Find Job!

営業・企画の面接対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

営業・企画関連の職種は、人と接する機会が多いことから、他の職種に比べて特に面接での評価が重視されます。面接は、営業の現場やプレゼンテーションの場と考えて、「自分を売り込む」という気持ちで臨みましょう。面接官は、面接での受け答えを通じて、応募者が顧客とどのようにコミュニケーションを取るのかをイメージして採用・不採用の判断をします。

企業が求める営業・企画関連の職種に適した人材とは

面接においては、企業が営業・企画職に求めるものは何かを知ることが大切です。第一に営業・企画関連の職種は、人と接する機会が多いことから高いコミュニケーション能力とプレゼンテーション能力が求められます。もちろん第一印象が大切なので、身だしなみや話し方、最低限のビジネスマナーにも注意が必要です。また、企業が最も重要視するのは売上を上げるスキルがあるかと長期間就業する見込みがあるかどうかです。

面接官が実際に見ているポイント

面接官が、営業・企画職の面接の時に特に注意して見ているのは、コミュニケーション能力、ストレス耐性への強さ、明るさや元気の良さの3つのポイントです。

営業・企画関連の職種の面接で想定される質問と対策のポイント

想定される質問とポイント

営業・企画関連の職種の面接では、自己紹介、転職理由、志望動機、経歴・経験、自分の強みなど他の職種でも質問される一般的な質問から、営業やプレゼンテーションの現場に近い状況での質問をされることもあります。想定される質問と対策についてポイントをまとめました。

当社の製品(サービス)にどのような魅力を感じますか?

転職を希望する企業の製品(サービス)に自分自身が魅力を感じてなければ、顧客に売ることも、売るための販促企画も立案することができません。この質問により、製品(サービス)について、事前にどの程度リサーチして理解しているのかが判断されます。事前にしっかりと企業の情報について調べ、わからないことは面接の最後の質問で尋ねるとよいでしょう。

弊社の製品(サービス)をあなたならどう提案をしますか?

製品(サービス)について、しっかりとした知識を持っていないと提案をすることができません。事前のリサーチが重要なのはもちろんですが、自分ならどうやって売り込むのかイメージして面接に臨みましょう。企業は、あなたの営業スタイルやどのような考えを持っているのかなどを確認します。

前職での具体的な実績を教えてください

特に営業職での転職では、即戦力として売上を増やすことを期待されます。前職(現在の職場)での、営業実績を具体的な数字でアピールできるように準備しておきましょう。

仕事に取り組むうえで、心がけていることは何ですか?

仕事に対して意識を持って自分なりの工夫をしているのかを判断しています。前職での取り組みについて具体例を踏まえながら回答しましょう。また、困難な場面を乗り越えた事例があればエピソードも含め話すと良いでしょう。問題解決能力やストレス耐性について企業は判断、評価できます。

営業職が未経験の場合に想定される質問

営業職未経験で、営業職への転職を希望する場合の面接で、良く聞かれる質問があります。

営業というとどのようなイメージがありますか?

この質問の意図は、営業職に対してどのようなイメージを持っているのか、営業職の大変さと反対に魅力もわかっているかを確認しています。なぜ自分が営業職に転職したいのかを、しっかりと考えをまとめて伝えられるように準備しましょう。

営業・企画職の面接でのNG事例

前職批判

転職理由を質問された時に、つい話してしまいがちなのが前の会社や仕事への批判や不満です。ネガティブな転職理由は、面接官に適応性がないと判断される可能性があります。例えネガティブな理由であっても、前向きな考えを持っての転職であることを伝えます。

身だしなみやマナー

営業・企画関連の職種は人と接する機会が多いので、面接の時には身だしなみやマナーについても十分に気を付ける必要があります。

応募先の企業や業界について勉強不足

転職を希望する企業や取り巻く業界の情報を知っておくことは大切です。応募する企業や業界のことをよく知らなければ志望動機や転職理由、将来のビジョンなどを質問されても回答が不明確になってしまいます。

質問の意図に沿わない発言

自己PRすることに集中しすぎると、面接官の質問の意図に沿わない回答をしてしまうことがあります。質問の意図に合わせて丁寧に答える姿勢と話し方が大切です。

まとめ

営業・企画関連の職種は、人と接する機会が多いことから他の職種より面接が重視されます。身だしなみや話し方など最低限のビジネスマナーに注意するのはもちろんですが、自分が企業に対してどのように貢献できるのかを、具体的に話して自分を売り込みましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前へ

次へ

関連記事