには、自意識過剰になりすぎていないか、本当は自信がないのに無理やり長所を創り出していないか、という点に注意しなければなりません。あまり肩に力を入れずに、普段の仕事の中から長所を探すことが望ましいでしょう。

3つのポイント

  • 仕事の経験を交えて話してみよう
  • 長所や短所に置きかえられる方が、聞き返しが少なくて済む
  • 自己分析をして応募企業に合っているかどうかの見極めも大切

面接で記憶に残る長所の伝え方

職種や企業の雰囲気にふさわしい内容を伝える

長所は、応募企業にマッチする人材として適性があるかどうかの指標です。それぞれの企業にある職種や社風が合わなければ、入社してから応募者の力を出し切れないことや、人間関係のもつれの原因になるからです。そういった事態になれば、せっかく採用したのに応募者は早期退職を選択することになり、企業側では仕事を教える手間も増えてしまうことにもなりかねません。長く一緒に仕事をすることを前提にしている企業ほど、面接でも長所をじっくり確認しています。

自分を客観視できていることを伝える

自分の長所や短所を自己分析できている人は、仕事の上でも自分の力を出す場所を広げやすいです。また、長所の裏である短所も同時に自覚できるため、苦手な仕事などでは他の人にサポートをお願いしやすくなり、おのずと働きやすい環境が整ってきます。

アピールするのは1つに絞る

リーダーシップや協調性、行動力や責任感など、たくさんの長所を詰め込んで話をしてしまうと、その人のイメージがつかみにくいだけじゃなく、自慢と捉えられかねません。自分の長所がいくつもある人でも、応募企業に合った最適な1つを厳選してアピールするようにします。

長所は最初に伝える

人は、Aの質問をしたらAの答えで返してもらわないと違和感がのこり、ストレスを感じます「長所は?」と聞かれたら、長所をまず先に答えなければいけません。なぜそう思うのか、企業でどう役立つのかなどは、長所を答えた後に話すようにしましょう。また、長々と話すのも良くありません。2分程度で話し終える位がベターです。

面接での長所の答え方例文

長所を答える際の3つのポイント

長所を答える際のポイントは3つあります。

  • 1つの長所を絞り込む
  • 以前の職場内で受けた評価を盛り込む
  • 自信をもって話す

以前の職場内で受けた評価の文例は次のようなものがあります。

  • 前年対比○%のコスト削減に成功した
  • 作業時間が半分になったうえに、作業量は2倍こなせるようになった
  • 地道な営業活動が顧客紹介につながっていった

面接で長所を話す際には、面接官の方を向き視線を落とさないようにしましょう。また、挙動不審にならないように姿勢を安定させて、長所に説得力を持たせるよう具体的な数値を盛り込んでいきます。内容が良くても、伝え方やテンポが悪いと効果が半減してしまいます。

声が小さい、早口すぎるのも自信がない証拠として扱われてしまうことがあります。日ごろから人前で話す機会が少ない人は、家族に面接の練習をしてもらったり、動画で自分が話す姿を録画して面接官目線で声の大きさや視線、姿勢などもチェックしてみたりするといいでしょう。

面接で答える長所の例文

リーダーシップ

若手の発言の場を増やし、チーム全体がひとつのことに集中して、楽しさを感じられる雰囲気を目指しました。自然にフォローしあい、目標を達成することができました。

コミュニケーション力

とにかく挨拶と笑顔は欠かさないようにしました。顧客が投げかけてくる質問を想定して伝える訓練をしていたので、取引先でもスムーズに商談が進みました。結果的に次の新規顧客への紹介につながっていきました。

協調性

他部署のメンバーとの交流会にも積極的に参加し、困ったことがあれば連携しあえる関係性を作ることができました。

行動

改善案をスピーディに実行していくことで、想定より早く成果を出すことができました。

積極性

上司からの指示を受け身になって待つのではなく、自ら積極的にできるものを探して行動しました。得意分野であるため、上司へ担当したい旨を話しました。

責任感

常に自分が手放す仕事の後にも仕事をする人がいることを考えました。社内全体の効率がよくなる工夫を他部署とも話し合いながら考え、行動にうつしました。

ポジティブ

変化がある仕事の内容や所属部署の移動など、どんな変化があっても、いい波がきていると信じて向き合う姿勢を忘れません。その結果、柔軟に対応できるスキルまで身に付きました。

面接官と受け答えする際のポイント

面接を受けているときの自分の姿を見れば、面接官目線でセルフチェックができます。

  • 声の大きさは適切か
  • 視線は泳いでいないか
  • 姿勢はどうか

など、自分がどう見えていているのかを確認しましょう。今はスマホでも自撮り動画が可能です。自分が長所を話している内容にも、もう一度目を通してチェックしてみましょう。 また、セルフチェックが苦手な場合は、友達に練習を見てもらいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事