Find Job!

返信期限を過ぎてしまったスカウトメールへの連絡方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職活動で気になる企業からせっかくスカウトメールが届いたものの、多忙などを理由に返信ができず、期限が過ぎてしまったことがあるのではないでしょうか。返信期限を過ぎてしまったスカウトメールにはどのように連絡をとればいいのでしょう。

スカウトメールの返信期限は基本的に2~3週間

スカウトメールとは

スカウトメールは、転職サイトに登録した求職者の職務経歴、保有しているスキルと、企業が求める人材の採用条件とマッチした場合に送られてくるメールです。転職サイトから届くスカウトメールには希望条件がマッチすると自動的に送信されるものと、転職サイトを利用して採用活動をする企業の採用担当者から直接届くものがあります。ここで述べるスカウトメールは、企業の採用担当者から直接届くものを前提として話を進めます。

原則2週間以内の返信が原則

転職サイトを活用している場合、企業側から関心のある求職者にむけてスカウトメールを出すことがあります。スカウトメールは求職者に会社説明や見学を気軽に促すためのメールでありますが、返信期限が決まっています。転職サイトによっても期限は違いますが、平均して2週間以内と設定してあるところが多いといえます。

多くの場合、スカウトメールに有効期限が記載されているので、基本的にその期限内の返信を心がけましょう。企業も求職者からの返信が早い場合、本気度が高いと判断して、応募が来た順に面接をセッティングします。

転職サイトによっては期限を過ぎると返信できなくなる

スカウトメールは、サイトにもよりますが、返信期限を過ぎると返信できなくなるものもあります。そのため、気になる企業があれば早めに返信することをおすすめします。すぐに返信できないのであれば、熟考したいとあらかじめ正直に伝えておき、返信を延長してもらうようにするのも一つの手です。

期限を過ぎたスカウトメールへの連絡方法

スカウトメールが返信できない場合

返信期限を過ぎて転職サイトのスカウトメールから返信ができない場合、オファーが来た企業の部署名・採用担当者への返信をしましょう。スカウトメール内に採用担当者の所属部署や氏名などの署名があれば、直接問い合わせてみるのも一つの手法です。ただし、スカウトメールに返信しなかったことのお詫びとマナーある問い合わせをするように気をつけたいところです。また、時間が経っている場合、すでに採用活動を終了している場合もあります。

連絡のポイント

ポイント1:お詫びを添える

期限を過ぎたスカウトメールに連絡を入れる場合、これまで返信をしなかったことのお詫びを必ずメールに添えておきましょう。また、何度もスカウトメールが届いていた場合は、何回も連絡をもらっていたことのお礼も伝えるようにしましょう。

ポイント2:返信が遅れた理由を述べる

お詫びの次に、返信が遅れた理由を述べます。具体的には、どのような点で応募するかどうか迷っていたのかを明記するとわかりやすいでしょう。勤務地や職務内容、あるいは事業領域など、不安を感じた部分を正直に書くと良いでしょう。そして企業の仕事内容について詳しく話しを聞きたいという旨の文言を入れます。

なお、返信が遅れた理由に「興味がなかったから」と記載するのは企業への失礼にあたるので、正直に書かないようにしましょう。

返信期限を過ぎたスカウトメールへの返信例

以上のポイントをふまえ、返信期限が過ぎてしまったスカウトメールへの返信例を考えてみましょう。

○○株式会社
採用担当○○様


ご連絡を度々いただきありがとうございました。
貴社からの連絡に興味を持ちながら返信が遅れてしまい申し訳ございません。
勤務地が現住所から離れているため不安を感じており、迷っていたため返信が遅れました。


もしよろしければ仕事内容について詳しくお伺いしたいと考えております。
お忙しいところ恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。


氏名○○
(名前、住所、電話番号、メールアドレスは記載するようにしましょう)

上の返信文はあくまでも一例であり、返信文はこのかぎりではありません。それぞれの状況にあった返信文を考えてましょう。

まとめ

返信期限が過ぎたスカウトメールへの連絡方法について解説しました。期限が過ぎたからといって、いまさら連絡を入れるのも躊躇すると不安になる人も多いかと思います。しかし、気になる企業であれば、より良い職場環境に出会える可能性もあるので、まずは詳しい話を聞いてみましょう。その際大切であるのは、返信が遅れたことに対するお詫びとマナーがきちんとしていることです。積極的にスカウトメールを活用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事