Find Job!

ネガティブな退職理由の上手な表現方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会社を辞める原因はさまざま。業績不振による解雇や人間関係の悩み、待遇の悪さなどが原因で前職を退く人もいます。あまりネガティブな退職理由だと、転職の際、面接官の質問に動揺を隠しきれずに採用を見送られる場合があります。

ポーカーフェイスで乗り切れればいいのですが、面接官は鋭い勘の持ち主も多いため、しっかりとした受け答えが大切です。上手に退職理由を表現する方法を知っておく必要があります。

面接官が重視するポイントとは?

転職をポジティブに考えているかどうか

転職は会社都合で不意にやってきたり、自分で意思決定をして進んだりと理由もさまざまです。

面接官も、数多くの応募者ごとに退職理由が異なるのを見ていますから、ある程度は「転職者あるある」として理解を示してくれるでしょう。

しかし大切なのは面接時の伝え方です。退職に至った経緯を変えることはできませんから、せめて思考はポジティブを心がけましょう。

たとえば、残業問題を解消できるよう仕事の効率化をどのように図ったかなど、諦めない前向きさをアピールします。仕事に対して真剣に取り組む人材だと感じてもらえることがポイントです。

社内でコミュニケーションや相談ができるか

面接で話していいか悩んでしまう退職理由には、人間関係・収入面・福利厚生・仕事内容などがあります。どれもネガティブから脱出したくて転職を決意する人が多いわけですが、不満だった点だけを話し、前職の文句や愚痴になってしまうこともあるでしょう。コミュニケーションをとり、退職を選ばなくてもいいような相談を重ねてきたでしょうか。 

特に面接官は、人間関係には力を入れていて「同じ問題をうちでも起こすのでは?」と不安になることも多いです。今後、コミュニケーションを図りながら責任感をもって取り組めるかどうかは重要なチェックポイントになりますので、自分の次のステップへ向けての姿勢も示しましょう。

問題が起こった後どうしたのか

ネガティブな退職理由の中でも「待遇の悪さ」を理由にする人は、伝え方に十分気をつけなければなりません。なぜなら、収入と能力は比例すると考える面接官も多いからです。こういったケースでは、「長年実績を積んだけれど希望額に収入が届かなかった」など、努力を継続し積極的に取り組む姿勢をアピールします。

「仕事内容」に関することも、面接官にはネガティブに届くことがあります。「受け身な姿勢になっていないか」「自分で楽しみながらできる仕事に育てられなかったのか」というマイナスイメージを与えてしまうのです。全力で取り組んだことや、成果は残していることなどはポジティブに説明するといいでしょう。

ネガティブをポジティブに変えるには?

ネガティブの原因を探り改善する

 

面接では退職の理由を高い確率で質問されます。それは仕事にどのくらいポジティブに取り組む姿勢があるのかを高く評価するからです。もし自分に自信を失くしているなら、ネガティブな気持ちになる原因を探り、その根源を見直さなければなりません。

例えば、本当に自分の力量にあった仕事なのかどうかや、そもそも仕事に興味を持っているのかという点です。「収入になれば何でもいい」という姿勢では応募者の魅力も熱量も伝わりにくくなります。自分の仕事に対する価値観と、企業の理念がマッチするかどうかを知って、転職に向けて準備する必要があるでしょう。

過去の話を未来の話にする

 

退職理由と転職理由は、大半が対局していることが多いです。面接ではついついネガティブになりがちな退職理由を、今後に向けてどうポジティブにするかが大切です。面接の際には「ネガティブ~、でも、ポジティブ」といった流れで、未来にむけた話をするように心掛けましょう。

面接は自分をセールスする場所なことを忘れない

面接官は、プラス思考でポジティブな発言が聞きたいと考えています。ネガティブな退職理由があっても、ポジティブな内容でカバーし自分を売り込まなくてはなりません。面接で嘘はいけませんが、自分のセールスポイントを知ってアピールしましょう。

そのためには、まず自分がもつネガティブなものを棚卸する必要があります。ネガティブに感じていたものの中には、自分が求めているものが明確に反映されているからです。例えば人間関係にうんざりしているなら、本当は社内でも快適な関係を築きたいはず。

なぜ快適に働きたいのか、快適に働くにはどうすればいいのか、しっかり自分と向き合ってポジティブ脳を鍛えていくのがポイントです。

ネガティブ退職理由をもつ面接での注意点

面接でアピールする際には、面接官も「退職するほどの原因があったのだろうな」という予測はしています。できるだけ前向きなアピールは必要ですが、単なるカラ元気のようになってしまってはいけません。

無理にポジティブな内容を組み込んでも、こじつけられたようなイメージがつきやすく、応募者らしさが見えない枠にハマった回答しかできなくなってしまいます。あくまでもポジティブな気持ちで臨むことが大切です。

まとめ

ネガティブな退職理由で面接に挑んでしまうと、せっかく適正があっても評価が大きく減点されてしまうこともあります。そうならない為にも、まずは自分のネガティブな部分や、仕事に生かせる部分を棚卸することが必要です。

必要以上にポジティブを演出する必要はありませんが、前に進む姿勢をもって上手な表現を使用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事