Find Job!

派遣社員の面接対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

派遣社員の場合は、派遣先企業による面接ではなく派遣会社が行う登録会で派遣会社スタッフとの面談が行われます。面接ではありませんが、派遣会社が安心して派遣できるか判断をする場であるので、しっかり準備して対策しましょう。

派遣社員にも面接はあるの?

労働者派遣法では、派遣先の企業は、面接などによって派遣労働者が特定できる行為を行ってはならないとされています。派遣社員の場合は、派遣元の人材派遣会社との雇用契約を結ぶことになるため、派遣先企業による面接ではなく、派遣会社が実施する登録会で派遣会社のスタッフと「面談」が行われます。

派遣社員としての就業を希望する場合には、派遣会社ごとに行われている登録会に参加して、登録用のシートに職歴やスキル、資格などを記入して派遣会社のスタッフとの面談に進みます。希望する仕事の条件などを伝え、仕事か決まれば派遣会社と雇用契約を結びます。

派遣会社の登録会で気をつけることと対策法

派遣会社が求職者に求めていることは、勤勉性と協調性、一般常識、最低限のビジネスマナー、就業意欲、柔軟に対応できるか、責任感などです。登録会は、選考が行われる面接というより派遣会社があなたについての情報を集める場です。緊張せずに臨みましょう。

服装や髪型

 

派遣会社への登録の段階で、実際の派遣先に行くことはありませんが、派遣会社が「この人なら安心して派遣できる」と思ってもらえるようにビジネスシーンに相応しい服装や髪形で行きましょう。

リクルートスーツのような就職活動の服装は必要ありませんが、オフィスカジュアルまたはスーツが無難です。希望する派遣先の企業によっても違いますが、髪形や髪の毛の色などについても派手にならないように気をつけます。

言葉遣いやコミュニケーション能力

 

登録会の面談で派遣会社スタッフは、尊敬語や丁寧語など正しく言葉が使えているかをチェックしています。直接の雇用も同じですが、協調性やコミュニケーション能力など、派遣先の職場において良好な人間関係を築けるかも派遣先企業を紹介されるかの重要なポイントです。

一般常識と最低限のビジネスマナー

 

派遣したスタッフの評判が悪いと、派遣会社の評価も落ちるため、一般常識や最低限のビジネスマナーが備わっていない人には仕事を紹介したくないと派遣会社に思われてしまいます。適切な言葉遣いや仕事をするうえで支障が出ない程度の能力、社会人としての当たり前のことができるかなどが最低条件です。

就業意欲と責任感

就業意欲や働く目的のはっきりしている人は、積極的に仕事に取り組むため派遣先企業から評価されます。派遣社員といっても、与えられた仕事に対し責任感を持って取り組めるかが大切です。

スキルや資格をアピールする

希望する業種や職種が決まっている場合で、関連するスキルや資格を持っているなら登録会の面談でしっかりとアピールしましょう。特にデザイナーなどクリエイティブな職種を希望する場合には、実務経験が少なくとも基礎的な知識やスキルなど今できることを伝えると派遣先企業が決まりやすくなります。

派遣会社登録会の面談でのNGなこと

派遣会社の登録会で行われる面談は、選考が行われる面接とは違うとはいえ、派遣会社のスタッフに悪い印象を与えてしまっては、登録されても仕事を紹介される可能性が低くなります。特に下記は派遣会社のスタッフに対し悪い印象を与えてしまうため気をつけましょう。

登録会の面談でしてはいけないこと・NGなこと

遅刻する、予約していて行かない、必要な書類を忘れる、敬語が使えないなど最低限のビジネスマナーを守れない場合には、登録されても仕事を紹介してもらえない可能性もあります。登録会の面談だからと油断することなくしっかりと対応しましょう。

また、派遣会社のスタッフが、自分より若いこともあります。その際にも、上から目線の対応にならないように気をつけます。

派遣先企業との面談(顔合わせ)

派遣では、派遣先の企業の面接はありませんが、面談(顔合わせ)という形で、雇用される前に派遣先企業を訪問することがあります。面談(顔合わせ)は、面接と違って選考を目的としていないので、派遣先企業からの質問は業務能力に関する質問に限られています。

面談(顔合わせ)の結果、派遣されないことも

 

選考を目的としない面談(顔合わせ)ですが、派遣スタッフの業務遂行能力が派遣先企業の求める水準に達していないと派遣会社が判断した場合や派遣スタッフが派遣先の職場環境に適さないと派遣会社が判断した場合には派遣されない場合もあります。

どちらの場合も、派遣先企業ではなく派遣会社が判断します。派遣先企業は面談の結果、派遣スタッフが合わないと思っても不採用にすることはできません。

まとめ

派遣会社の登録会での面談は、派遣会社が派遣先の企業に安心して紹介できるかどうかが見られています。過度に緊張する必要はありませんが、一般的なビジネスマナーに沿った行動をして、この人なら安心して派遣できると思われるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事