Find Job!

ネガティブな退職理由の上手な表現方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q. 前職の退職理由がネガティブなのですが、上手な表現方法を教えてください。

前職の退職理由はリストラです。業績不振による解雇で、いわば会社の都合によるものなのですが、面接時に退職理由を尋ねられた場合、そのまま正直に伝えてもいいものでしょうか。

A. 面接官が重視しているのは、仕事意識が前向きどうか。ポジティブな表現で説明しましょう。

業績不振によるリストラや企業倒産は、いまや珍しくありません。面接官も「ある程度はやむを得ない理由」としてとらえますが、問題は退職理由の説明の仕方です。リストラされたのは能力が低いから……と思われないよう、ポジティブな説明を心がけたいものです。たとえば、業績不振の際にどのような打開策をとったかなど、仕事や業績に対する前向きであったことを示し、「頼りになる人材だ」と思わせることがポイントです。

ネガティブな退職理由は他にも「人間関係の悩み」「待遇の悪さ」「仕事や会社に魅力を感じない」などがあります。「人間関係の悩み」が退職理由である場合、そのまま正直に伝えてしまうと「当社でも同様な問題が起きるのでは?」と不信感を抱かれてしまいます。他人に責任転嫁するのではなく、今後は自らコミュニケーション力を身につけて働くという姿勢を示しましょう。

「待遇が悪い」が理由の人も注意が必要です。なぜなら「収入が低い=能力が低い」と判断されてしまうからです。この場合は「実績を上げたが、収入面で希望に届かなかった」など、仕事に積極的に取り組んでいた姿勢をアピールしましょう。

「仕事に魅力を感じない」も、「仕事に対して受け身なだけ」「なぜ自分の力で魅力的な仕事にできなかったのか」というマイナスイメージを与えます。「自分ではどうにもならない事情でかなわなかったが、最大限の努力をしてこの部分の成果を残した」など、ポジティブな行動を起こしたことを説明すると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事