Find Job!

試用期間について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q.試用期間で契約を打ち切られることはよくあるのですか? 給与の現実は……?

 ある求人広告に“試用期間1~3ヶ月”と書いてあったのですが、割安の給与で働いて、しかも本採用にいたらなかったのでは、経済的にかなり痛手なので応募をためらってしまいます。そもそも試用期間とは、法的にどのように定義されているのでしょうか。また、試用期間だけで契約を打ち切られてしまうこともよくあるのでしょうか。

A.きちんと仕事を覚えていれば、よほどの事情がない限り本採用への道が開けるでしょう。

試用期間とは、労働者を本採用するまでに技能や適性を判断したり研修を実施するために設けられた制度のことで、つまりは働きぶりやスキルを会社側がチェックしている期間であるといえます。法律的には、企業側に解約権が留保された労働契約であると解釈されています。

 試用期間の長さについては両者の合意に委ねられることになっていますが、社員の場合は1ヶ月から3ヶ月、アルバイトの場合は数週間(または数10時間~100時間)が一般的です。給与についてはまちまちで、本採用時と同額の場合もありますし、若干減額して支給される場合もあります。

 試用期間中の解雇や本採用の拒否は、客観的に合理的な理由があり、社会通念上相当として認められる場合にのみ許されるものとなっています。よって、「コミュニケーション能力がない」などといったの抽象的な理由では解雇は認められません。もし解雇を言い渡すのであれば、能力が足りないと判断した根拠を具体的に明示し、なおかつそれが社会通念上、適当だと判断される必要があります。「2日に1日の割合で欠勤している」というようなあからさまな例は別ですが、きちんと仕事を覚えて業務に前向きに取り組んでいれば、よほどの事情がない限り本採用への道が開けるものと考えてよいでしょう。

 また、「試用期間は1ヶ月のはずだったのに、何かと理由をつけて延長させられた」というような話を聞いたことがあるかもしれませんが、試用期間の延長を行うためには就業規則で定められている必要がありますし、なおかつ特別の事情のある場合に限られます。正当な理由がない場合は公序良俗違反として無効になりますので、最寄の労働基準監督署に相談してみましょう。

 Find Job! では、求人情報中に研修・試用期間の欄がありますし、試用期間内の雇用条件が本採用後と異なる場合は明記していますので、参考にしてみてください。また念のため、試用期間中の給与や仕事内容がどのようになるのか、面接でも忘れずに確認しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事